メインメニュー
2016-02

家族が緊急入院(小脳...

家族が緊急入院になった時

犬や猫は 生活のリズムが一転します。

大好きな場所は変わらなくとも

大好きな家族が居ない事

大好きな家族がバタバタしている事

大好きな家族が悲しそうな姿などは

心にも体にも大きく影響します。

繊細なわんにゃん

シニアわんにゃん

病気ありわんにゃん



特に注意が必要です。

■胃腸  ■泌尿器 ■皮膚 ■呼吸器 ■自律神経系 ■ホルモン系

小さな「異変」が現れたら「大ごと」になる前に すぐ

「動物看護師 増子に相談」→「対応」してもらいます。

実は 私事ですが

1月末 在宅介護中のわが父が小脳出血&大動脈かい離 ICUに緊急入院

それまでは⇒

最終調整 居宅介護の為の準備〜父 元男 リハビリ入院日記 8
83歳父(元男)&80歳母(美亀)在宅介護生活  

父は ICUから一般病棟へ少しずつ回復

しかし・・大動脈かい離破裂は心配な所です。

そんな中

愛犬KOUは 震えや不安が現れます。 そこで

飼い主である私の心構えは大事です。

しっかりと毎日を観察して

マッサージと栄養管理で補いながら乗り越えたいです。

生きていると色々あるけれど・・・わんにゃんにとっては

家族(飼い主さん)が頼りだから ひと踏ん張りできるように

動物看護師として寄り添えたらいいな〜と思います。


 

Posted at 2016年02月09日 19時34分05秒  /  コメント( 0 )

愛犬ちょこを最期まで...

2015.10 動物病院からメールにて相談

アトピー持ちの老犬をお世話していただけるような施設、

人などありましたら、紹介していただきたい。


2016.1.25 飼い主さん直接電話にてカウンセリング

3月に熊本県阿蘇から大分県へ引っ越し(施設入所)

里親探しが希望 ⇒ 

飼い主さんの責任として諦めずに探す方法

■ちょこちゃんのメンタルケア大好きな人 場所離れる寂しさケア方法

■ポスター チラシ作成 広報(人脈 タウンパケット SNS )


ずっと一緒出来ない時

ポスターの書き方

太郎ちゃんの場合


ポスター チラシには 「飼い主さんの想い」が必要

2016.2.5 出来たチラシの文面

こちらです。


名前はチョコちゃん、おとなしい子です。

最後まで看取る覚悟がありましたが、夫婦共に体調が悪くなり、

ホームに入所することになりました。

ペットの連れ込みはダメとのことで、連れて行くことが出来ません。

つらい毎日をすごしています。

可愛がってくださる方におすがりしたいと願っております。

アレルギーがあって、薬を飲んでいます。

最後まで看取ってあげられないのがとても辛いです。

チョコちゃん、ごめんなさいね。。。

どうぞよろしくお願い申し上げます。


名前:チョコ(茶色、柴犬とのミックス)
性別:女の子
年齢:9才
性格:おとなしい
健康状態:アレルギーあり(病院で薬を処方)



なんと なんと・・・


2016.2.8 里親さん 決定!!

9歳 アトピーということでしたが 年齢も治療の事も理解された方との出会い。。

飼い主さんの真っ直ぐな=想いが

想いのある=新しい飼い主さんへバトンタッチ出来ました。

Posted at 2016年02月08日 19時53分02秒  /  コメント( 0 )

第61回わんにゃんぴっ...

第61回 わんにゃんぴっな時間 IN NAME LESS


日時:2016年2月6日  11時〜13時

内容:木工体験

講師:阿部 徳秀 / Norihide Abe 先生

場所:肥後民家村 NAME LESS(木工館)

http://name-less.jp/about-us

費用:キーフォルダー800円 スプーン1500円 (要予約)


  素敵な工房♪


 素敵な安部先生♪レクチャー中

面取り 磨き





看板にゃん♂



参加者の皆々様  安部先生 素敵な楽しい時間をありがとうございました。



わんにゃんぴっな時間は何故開催するのか??

わんにゃんと暮らしたい人

わんにゃんと暮らしている人

わんにゃんと暮らしていた人

わんにゃんが好きな人

家族=わんにゃんを

■看取り悲しい涙から優しい涙に変わったら

■迎え入れる前に

■名前を付けたら

是非是非参加して欲しいです。。

そんな 楽しい優しい時間になったらいいな〜と思っています。

Posted at 2016年02月06日 20時31分33秒  /  コメント( 0 )

遺伝子栄養学学ぶ〜〜...

1993年に遺伝子栄養学に出会い

人間の体=良く出来た仕組みの事

栄養と体の仕組みの事

病気と栄養の仕組みの事

知らず知らず間違ってきた知識を学び

しっかりと この知識を手に入れたい!!

KYG協会 KYG栄養カウンセラー になって

今回の様に フォローアップ研修では

日々進歩の情報をきちんと学びたくて

東京まで行ってきました。



今回は  




日本人の食事の課題
   &
長生きのカギは栄養素


講師:NPO法人 KYG協会

山口眞理子先生 森木田義弘先生





■健康寿命(自立生活)

■健康な生活=食事

*高血圧 *脂質異常 *高血糖 *慢性腎臓病

■血管年齢

■骨年齢

■腸年齢

■脳年齢

具体的な栄養の提案を学ぶ事が出来ました。

自分や家族や必要とされる皆々様に役立てたい!!

同時に

この学びを理解し わんにゃん についても

きちんと提案できるように

沢山の飼い主さんへお伝えしたいと思いました。


転ばぬ先の知恵 


病気は病院で治療するけれど

病気と向き合うのは 本人 犬も猫も人間も同じ

病気にならない為の知識を持つか?持たないか?

そこには

犬猫の快適な生活へなるか?ならないか?

大きな大きな分かれ道 

どうか・・・

わんにゃんが・・・苦しい 痛い 悲しい 生活ではなく

笑顔で最期まで生きれるように

学んだことを わかり易くアウトプットしたりお伝えし

動物看護師としてサポートしたいと思います。。

 

Posted at 2016年02月05日 09時23分49秒  /  コメント( 0 )

熊本有明保健所から東...

2月3日 東京 押上に出張!!




東京に暮らしているサム君

飼い主さんの今心配な点は 

”坩造らのマーキング 
∈邏班の人への恐怖
しこり 湿疹

写真の通り 手作り食 ホメオパシー 栄養素を使い

被毛も皮膚も80%はいい感じです。

しかし・・

メンタル面は幼少期の捕獲や保健所抑留時のトラウマは大きいのかもしれません。

しかし4年前のサム君に比べたら

飼い主さんの存在が大きな安心となり おおらかなオーラになっていました。

トラウマに関しては 引き続き優しい方法で続けてもらうことにしました。

熊本県有明保健所に保護された仔犬

3か月のサムくんのブログ

サム君を引き取ってくださった。

サム君の生い立ちからのメンタルケアを

すごく理解して貰える飼い主さんに心から感謝いっぱいです。

再会の日を楽しみにして 熊本へ帰りました。 

Posted at 2016年02月04日 22時11分12秒  /  コメント( 0 )

飼い主さん入院決定!...

昨日打ち合わせは⇒ 飼い主さん入院決定!!8歳ペリーちゃん 福祉ケアプラン

飼い主さん 緊急入院

ご親戚の方が代理人となって打ち合わせ 書類準備をしていただき

本日9時 「きずなの丘」のスタッフとペリーちゃん宅へ到着

主治医の動物病院にて

聴診 触診 視診 体温測定 


健康チエック診断書

を作成してもらいました。 



ペリーちゃんのママさんが病床から心配しているという事で

ペリーちゃんの様子をご親戚の方に写真を撮って頂きました。

ペリーちゃんは1年前 パパが亡くなり

ママの入院の際は 寂しそうな表情や寄り添い方をしていたそうです。

ママの退院までは 「きずなの丘」で

ケアホームスタッフと自然と仲間と

「笑顔で暮らせるといいな〜」と思います。

万が一 ホームシックになった際は 在宅ケアへ変更になるかもしれません。

ケアホームでは「ペリーちゃんケアプラン」に沿って

毎日の健康チエック管理を行いながら

食事や運動やメンタルケアを調整していきます。

動物病院で測った熱も ケアホームでは正常値に下がっていたので

一安心です。


大切な家族と離れる時 犬猫には大きなストレスがかかりやすい。

ちゃんとその声を聞けるように 毎日の様子を

ケアホームスタッフと打ち合わせを細かく行います。
 

Posted at 2016年02月02日 19時16分44秒  /  コメント( 0 )

飼い主さん入院決定!...

ペリーちゃん♂ママが 入院が決まったけれど

何処に預けるか?

ペットシッターにするか?

担当の民生員さんからのご相談でした。

ペリーちゃん♂ママは

ペリーちゃんが

★寂しくない場所

★のびのび出来る場所

希望されていました。

代理人であるご親戚さんのご要望も伺い

今回は 犬猫介護ケアホームにショートステイ

を選んでもらいました。

主治医の動物病院からの健康診断証明

ペリーちゃんの生活習慣(食事 運動 などなど)チエック

細かな打ち合わせから動物福祉プランを立てる事が出来ます。



ペリーちゃん♂

明るく温厚

人見知りもない

寂しがり屋

お留守番(ショートステイ)の練習が今後必須

まずは3日間様子見て

今後の動物福祉ケアプラン見直しになります。


飼い主さんが

緊急入院 施設入所 などなど

犬猫と離れ離れになった時

犬猫の心と体とをちゃんとケア出来る場所を

選んでもらえたら嬉しいな〜と思います。

Posted at 2016年02月01日 20時11分48秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2  3