メインメニュー

氷彫刻家の造形

氷彫刻家の造形



今年は年賀状のご紹介が出来ていませんでした。

今 札幌で雪祭りが開催されているニュースを見て、若い頃 ガラスの前の仕事、氷彫刻でこの時期、北海道を飛び回っていた頃を思い出します。 いや〜若いって素晴らしい体力でした。氷彫刻は寒さが見方なんで寒いほどうれしかった・・・  

札幌の寒さはそれほどでもなかったですが、旭川などはキンキンに寒い日があります。あまりに気温下がると彫刻した氷でさえ、自然に割れてしまいます。

マイナス15度で徹夜で彫り続けて明け方に景色いっぱいのダイヤモンドダストは美しかった。・・・今は寒いのはきらい・・・

写真は先輩の氷彫刻家 HKさんのニンジンアートです。 75センチあるということです。

この方はもう30年来のお付き合いですが、昔と変わらずに若くてそして大酒飲み。

いまは帝国ホテルの制作アトリエで氷彫刻、料理演出をしています。

このニンジンも帝国ホテルの料理を素敵に演出したことでしょう。

共にアイスアートジャパンチームで行ったソルトレイクオリンピック、ついこの間と思ってましたが結構時間が経ってるんですね。

またお会いできる日を心から楽しみにしてます。


☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆       ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に        ☆
☆ ガラス工房デュー http//www.glass-dew.co.jp/

Posted at 2013年02月07日 19時12分28秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*