体感系自転車屋の店長が送る、ブレイキングニュース(意味不明)
メインメニュー
2011-10-28 の記事

FELT F75

2012 FELT F75

メーカーからの協賛など全く受けず
大した足も持たないmacが、独断と偏見でインプレ。



このモデルは、抜群にブラックがカッコいい。
なんら性能には関係ないが、「カッコいい」と思うだけでモチベーションアップ。

「見た目」この効果は、意外と大きい。







「テーパードヘッド」「カーボンコラムフォーク」

フロント周りがガチガチになると思いきや、案外そうでもない。
フォークの絶妙な剛性も相まって、下りの安定感も抜群。

エアロ効果が無いホイールで60匳个靴討癲▲魯鵐疋螢鵐阿魯屮譴紺堕蠅靴討い襦
これ以上スピードを出し切らないので、この先はご勘弁願いたい。







「BB30」

あまり重いギアを踏まないmac、平地ではその差が分からなかったが
登りになると、その効果に目を見張る。ロス無く回せる感じ。

重いギアは踏まないmacが、ぐいぐい踏んでしまう。
その気にさせてくれる、フリクションロスの少なさ。





アルミの魔術師「ジム・フェルト」が作り上げたSL7005アルミ。
もはや熟成の域で、評価が高いパイプだ。

macが1500卅行し、絶賛したF85のフレームとパイプこそ一緒だが
新しい3つのファクターによって、全く違うフレームに仕上がっていると思う。

シャキッとしたアルミの良さは、乗る者をその気にさせてくれる。
考え抜かれたスケルトンは、乗る者をワクワクさせてくれる。

そして安価。余った予算で足回りにお金をかけて、更に別次元のバイクへ変身できる。

そんなF75は、macイチオシのアルミバイクだ。


Posted at 2011年10月28日 23時43分46秒  /  コメント( 4 )