体感系自転車屋の店長が送る、ブレイキングニュース(意味不明)
メインメニュー
2010-07 の記事

保冷

保冷ボトルのポーラー

といっても、何時間も持つ訳ではない。
では、どうして売れるのだろうか。




通常のボトルは、単層だ。
ポーラーは二層構造。そしてその隙間に熱遮断フィルムがある。
フィルムも重要だが、この空間が保冷だけではなく、嫌なポリ臭さも軽減させる。

使ってみたら、その良さが分かる。
リピート率が高いのも、頷ける。


Posted at 2010年07月23日 23時23分23秒  /  コメント( 0 )

入荷!

人気のダブルループロック

モデルチェンジして入荷。
しかも、新色がラインナップ。




節度あるダイヤルになって、安心感アップ。
セットもしやすくなったね。






優れものスタンドも入荷。
ずい分待たされたけどね。


Posted at 2010年07月22日 22時22分22秒  /  コメント( 0 )

シーズンイン

シーズンイン目前というか、突入した感もあるが
ただいまmacは、OHラッシュ。




古い自転車も大歓迎。

正直なところ、古いほどOHは必要なのだが・・・。


Posted at 2010年07月21日 21時21分21秒  /  コメント( 0 )

ライ・クーダー

時折聴きたくなる、ダルでメロウなスライドギター。
ライクーダーは、macの神様だ。

映画『パリ・テキサス』
リアルタイムで観なかった。

会社員だった20代前半、10万円もするビデオデッキを購入しレンタルビデオで観た。
その当時のレンタルは、およそ1000円程度だったろうか。
そう、レンタルレコードが主流の頃。もはや、遠い昔の話だが。

未だに我が心に残る映画だ。
もちろん映像も良かったが、ヴェンダースの世界にやられたと言うよりライ・クーダーにノックアウト。
ナスターシャは、オマケ。




是非、観て聴いて欲しい。
本物のファンはこの頃以前が良いと言うが、macはここから始まった。






「INTO THE PURPLE VALLEY」

ホント、何回聴いただろう。
ギターやマンドリンの腕前もすごいが、ボーカルも朴訥で良い。






「JAZZ」

日本人には親しみの少ないディキシーランドジャズ系のカバー。古き良きアメリカとでも言おうか、こんなに引き込まれるのも、ライ・クーダーマジック。




スライドギターの名手。
酔って聴くと、殊更に良い。



懐かしい動画を見つけた。




Posted at 2010年07月20日 20時20分20秒  /  コメント( 2 )

クロモリ

「軟らかいんでしょ?」

「クロモリってしなるんですよね?」

「雑誌に載ってました。」


う〜ん…確かに面倒くさい。




最近、再入荷し始めたクロモト。
分からないなら、無理して買わないほうが良いよ。


Posted at 2010年07月19日 19時19分19秒  /  コメント( 0 )

ピンホール

2004年の大人の科学についていた付録。

ピンホールカメラ




6年寝かせた。
なかなかの熟成かな。






何を写そうかな。
ちょっとドキドキ。


Posted at 2010年07月18日 18時18分18秒  /  コメント( 2 )

ミニベロ

折りたたみでないし
一体、何が狙いなのか。

検証してみた。




カタログで見るより、実車は抜群にカッコイイ。





フレームは、まさにロードバイク。
走りも451に1インチタイヤで、ロードバイク並に軽い。





ドライブトレインは、手抜きナシ。
ロードパーツ採用で、アップグレード可能。





走ってみて分かった、折りたたみステムの理由。



驚くほどスピーディーな走り。
好みや身長対応できるステム。
そして、折りたためば省スペース。

面白い自転車が出現した。


Posted at 2010年07月17日 17時17分17秒  /  コメント( 4 )

ツール

もう、見にくいとは言わせない。

ちょっと邪魔になるが、ツールタワーを作ってみた。




ハブコーンレンチ、クランクプーラー、チェーンカッター等、ご用意。
変な工具もあるぞ。


Posted at 2010年07月16日 16時16分16秒  /  コメント( 2 )

雨上がり号

初下しが雨・・・
おぉ雨よ、上がってくれ。

よって命名『雨上がり号』




バッグの中は、意外と重装備。
でも、雨自転車がこんなに楽しかったとは。


Posted at 2010年07月15日 23時59分58秒  /  コメント( 0 )

決戦前夜

決戦前の山小屋。

ピリピリしたムードは無く
和やかな感じだった。




この若手も数年で立派になるのだろう。
人は人から育てられる。自分ひとりで育つのではない。


Posted at 2010年07月15日 01時59分47秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2  3  4  | 次へ