メインメニュー

栄養学の講師のお仕事 ドックフードと手作りフードの巻 2013

九州動物学院

10期生の学生の皆さんに

犬猫の栄養と健康の大切さ

伝え授けて・・次に

伝えられる専門家に養成したいです。

体調不良だったり

大きな目標が見つからなかったり

悩みがあったり


講師として そんな声もちゃんと聴いて

講師として 何が出来るのか考えて

仕事として教えるだけでなく

一人一人が学んだ栄養の知識を

社会に生かせる存在になって欲しい。

「自力」=健康その為の食事(栄養)

犬猫の場合 家族が選んだ食事(栄養)

だからこそ この情報が根付くように

動物に関する職業の役割が重要と思うのです。

動物を看護する仕事。

動物の栄養や健康を伝えられる人材の養成も大事な仕事です。

そんな重要な仕事だから

真剣に取り組もうと思います。

Posted at 2013年09月04日 19時01分55秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*