メインメニュー

丸いバラのステンドグラス(墓石用ステンドグラス)

丸いバラのステンドグラス(墓石用ステンドグラス)

墓石に設置されるステンドグラス、今回は同デザインでバラの花は色違いです。
形は円、正確な丸を作るのは四角に比べれば手間はかかります。

原寸型に合わせてガラスをカットして組んでも、正確な丸には出来上がりません。
たとえば一枚が0,5ミリ違えば、10枚で5ミリの誤差が出ることになります。

もっとも大きく誤差が出ないように、一枚一枚ガラスピースを都度調整していきますが、それでも1〜2ミリの誤差はでます。

でも組みあがってから丸い型に合わせてガラスエッジを削ればいいのですから、問題はありません。


墓石の多くは外部ですのでステンドグラスにとっては雨風、そして湿気が大敵になります。
短い期間の展示ではなく、それこそ永久的に美しさを持続させなければ墓石はいけませんので、墓石ステンドグラスの場合は破損防止を兼ねて、強化ガラスを使って防水加工をします。

強化ガラスは太陽光の熱にも強いので、熱割れもおこしません。

防水加工をしていても、強化ガラスを使っていないステンド屋さんもかなりあるようですが、我々は建築業界なので、強化ガラス会社には若い頃から共に苦労した仲間がいて、無理を聞いてくれます。ありがたいです。
(もっともこちらも出来る無理はがんばりますがね。持ちつ持たれつ、お互いに恩返しです)



ステンドグラスはどんなに小さくても大きくてもシンプルでも複雑でも、曲線の形であればすべて、原寸の型から制作。
直線は寸法でいけますので、その分価格も抑えることが出来ます。




このような複雑なデザインですと、型に番号ふってもまず制作途中からよくわからん、となってきます。

もっとも制作は性格的なことから、HRさんTU君中心で進めますがね。
それぞれ得意分野があって、それで自然なんです。「桜梅桃李」

「君がいて、僕がいる」・・・大好きなチャリー浜先生のお言葉。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2017年05月29日 17時05分58秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*