東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー
華道 作品紹介

お生花3体



左 中 お生花新風体 花材左 フウセントウワタ ダリア クジャクアスター 花材右 マロニエ 小菊 ミニひまわり

右 お生花二種活け 花材 ボケ 菊 ボケは確か春 菊は秋 ヒマワリは夏 な〜んて言っていたら 今時の花屋さんに叱られてしまいそう。

寒くなっても台風はしっかり来るし、寒い寒いと思っていたらいきなり夏日 暑い暑いと言っていたら最低温度12度 なんという事でしょう。

もう日本は亜熱帯? 四季ではなくて二季? 私の常識 非常識?
                            17/11/02 華道担当 畑田穂苑


Posted at 2017年12月23日 16時23分10秒  /  コメント( 0 )

季節を感じて……



左 自由花 花材 トルコキキョウ アスター(えぞ菊) レンギョウ まだ時に暑い日もありますよね。そこで花器はすっきりとガラス製を使ったのです。

自由化はモダン インパクト あまり季節は重要ではありませんけれど……

右 生花生風体2種活け ヤハズススキ リンドウ ススキもいろいろ 糸ススキ シマススキ そして今日の、ヤハズ(鷹の羽ススキ ヤバネススキ) 葉の模様も多種です。

でもススキはデリケート 足が速いのです。穂にも葉にもせっせと水を吹きかけてもあっと言う間に フワフワ ショリショリになってしまうのです。

つるべ落としの移ろいやすい秋の陽 

ある時花展の会場で てかてか光るススキの葉を見かけ 不思議に思って尋ねて見たら、なんと馬油を塗って長持ちさせている……とか。

苦労 多いのよね〜  17/10/6 華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2017年10月11日 14時55分21秒  /  コメント( 0 )

秋の色

やはり 黄色?



暑くて暑くて もう東京は亜熱帯 秋なんて来ないのでは……と思っていたらストンと寒くなりました。

えっもうこのまま冬になっちゃう?心配です。ともかく今日は黄色の大輪の菊を活けました。

左 生花正風体一種活け 無論菊です。中国で皇帝しか使えなかった高貴な色 黄色です。7本で活けました。5本 7本 9本 11本 奇数で行けるのが約束です。

右 生花新風体 花材 菊(主) アレカヤシ(用) カーネーション(5色 あしらい) どうしたらこんなに沢山の色が出るのでしょう。スゴイですね〜バイオ ビックリです。

生花の自由花 新風体にはぴったり!!ですね。なんとも華やかです。
                   花道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2017年10月07日 13時29分23秒  /  コメント( 0 )

秋 真っ盛り



左 盛り花 はるかちゃん 豪華ですね〜 花材 ユキヤナギ(すごい紅葉です)ケイトウ インパクトのある赤 クジャクアスター(紫) ワレモコウも入っています。まさに山燃える……です。

右 先輩 生花正風体 2種活け ユキヤナギ(紅葉) ケイトウ 水際スッキリと キリッと秋の気配 季節感大切に……ね        17/09/21 花道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2017年10月07日 13時29分03秒  /  コメント( 0 )

秋の色


左 生花正風体 2種活け ナナカマド リンドウ

ナナカマドの実 そして紅葉 初めてです。春の芽出しは良く使って来ましたが、実? 紅葉? 流通機構の発達のおかげ? 

秋、山が真っ赤に燃えるのは 漆 ナナカマド それにちょっとは桜 でもすぐ散ってしまいますから花材でなんか普通出回らないのです。ありがたーいご時世です。

リンドウの渋い江戸紫が良く合います。

中 右リアトリス一種活け 久しぶりですね。生花の基本形を学ぶのに絶好の花材。 復習です。

お生花は正面から見て縦一列 横から見て扇型に活けます。真3本(後あしらい前あしらい) 副2本 体2本です。割合は 7 *5* 3 水際の葉をしっかりと。陰、陽を踏まえて活けます。すっきりと……。

リアトリスって菊の仲間だったってご存知でした?和名は『キリンギク』白もあり 槍咲きと玉咲きがあります。本当に菊もいろいろ……ですネ
                            17/08/17 花道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2017年08月24日 20時26分57秒  /  コメント( 0 )

花の力5



左 投げ入れ 花材 スモークツリー 中菊(黄色) スターチス エンゾくん

スモークツリー この頃花屋さんで良く見かけるようになりました。和名ハグマノキの園芸品種 以前八芳園の玄関に大きなこの木が活けてあるのを見かけた事があります。

霞がかかったような、神秘的な雰囲気が今でも目に浮かびます。花が終わった後の糸状の花柄だそうです。

右 ストレリチアの 生花正風体一種活け 先輩がピシッと型通りに活けてくれました。

トロピカルな花材がぐっと和風になりました。洋物がどんどん増えてきました。古典花形にもちゃんと活ける事ができるという見本です。

これも花びらのように見えるオレンジいろの部分は萼です。バードオブパラダイス 和名はゴクラクチョウカ 南アフリカ原産です。
                         17/07/27 華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2017年07月29日 17時17分35秒  /  コメント( 0 )

花は世につれ世は花につれ

 

左 自由花 花材 ソケイ(枝物) 百合 小菊 花器を二ケ使って広がり、流れをつけて明るい
一品です。

中 生花新風体 花材 ギガンジウム ナナカマド(枝物) ミニひまわり ちょっと頭でっかち? 淡い色なのでお許し頂きましょう。

右 盛り花 花材、中と同じ 大きな水盤にお水たっぷり見せて、涼しげに……。

ギガンジウム アリウム 葱坊主の仲間 昔 花博で初めてこの花(?)を見た時、あまりの大きさにびっくり、最近福井からの帰りに、畑に綺麗に勢ぞろいしているのを見ました。

ナナカマド 竃(カマド)ってご存知ですか?ガスが普及する前 まだ豊洲が汚染される前 竃で薪を燃やしご飯を炊いていました。知らない ですか? 昔桃太郎のお爺さんは山に薪を取りに行っていたんですよ。

桃太郎 ご存知ない……。このナナカマドは火に強く 7回竃に入れて燃やそうとしても燃えなかった という話 です。えっ 昭和は遠くなったのですねえ。藤井聡太君の時代になっちゃいましたものね〜
                        17/06/30 花道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2017年07月29日 17時17分23秒  /  コメント( 0 )

早くも秋?

    

左 生花新風体 花材 花菖蒲 ブルベリー 小菊 菖蒲の美しい季節 お風呂に入れるには 野菖蒲 生花は花菖蒲 ジャパニーズアイリス。ジャーマンアイリス ダッチアイリス。やはり日本人はジャパニーズアイリス

江戸時代に大ブームとなり沢山の園芸品種が生まれました。菖蒲を勝負に賭けて特に武士に好まれました。5月の節句には欠かせません。

今日はたわわに實のついたブルベリー可愛い黄色の小菊を配材と致しました。

右 〜今は もう秋〜 です。桔梗の一種活け 生花正風体 昔はこのを 朝顔といったようです。

爽やかで涼しげでホッとしますネ。でも夏はこれからですヨ。
                      17/06/15 花道担当 畑田益惠(穂苑)
   


Posted at 2017年06月15日 19時58分20秒  /  コメント( 0 )

カーネーションで伸び伸びと

 

自由花2態
左 カーネーション クジャクアスター リーフ

右 レンギョウ芽出し カーネーション スプレー菊

母の日間近 お花屋さんの店先は色とりどりの、カーネーションの鉢物が溢れています。真紅 濃いピンク 淡いピンク 濃い黄色 淡い黄色 お母さんのいない人は白と、子供の頃は聞いていたのですが、今は殆ど見かけません。

今はどちらも同じ?なのですね。さすが平等主義の日本。幼稚園ではかけっこの早い子は途中で立ち止まりオテテ繋いでゴールイン……?

みんな同じ それって本当に平等なんでしょうか?
                          17/05/11 花道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2017年06月15日 19時57分45秒  /  コメント( 0 )

百合も芍薬も……

   

立っても歩いても……ヨーコさん怒らないでね。

左 はるかちゃん 久しぶりに『投げ入れ』直体 花材 百合 芍薬 ドウダンツツジ これで百合が開いたら ゴージャス!!

右 生花三種活け 花材 ドウダンツツジ(真,副) 百合(体) オンシジウム(あしらい)上段のドウダンとオンシがなんとも優しい雰囲気ですね〜。本当に美人……サ!!        17/06/01 花道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2017年06月15日 19時09分24秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2  3  4  5  6  | 次へ