食の安全を求めて、小麦粉、卵、砂糖、乳製品など主たる原料には国内産のものを使用しています。更に、地元多賀城の古代米、塩釜の藻塩、七ヶ浜の海苔などを使ったこだわり焼き菓子も作っています。ピュイダムールは、オープン以来、毎日手作りで心を込めて一生懸命作り、販売しております。
メインメニュー

【ビックリするくらい簡単】



8/30(月)31(火)は定休日です。



ちょっとオシャレな雰囲気を

楽しみませんか(^_^)v








皮が食べられないぶどうを

食べるときに皮をプイッと出す(笑)

いちいち皮を剥くのが面倒くさい(汗)

と、思っている方へ。



多くのパティシエも知らない

ピュイダムールでやっている

ぶどうの皮の剥き方を伝授いたします。



もし来客があったときに

皮を剥いたぶどうが出てきたら

おもてなしされてるな!と

きっとご客人は思うことでしょう。



それではいきますよ!!

,屬匹Δ1粒1粒、枝から外し

 熱湯に10〜20秒入れる。

皮がはち切れて実が見えるようになったら

 急いで取り出し冷水か氷水に30秒ほど漬ける。

N笋燭気納造引き締まったら

 取り出しさっと皮を剥くだけ。

いわゆる、湯むきってやつです\(^_^)/



どうですか?簡単でしょ!

このままパクパク食べても良いですし

炭酸水に入れてフルーツポンチなど

ワンランク上のお上品な(笑)

フルーツデザートの出来上がりです。



本当はぶどうの皮の内側すぐが

一番美味しいので本当は皮ごと食べて

皮の味も楽しむのありですが

ちょっと苦かったりもするので・・・



この湯むきだと皮だけ剥けるので

美味しさも保てます!

よろしかったらお試し下さいね(*^O^*)

Posted at 2021年08月29日 23時31分28秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*