メインメニュー

エッチングミラー、銀粉加工(建築店舗用エッチングミラー)

エッチングミラー、銀粉加工(建築店舗用エッチングミラー)


ミラーの裏に彫る仕様です。
ミラーは表から彫る場合と裏から彫る場合があります。裏から彫るとミラー部分の銀引きがなくなるので色止めしなければ、裏地を拾って見えてしまいます。
多くは色と言うか、銀粉を吹きます。

彫刻したままだとこのように良くわかりません。繰り返すようにこのままのガラス工房さんもけっこうあります。



銀粉を吹いた状態。彫刻部分がはっきりしてきます。高さは2mほど。

銀粉も金粉と同様、様々な種類があります。
市販されているものは銀と言うよりグレーっぽく見えてしまうものが多いのですが、我々はきらきら感が強いメタリックタイプのものを使っています。
光り方が強いほうが彫刻したラインなどが反射効果ではっきりします。

同じ手間をかけるのでしたら、より良い効果があるもののほうがいいわけです。

建築業界のアートガラス関係はかなりシビアな条件なので、銀粉などは耐久性が求められます。
市販のラッカーなどでは浸透性が無いガラス材にはくいつきませんので剥がれます。エポキシ系の固まるのが時間がかかるタイプのガラス専用材。

でも臭いは強烈。気管支弱い方はやばいです。もちろん、我々もマスクして吹きます。業務用のしっかりとしたカートリッジ式のマスク。




GWも後半とニュースで言ってましたが、今の我々には前半も後半もありません。重なった仕事の納期に間に合うように制作しまくる日々。

落ち着いたら代休を取りたいっす。でも今のところ、6月第一週までは続きます。

☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆




Posted at 2016年05月04日 01時56分17秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*