体感系自転車屋の店長が送る、ブレイキングニュース(意味不明)
メインメニュー

色褪せない物

良い物は、時が経っても色褪せない。

熱い情熱と真面目な心が生んだ物だろう。
利益優先の大量生産からは、出来にくいのかも知れない。

今回はレンズの話。

先日手に入れたペンタコン
かなり古いものなので、絞りの動きが悪かったり、油染みがあったり。

でも、根幹がしっかりした物は
決して色褪せていない。



レンズとカメラはお国もメーカーも違うのに、この描写。
ボケも独特で面白い。






発色も派手で、個性的。






銀塩カメラ用に開発されたレンズ
デジタルカメラに使用しても、色褪せていない。

泥沼にはまりそうだ。

Posted at 2010年02月23日 15時56分19秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*