メインメニュー
知恵ブクロ

晩柑の種から発芽した命

我が家のベランダでは 植物が生きる力を見せてくれます。

KOUが亡くなった時に頂いた寄せ植えのカポック(2017年〜)



KOUが亡くなった冬購入したヒヤシンス(2017年〜)

ロイスちゃん宅から頂いた沈丁花(2018年〜)

晩柑の中で発芽した種からみかんの木(2020年〜)

カボチャの種からの発芽から枯れる(2019年〜2020年)



みかんの木に 幼虫が現れました。

調べたら・・・ナミアゲハの幼虫

1週間前に現れた3幼虫は 大きくなったら なんと 三日で姿を消すことに

調べたら・・・鳥に食べられた可能性が強いとの事

そこで 今度は 高校の同級生 Tちゃんに相談して

5匹のアゲハブラザーズを飼育してもらえることになりました。

みかんの中で発芽した種の命


ベランダのみかんの木に産卵ナミアゲハの命 写真=クリック

幼虫を食べて生きる鳥の命



食べることで生かされている「命」

目の前で繰り返される生物の「命」


生かされている地球が壊れないように・・・
地球を大切に暮らそうと思います。


Posted at 2021年07月24日 14時59分57秒  /  コメント( 0 )

生ドクダミ湿布 保存版

■森の薬草使い の【ドクダミ湿布】

虫に刺されて腫れた時や刺された後に、ぶり返してかゆくなる時

虫が多くなる季節(春から夏)

刺されない様に オーガニックの虫除け 樟脳(クスノキ)を使っていますが

この季節 ドクダミがたくさん自生している熊本です。

ドクダミチンキも今収穫して作っておくといいのだと思いました。

■はれうさぎさんの【チンキとクリーム】

 
犬猫さんの場合 痒み止めを塗布する時 どうしても

「舐める」が問題になります。

まずは 

〇匹気譴覆す夫  (虫除け 環境調査)

∋匹気譴晋紊離吋◆ 棔募咾瓩覆す夫)

自然の植物の力で 優しい家庭ケアを 教えてもらえて

本当に 自然に 植物に 感謝の気持ちいっぱいになりました。

Posted at 2021年06月04日 15時14分13秒  /  コメント( 0 )

室温と湿度について 15分「Clubhouse」で伝えた事 4

前回→新しい事を始める訳とは??「Clubhouse」で知りたい事と伝えたい事 3

今回→愛犬家交流会に 5/13 から 15分 相談コーナー参加(1)

愛犬家交流会 5/20 木曜日 7時45分~8時(2) 

「はい動物看護師 増子です」相談コーナーでした

相談がない場合は 犬さんの生活に必要な情報をお伝えする時間

今日は 

犬さんのリラックスしている場所はどこ??

□部屋の場所 (方角 窓 ドア キッチン リビング ベットルーム)

□居場所の素材(ソファー フローリング カーペット) 

居場所が決まったら??

□温度計 湿度計 測定

□記録(季節 天気 温湿度 健康状態)


犬さんの快適な場所を知る

次に 

その場所の情報を記録する

これは 犬さんの快適な空間を知れ在宅看護のケアプランを作成する時に

とても重要になります。


寒がりさん  暑がりさん

太っちょさん 痩せっちょさん

高齢さん   心肺治療さん

体質もありますが 飼い主さんの生活に順応していく場合もあります。

我が犬さんの 快適な気持ちいい

「コトバなき声」を「見える形」に

できたら いいな〜と思います。。





 

Posted at 2021年05月20日 13時27分39秒  /  コメント( 0 )

新しい事を始める訳とは??「Clubhouse」で知りたい事と伝えたい事 3

前回→Clubhouseで学びと笑いの時間 2

今回→インプットとアウトプット 共有 ネットワーク の時間

Clubhouseプロフィール 写真 

●わんにゃんぴっ相談室のROOM 2021/4/29


インプット

・人医療の事 ・人看護の事 ・介護の事 ・人薬学の事 ・人理学療法の事 

・獣医療の事 ・動物看護の事 ・災害の事 などなど・・・・

アウトプット

・わんにゃんぴっ相談室の事 (地域の動物福祉支援)

・フリーランス動物看護師の仕事について

情報共有

・高齢者さんとペット ・多頭飼育者とペットと地域 

ネットワーク

・47都道府県動物看護師の相談員仲間募集

・わんにゃん緊急災害ネットワーク熊本(共助=ネットワーク)

・わんにゃんぴっな時間(ペットロス 経験者のネットワーク)


■Clubhouse ■

■わんにゃんぴっ相談室■ 

ルームにて 

⭐飼い主さんや地域の困った 動物福祉をつなげられる相談窓口 

⭐地域で貢献出来る 動物看護師の仲間を募集窓口

二つのテーマで引き続き 頑張ります。

Posted at 2021年05月08日 15時07分50秒  /  コメント( 0 )

飼い主さんとペット コロナウイルス対策

日本 全国で 新型コロナウイルス感染者が

増えて来ています。

ヾ鏡者が在宅にてケアされる場合

感染者が医療機関ケアされる場合

ペットさん達のお世話の問題を

飼い主さんの訪問看護をされてる施設の

方々から 対応を伺って勉強してます。

飼い主さんの支援の時

ペットさん達の様子も見てきてもらえる

ので その際に 連携し 必要なケアプランを

提案出来るかもしれません。

問題は、飼い主さんが 医療機関へ

行かれペットさん達が残った時どうするか?

最低3日間の食事を設置する場合もあると

聞きました。

東京都の様にペット同伴隔離施設がない

自治体の場合 自助で準備しなくてはならない。

◆感染しない  一番だが

◆感染したら  誰に世話してもらうか?

ワクチン接種もまだまだの中

目に見えないウイルスとの接触を避けたり

消毒して感染避けたり 免疫力上げて重症化避けたい。

動物達の生活を守るためにも

改めて 

感染しない様に 感染したらの準備が必要です。

ブログを読んで頂いた 皆さんが

お住まいの自治体の様子には目を光らせ

耳をダンボにして 情報収集と準備をお願いします。

有益な情報 わんにゃんぴっ相談室へ

09086270601

wanp2p@gmail.com どしどしお待ちしてます。

Posted at 2021年05月03日 17時29分03秒  /  コメント( 0 )

オンライン 猫セミナー

タイトル: 猫も高齢化時代へ〜よくみる疾患
押さえておくべきポイント〜

講師: 服部 幸先生

会場:Webセミナー(2月17日診断編、3月18日治療編)

開催日:2021年2月17日 20時

開始時刻*:20時00分

終了時刻:22時00分

腎臓の病気
甲状腺の病気
糖尿病

臨床症状 検査 診断について
勉強しました。

Posted at 2021年02月17日 22時49分23秒  /  コメント( 0 )

副作用について考える〜抗がん剤&放射線治療〜

2016年 9月 虫垂炎腹腔鏡手術(4泊5日)
2020年 5月 脊柱管狭窄内視鏡手術(7泊8日)
2020年11月 子宮頸癌手術  (14泊15日)
2021年 1月 抗がん剤放射線入院(4泊5日)

■ 抗がん剤点滴 5回(1週間に1回)
■放射線治療  25回(土日休み5週)

・全身麻酔

・鎮痛薬

・輸血

・自己血輸血

・リンパ節切除

・鼠蹊部神経

・抗がん剤

・放射線

■作用と副作用

様々な副作用の説明を受けて理解して治療に立ち向かいます。

人間の場合 本人が認知できる場合は 的確に体調や心配な点を看護師さんへ伝えて

看護してもらえ医療へつなげてもらえます。

しかし 犬や猫 認知機能が低下した方々の場合

「今の異変」を伝えることが難しいと思うのです。。

そこで 今回私の体験から  

❶食べれ無い :匂いが無理 食べたく無い

❷眠れ無い  :病院だと眠れ無い 不安

❸嘔吐 えづき:車酔い 悪阻みたい

❹腹痛 下痢 便秘:どれも辛い

❺耳鳴り  :キーンとなるが眠れ無いほどではない

❻冷え   :体温管理が不安定(手先 足先 首元)

❼倦怠感  :起立より座るより横臥が楽

病気と向き合うための治療ですが

どんな風に 作用が出て 服反応が出るか?

個体によって違うと思います。

だからこそ その 異変をわかりやすく 医療へ伝えなくては

言葉なき犬猫さんを「苦しみ」から救え無いと思います。

そんな貴重な体験を 

●病気する度

●医療や看護を受ける度


動物看護師としての学びになります。

私の体に出来た「悪性新生物」これからは

どう変化するか?わかりませんが・・・

遺伝子を守る 前向き生活にてなんとか

寿命まで  動物看護師として生きる

私の「使命」この命を使いたいと思います。 

Posted at 2021年02月11日 16時28分13秒  /  コメント( 2 )

ペットの介護を考える くまにちすぱいす 562 号

ペットの介護を考える

くまもと生活応援紙

●塘田先生からのメッセージ


■インタビューにご協力していただいたご家族

●メグちゃん

●デコちゃん

●ぶっちーくん

●ぷーちゃん



■動物看護師からのメッセージ

自分では病院へ行けない動物達

自分ではナースコールは押せない

けれども

一番身近な家族が早期発見して早期受診してくれていたら・・・

そうして 

どんな医療を受けるか?

どんな看護を受けたいのか?

どんな生き方をしたいのか?

訪問動物看護師としっかり話し合ってもらえたらと思います。

「病気」と「老い」と受け入れて生きるのは動物達だけれど

そこには 最強の伴走者(ご家族)が必要なのです。

その最強の伴走ができる為には「悩みや不安」は不要

1日でも早く解決して

大切な1日1日を

大切な1分1秒を過ごして欲しいと思います。

悩める飼い主さんの皆さんが

希望を持つて 愛犬愛猫との介護生活

毎日を後悔なく過ごされるお役に立てたら良いなあと思います。

Posted at 2021年02月10日 16時13分38秒  /  コメント( 0 )

「知らなかった」ではなく「納得した」と犬猫さん育てして欲しい

犬猫さんの体調の異変

まずは 素人判断で判断では無く 

‘以病院へ行って欲しい

ここからが大事

⊃濃仝

→検査(必要性 費用 負担 理解 同意) 

→診断(治療の必要性 理解 同意) 

→治療(治療内容と費用と犬猫さんへのリスク 理解 同意

治療スタート〜

→入院 在宅看護に於いての犬猫さんの状態 と治療計画チエック 理解 同意

そ末期や看取りの時〜

→治療内容(余命宣告 在宅希望有無 延命処置の事  悩み事共有 不安解消)  

「どんな薬なのか?わからなかった」

「何の為の検査なのか?わからなかった」

「手術後の事は知らなかった」

愛犬愛猫が病気しただけでも 動揺しているから

冷静になるのも難しいのです。

だから 冷静になったときに 振り返り

何がわからないのか?

何を伝えたかったのか?

これをクリアにしたら 「不安」はなくなり

動物と獣医療と家族の三輪車はスムーズに進むでしょう。

ジでさんのコトバなき声

嬉しいのか?気持ちいいのか?美味しいのか?

大好きな場所は? 大好きな人は?犬は?猫は?家族は?

どこで生きたいのか? 

「尊厳」ある命

その為には ご家族の判断が重要になります。

どうか・・・・ 銑イ鮟侏茲襪茲Δ砲覆辰突澆靴い隼廚い泙后

「知らなかった・・・・」「わからなかった・・・」お任せでは無く

「説明を解るまで聞いて しっかり理解し愛犬愛猫の為に納得して決めました」と

後悔なき選択をしてもらいたいと思います。

Posted at 2021年01月27日 11時49分42秒  /  コメント( 2 )

 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  | 次へ