メインメニュー

店内インテリアのいろいろ(建築インテリア)

店内インテリアのいろいろ(建築インテリア)


おととい アートミラーを貼る六本木の店内インテリアが楽しかったのでご紹介を。
休日に働くのはへヴィーですが、都内は車が空いているというメリットはあります。

今回はSB社のK、S、H君3名に打ち合わせ、お任せして、制作するために工房へとんぼ返りでした。

六本木では様々なイメージのお店がありますが、このお店は大人の高級店というコンセプトでした。壁面に鉛筆画で描かれた顔がいっぱい壁紙にしてあり、どれもめちゃくちゃに似てること。
写真ではありません。近くで見ると描いてます。

ものすごいデッサン力のある、イラストレーターさんでしょう。知っている顔、いっぱい。このイラストレータは外国の人と思います。日本人は外国人の顔、ここまで表現できませんもんね。逆に外国人は日本人の顔、苦手。

生まれて毎日見ているのものが、得意になるわけです。

でもブルースリー、うまいよね。








天井にはきれいな布で装飾されていて、優しい空間です。このようにガラス以外のものも見ておくと、いつか自分の仕事に影響があると思います。

六本木や銀座のお店、最近は以前よりも仕事が落ち着いていますが、アートガラス的には新しいことや斬新なことがチャレンジできる空間でもあります。その分 冷や汗もかいてきました。

他店との差別化を豪華に品良く表現する作業なので、設計家もこの分野の専門という人たちです。

ですのでこの分野の設計家は、まず個人住宅は設計しません。また逆も言えます。

あと六本木で2店、銀座で1店のお声がかかっており、頑張りますばい。と言いながら本日、おいらは幼稚園のかわいいエッチングガラスを6枚、作っていました。

大人の社交場の仕事とひよこたちのピュアな仕事、同時並行です。そういえば2月と3月初めには結婚式場とお寺のガラス墓石の仕事も同時進行でした。

「ゆりかごから墓場まで」昭和のデパートのコンセプトのようです。




話がまったく変わって、悲惨な事件とともに、社会的にしっかりしなくてはいけない人の事件ニュースがネットの関係でいやでも目に入ってきます。

まあ、最近の政治なんて、くだらない世間的な質疑をやってるわけですが、あんなものは国会以外でやっとくれ、と皆、思いますよね。もっと議論しなければならないことだらけなのに。

あっ、この六本木の現場、先日、路上でKISSして入院した議員の写真を撮られた、まったくその場所。エネルギッシュというかアブラギッシュというか。おバカなニュースも次々にあり、ありすぎていろんなニュースがどんどん風化していく昨今。

アートガラスとは関係ない記事ですが、書かずにはいられないくらいおバカなニュース、多すぎ。若いやつら、大人にげんなりしちゃいまっせ。

「そんなに勉強ばっかりしてると、バカになっちまうぞ」

昔に聞いた、大工の棟梁の言葉、深い意味が分かってきましたよ。


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆    ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に    ☆
☆  ガラス工房デュー http://www.glass-dew.co.jp  ☆



Posted at 2015年03月23日 20時02分58秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*

<<前の記事へ    次の記事へ>>