メインメニュー
2012-05

東北ボランティア

4/22 東北ボランティアへ行ってきました。





あたり一面なにも残っておりませんでした。
3/11あの日のままのところもまだまだありました、一年たった今でもまだまだ復興には、ほど遠いです。



私たちは、1日目、岩手県釜石市でがれき撤去をしました。
おじいちゃんとおばあちゃんが前の日に自分たちの残された土地でもう一度畑をやろうと一生懸命がれきや大きな石をどかしていました、それを見ていた岩手のボランティア団体(まごころネット)は少しでもおじいちゃんたちでは運べない津波で流れ着いた大きな石やがれき埋まってしまった思い出の品を私たちボランティア団体みんなの力で掘り起こし撤去しました。1日では少ない人数ではやれる範囲が限られます。
私たちの現場の主任が「明日じいちゃんばーちゃんきれいになった土地見たら泣いて喜ぶぞー」と言ってました。その言葉にすごい勇気がわきました。
子供が遊んでいたおもちゃや写真作業しながらも泣きそうになりました。


2日目は同じ釜石市3/11のままの側溝掃除。
側溝の中も思い出の品いっぱい入っていました。




まだまだ人が足りません。
同じ私たち日本人、少しでもできること。
釜石の地元の皆さんすごい辛かったと思います。
それでも、みんな笑顔で、私たちを迎え、送ってくれました。
一年たってもまだまだ復興までは遠いです。
今更と思っている方も多いと思います。
現状まだまだです。
今更じゃなく今からでもできることをみんなで力を合わせてやれば復興にも、近くなります。
ボランティアもまだまだ募集しています。
今こそ立ち上がろう!
日本の絆!!

Posted at 2012年05月12日 16時28分07秒  /  コメント( 0 )