メインメニュー

インテリアアートミラー

インテリアアートミラー



引き続き、ミラーのお話です。

先週に納品しましたアートミラーです。 ベースが8ミリガラスで黄色っぽい金色、異型で30ミリ面取りです。 大きさは約760ミリ。 

その上におにぎり型のクリアミラーを貼ってます。 これはまわり24ミリ面取り。

このようにインテリアコーディネーターや設計デザイナーの方がイメージしたスケッチなどを原寸で制作する場合は原寸の型を作ります。

たまに紙の型を送ってくる方がいますが、紙はダメです。 折り曲げたりしたらすぐに2〜3ミリ、狂います。

型は3ミリのベニヤで制作が建築インテリアの世界では常識。 カッター、ノコギリ、紙やすりなどで100%に近い原型を作り、それにあわせて各ミラー、ガラス材をカットします。

いろいろな制作時に型はいろいろな専門業者に渡りますので、丈夫な素材で、尚且つ扱いやすいものが良いわけです。

この原型型を「マザー」と呼んでます。



このようなミラーをオブジェ的に使うこともあります。 これはモデルルームの壁に飾られて、装飾的な役割のミラーとなりました。

けっこう大切な事は壁への留め方。 背面に紐をかけて吊るすと斜めになっちゃってカッコが良くありません。 この斜めになることを「こんにちわ」になっちゃう、と言います。

絵画などは天井から吊るすピクチャーレールなんて方法もありますが、あれはかなりワイヤーが目立ってオイラは好きではありません。 展示会などで短期間に取り外す場合は良いですが。

ですのでこのような場合は 壁に真っ直ぐにつき、表から見えない方法、「どっこ」というやり方で留めます。

これでしたら取り外しも簡単に出来て良いですが、売ってはいないので自分らで作らないとなりません。 慣れると簡単なんですが、道具をそろえないと無理です。

「どっこ」の方法はネットに載ってると思います・・・ネットで見たことないから検索したら載ってなかった。

「一本ドッコ」ってありますが、それ 違います。



☆  建築インテリア・エッチングガラス・アートガラス・ステンドグラスなど  ☆
☆       ガラス・ミラーに関するお問い合わせはお気軽に        ☆
☆ ガラス工房デュー http//www.glass-dew.co.jp/

Posted at 2012年01月31日 18時52分57秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*