メインメニュー

文字、サインエッチング

文字、サインエッチング

昨夏 制作したサンプルが決まり、FC社のNGちゃんKNちゃんらが制作した吹きガラスのオブジェ作品に文字を彫刻し色を入れました。

60個ほどで各タイトルと色がそれぞれ違うので、担当のU氏は一覧表を書いて整理しながらの制作です。

彼女らの作る吹きガラスのセンスがかなり好きです。
日本では吹きガラス、ホットワークを建築レベルで挑む集団は少ないのと女性中心でがんばっているので当工房は応援しています。

NGちゃんは今や世界を舞台に活躍しているガラス作家ですが、知り合った30年ほど前から素直さは変わらずに お付き合いしてもらっています。
その点、オイラは30年前よりひねちゃってるかもしれない。
「初心 忘れるで かならず」・・・反省。

それにエッチングアートガラスで使う吹きガラスをオリジナルで作ってもらっているので、助かります。
呼吸の合う吹きガラス工房さんに出会うことは少ないのです。

多くの吹きガラス制作者は建築業界の仕事に興味があるようですが、取り付け方法など建築の独特のノウハウの壁に突き当たって、躊躇してしまうようです。

そこは建築ガラス業界で冷や汗かきながらきた我々ですので、相談してくれればまずクリアできます。
そして先日書きました海外のガラスオブジェの取り付け方法などがここで生きてきます。

今年好評であれば、毎年制作といっていましたが、評判良ければいいですね。



何度も書きましたが、エッチングガラスなどアートガラスを制作していくと、必ず文字の仕事の依頼はあります。

昨今はガラス素材を使うデザインが多いので、看板、サイン会社さんからの仕事も多くあります。

文字は誰が見てもきっちりと作らないとおかしいものになってしまう危険性が大。

でも突き詰めていくと面白い世界であります。
もっとも我々は建築アートガラスなのでベースのガラスも2m3mと大きいものがありますが、小さいから簡単とはいきません。

小さなもののほうが難しいこと、多々あります。

これな徳川美術館のガラスサイン。ワイド1,5mくらいです。
徳川、って言うだけでなぜか皆の制作テンションはあがります。



ひとつひとつ、仕事をしていけば、いつかこのような仕事の依頼も来ることを目指します。



天下のルーブル、見たのはもう25年前。素直にかっこいい、って思いました。
あの頃の日本ではガラスサインはまだまだ少なかったですが、現在は多くなりました。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2017年01月12日 19時27分18秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*