メインメニュー
2011-08-22

肝臓 膀胱 を守りな...

かんなちゃん1996年12月11日生まれ15歳


2011年5月 健康診断の血液検査で肝機能の値が高い。

点滴と投薬(肝臓)スタート

エコーにて検査 ⇒ 膀胱への腫瘍 肝臓 腎臓 などには異状無い。

元気ないとき 熱出たとき ⇒ 検査と点滴


飼い主さんの悩み

投薬を止めたら 肝機能が悪くなるのでは??心配。。


増子元美のアドバイス

主治医の先生の判断で投薬をしばらく中止とのこと。。
その判断にお任せして 毎日の変化をみてはどうかと思う。

何故ならば・・

かんなちゃんの生活の質はすごくとれている。。

表情や行動は15歳と思えない。。

動画で見せたい。。

毎日の食べるもの+核酸・ビタミン・ベジタブルサポート・オメガ脂肪酸

毎日の散歩  毎日のマッサージ を今までのように続けてもらう。

心配なのは目には見えなくとも

遺伝子を傷つけるもの=活性酸素 を減らす工夫。

肝臓 腎臓 解毒のサポートとして 特製スープ。

肝臓 腎臓のケアとして こんにゃんく温湿布。


本日のかんなちゃんの夕飯

食べる前 食べる時 食べる材料 こだわりがあります。

その毎日の性質を受け止め シニアライフの介護(栄養)をされていました。

素晴らしい。。。


なずなちゃん

なずなちゃんの心配は・・・知らない人知らない犬に吠える事

ドックトレーナーに相談してもらえそうです。


感想


訪問カウンセリングさせて頂いて

かんなちゃんの周り・・・・幸せな空気を感じました。

大好きな場所

大好きな食べ物

大好きな家族

嬉しい♪ いやー!! ウキウキ♪ 疲れた!

など表情 豊かな 様子

カウンセリングしている動物看護士が

幸せな気持ちになれました。

高齢になると

健康管理 不安はつきものですが・・

そこの不安を埋めれるように

サポートしたいです。

Posted at 2011年08月22日 20時28分48秒  /  コメント( 2 )