メインメニュー
2021-05

飼い主さん緊急入院 1...

飼い主さんが 緊急入院

誰が お世話をするのか??

いつまでお世話するのか??

退院の目処がつくまでなのか??

退院後はお世話ができるのか??


■終生飼養できるのか?


○犬さん生活ケアの人材 (飼い主さんの家) 

○一時預かりの場所(飼い主さんが帰宅するまで)

○生涯の居場所   (飼い主さんが里親さんへ)


■適正飼養できるのか?

○健康面 衛生面 メンタル面 使用できているのか?

○お世話ができないならばできる人見つける

○お世話できやすい方法を考える

とにかく

ご病気される飼い主さんも辛いし大変だと思いますが

大好きな飼い主さんが 居ない家で暮らす 犬さんの気持ちも

理解してもらいたいと思います。



様々な事情があると思いますが・・・・・

一番いい方法を見つけるまで なんとか 飼い主さんには

頑張って 里親さんが見つかる様に 声かけして欲しいと願います。

動けなくとも ベットの上で里親さんが見つかる様に 「祈り」をしてほしいです。

犬猫さんと暮らす づべての飼い主さんには

こんな時 どうするのか?? 決めて準備していて欲しいと思います。

Posted at 2021年05月31日 15時23分59秒  /  コメント( 0 )

熊本地震で毎日通った...

熊本地震 2021.4.16本震

益城町への道路は1車線だったから 毎日が復興車両で渋滞だったので

私が益城町へ行ったのは5月になってから

毎日通った 益城町の被害の爪痕はひどく

そこから 復興まで 犬も猫も人間も・・・・

5年間の道のり  道路もどんどんきれいに広くなって

新しい生活が再開 

車中泊されていた犬さん との公園へ 本日行ってきました。

川のせせらぎ  お散歩の人々 穏やかな 景色を堪能してきました。

写真はこちら  

↓ ↓

●益城町体育館の前の公園

●蜘蛛さんこんにちわ !


「生命環境」というテーマ 聴きながら(Clubhouse)

様々な命について

生きるについて

環境因子について

被災した時 復興までの時間 

壊された物 築かれた物  考えさせられた 1日でした。

Posted at 2021年05月30日 16時07分30秒  /  コメント( 0 )

動物福祉のためのチャ...

わんにゃんぴっ相談室の動物愛護活動へ

(わんにゃん緊急災害ネットワーク熊本 含む)

■支援物資(災害支援 チャリティ用)

■支援広報(迷子や里親探しSNS拡散協力 困った情報収集協力)

●フェスティーナー・レンテー看板犬サージュちゃん

写真は チャリティ用支援物資とバザー会場です。

サージュちゃんの写真がなかなか取れなくて残念です。


購入された方々の募金で 地域で困った 犬猫さんの福祉の為 

わんにゃんぴっ相談室活動費として(衛生的用品 飼育用品 医療費)

主に使わせてもらいます。



動物看護師としての 

収益事業 CompanionAnimalPARTY

社会貢献事業  わんにゃんぴっ相談室

支援してくださる方々に感謝して

コトバなき動物と地域の笑顔を目指して


今日も元気に頑張ります。

続く

Posted at 2021年05月29日 14時33分11秒  /  コメント( 0 )

17歳 ポチ君 在宅介...

前回→17歳 ポチ君 在宅介護相談 〜温灸と夜鳴き〜 ◆9/14 

今回→前回から8ヶ月のポチ君の相談

■相談内容 ・呼吸が荒くなる  ・吠え方  ・食事メニュー

■在宅介護ケアプラン

・呼吸の安定  :温度 湿度 体温測定 (保冷 除湿 保湿) 

・吠え方    :昼夜逆転回避 ・痛み緩和 ・寂しさ緩和 

・食事メニュー :脱水対策  ・認知症対策(血液サラサラ)(脳リラックス)

・レスパイト  :介護者の休息方法 時間


●車椅子テクテク写真

●除湿後スヤスヤ 写真

●体位と寝具セッティング

※ パクパク テクテク スヤスヤ 出来ていていますが

「体調や痛みの管理」

「季節の変わり目の環境管理」

「寝具や体位やマッサージ管理」を整える事で

穏やかな時間に変更できるといいな〜と思います。。

  

Posted at 2021年05月28日 17時22分56秒  /  コメント( 0 )

災害が来る前にしてお...

災害は起こって欲しくないけれど

怖い 嫌だ

だからこそ

どうしたら 怖くないのか?  → 怖い原因リストアップ(暗闇 音)  → 対策

どうしたら 嫌にならないか? → 嫌な気持ちを明確化 →気分転換方法 相談先



どうしても災害は 起きてしまうけれども

「恐怖感」「嫌悪感」によって 気持ちや行動が落ち込まない事が大事と思います。

ライフラインのない72時間  

あかり かおり ぬくもり

■同行避難 同伴避難 方法

■マイタイムライン

■避難時グッズ

■災害サポート連絡先(#わんにゃん緊急災害ネットワーク熊本 #動物支援ナース)

●ペット同伴避難所で協定締結 「ペットは社会の一員」 熊本市と九州動物学院 熊本日日新聞


●熊本マイタイムライン(人間)

●動物支援ナース マイタイムライン

自分の地域の防災情報は 動物と暮らす飼い主さんは

動物を安全に避難する技とメンタル面 手に入れてもらえたらいと思います。

続く

Posted at 2021年05月27日 14時59分27秒  /  コメント( 0 )

大変!!舐め舐めが止...

前回→後肢とメンタルと発情 小さなメイちゃん日記 40


今回→週1回のわんケアですが なんと今日のメイちゃんは

昨夜3時から朝まで ずーっと陰部を舐めて痛そうである。。

お散歩中も突然 猛烈に舐めはじめてます。。

■ケアプラン

∞咾瓩譴伜咾瓩襪曚廟屬なってしまうので なめない工夫が必要

動物病院時受診 婦人科なのか?泌尿器なのか?粘膜なのか?原因解明

再発防止対策(偽妊娠 アレルギー 膀胱)



●メイちゃん フラワーカラーデビュー 


可愛いパッチワーク柄 柔らかい布なので 装着していても違和感が少ないと思います。

フラワーカラーはペットファッションあんみつさんの商品です。

早く痒い痒い?痛い痛い??が治り 再発しない様に なります様に・・・

続く

Posted at 2021年05月25日 16時32分50秒  /  コメント( 0 )

8頭の子猫を産みそだ...

わんにゃんぴっ相談室への電話相談


■相談内容

・母親猫近所軒下で出産(4/15)と子猫8頭が 現在資材置き場に
車の出入りが多い場所 チョロチョロ動き出しているなんとかしたい

●8頭の子猫を産みそだてる猫さんの写真


■状況確認

母猫3歳8子猫 昨年7頭生まれた兄妹の内 2頭(1歳)茶猫1頭

・子猫離乳食始まり運動発達順調 母猫母性強い

・餌やりさんに慣れているが 抱っこはできない。(難航)

■ケアプラン

・母猫捕獲して不妊手術して譲渡へ  

・子猫保護して管理して譲渡へ

・子猫の居場所作り(ケージ トイレ設置)ここへ誘導

※1日でも早く 保護できる様に 餌やりさんには頑張ってもらいます。

※地域の皆さん 協力してくださる皆さん 感謝を忘れず 母猫も子猫も幸せな生活へ
繋がる様に サポート 頑張ります。

支援グッズ:ケージ キャリーバック 布 トイレトレー

Posted at 2021年05月24日 13時44分34秒  /  コメント( 0 )

キャットフード 選び ...

前回→令和2年7月豪雨被災ペット支援  2021/5/18

前々回→●食欲なし 呼吸苦しいーーー動画 4/15

今回→遠隔カウンセリング

■アラシちゃんは食欲 元気出てきたので 一安心

引き続き 成長期用のキャットフード 猫ミルク 子猫用パウチフード 続けて

自分で食べて 自分の力で免疫力もつけてもらいたいです。

エイズや白血病だとこれからも 大変ですが・・・

名前の様に アラシの様な強さで 生き抜いて欲しいと思います。

免疫力や抗ウイルスや解毒なども配慮した 

栄養ケアプランを提案していきたい思います。

●アラシちゃん 食欲元気出てきターーー動画 5/22



■モモちゃんは 食べてはいるけれど 動きは緩慢でいつも寝ているそうです。

涙目 貧血 が症状として起きています。悪化する前に 

動物病院へ受診してもらえたらいいな〜と思います。

●貧血のモモちゃんの写真 


熊本は 梅雨入りをして 豪雨被害が心配な季節です。。

その大変な時を経験した 飼い主さんと猫さん達 どうか

穏やかな生活ができる様に 引き続き 遠隔にてサポートさせていただきます。

Posted at 2021年05月23日 16時24分17秒  /  コメント( 0 )

生きていたら 15歳 ...

前回→動物の愛護及び管理に関する施策を総合的に推進するパブリックコメントについて

2006年3月

「熊本県動物管理センター」の殺処分の現状知り

「熊本市動物愛護センター」の様に

「熊本県動物愛護センター」になる!!を目的に

熊本の動物愛護を考える会(2006~)

入会しました。

現在の活動としては 熊本市や熊本県と協議会などの活動です。。



2017年4月「熊本県動物管理センターから熊本県動物愛護センターへ変わる」



今回→2006年2月 熊本県管理センターから引き上げた10頭の子犬

亡くなってしまった 5頭 お参りに行ってきました。

生きていたら 15歳

●沙羅の苑 供養の写真

ポビー ディンガン グリ グラ グレ チョビ 

同時に 救えなかった 沢山の命があるのです。

無力な自分を思い知らされた日から

自分のできる形で 動物愛護活動 しています。

動物看護師として 動物福祉を叶えられる 飼い主さんを100%にしたい。。

そんな

 「相談室」からの

「飼い主さんや地域のサポート」

仕組み 

が必要と思うのです。

今日も亡くなった子達の前で 不幸な犬猫を減らす熊本県になる様に

祈ってきました。

Posted at 2021年05月22日 16時47分55秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  | 次へ