東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー
2011-12-17 の記事

暑さに負けず!



半端ではない今年の暑さ 皆様いかがお過ごしですか?
茹だるような暑さのなか 行って来ました。文化書道埼玉連合会展 (7月30日〜8月1日)

10月に我ら日本書道芸術学会の展覧会が行われるのと同じ会場 さいたま市の埼玉会館です。
西脇呉石創立 純正書道を標榜するこの会は 会場に静謐感が漂います。

ワケアってこの会を離れて22年 いつの間にか手垢にまみれている私を 原点に立ち返らせてくれる この展覧会に心から感謝! です。
                       10/08/04  書道墨画担当 畑田穂苑


Posted at 2011年12月17日 13時21分27秒  /  コメント( 0 )

新宿歴史博物館

迷いながらようやく たどり着きました。新宿歴史博物館
なんとなく場所は掴んで行ったのですが、手前の矢印を曲がって 行き過ぎてしまいました。細い露地をくねくね行くのです。こじんまりと 落ち着いた雰囲気の博物館 常設は遠慮して

企画展 『牛込 神楽坂の文士たち』 がお目当てです。(7月4日迄)

大きな漢詩の6曲屏風は 大田屬山人(1749~1823) 江戸時代の文人 狂歌師です。人を食ったような 天真爛漫 でもちょっとハスに構えた 筆振りです。

辞世の句が残されています。<今迄は人の事だと思ふたに 俺が死ぬとは これはたまらん>なんかちょっと 出来過ぎじゃ〜ないでしょうか?

荻生徂徠 宇野浩二 北原白秋 淡々とした泉鏡花の書などもありましたが、日本橋浜町に生まれて牛込横寺町に長く住んだ 尾崎紅葉の資料が沢山ありました。

小説の草稿 俳句短冊の達者な筆文字 印影(落款の雅印を押したもの)が50個も並んだ半切大の掛軸 葬儀の写真までありました。

新劇で有名な 島村抱月は ここに芸術座の活動拠点を置いていたようで、松井須磨子 初代水谷八重子もここで生まれ 暮らしていたようです。

今も露地には 人情が漂う神楽坂 多くの文人墨客の足跡が染み付いています。

色町としても有名でしたが、今 藝娘さん達は どれくらいおられるのでしょうか?
えっ そんなこと どうでも良い ですか? でもちょっと 気になりません??
                      10/06/12   書道墨画担当 畑田穂苑

新宿歴史博物館 http://inoues.net/museum2/edo_shinjyuku_m.html


Posted at 2011年12月17日 13時15分27秒  /  コメント( 2 )

墓誌銘の話

日本では 今 『墓誌』と言えば お墓に名前や戒名 没年 生年 等を石に彫って建てられていますよね。お葬式の形も変わり 中にはお墓は要らない 戒名も要らない 散骨が良い • • • ?

秦の始皇帝は 自分の功績や 知らせたい事などを彫って あちこちに 石碑を建てて歩きましたが、 その後お墓に 墓主の生前の地位や功績などを彫って建てるのが 流行し競い合うようになりました。

単なる墓誌ではなく 顕彰碑 としての『墓誌銘』というわけです。

後漢の曹操が (1世紀〜2世紀頃)虚栄心ばかりで派手になり 宜しくないと 禁碑令を出しました。でもやはり なんとか残したい そこで石は小さくなり 地中に埋められるようになりました。

地中に埋められていたお陰で 美しい状態で掘り出され、特に生前の徳を讃えたところから 殆どが謹厳実直な『楷書体』で判り易いのです。 

その『墓誌銘』を集めた展覧会が 台東区立書道博物館で始まりました。 

タイトルは『墓誌名にみる 楷書の美』です。(5月18日〜7月11日)

墓誌銘には必ずしっかりと年号が彫られています。一口に『楷書』といっても 時代によって
書風も変わり 石碑の形も変わって来ました。その時代の人々の美意識の変化がはっきり判る重要な展覧会です。

拓本だけでなく 貴重な原石も展示されるようです。6月6日(日)と7月4日(日)は無料でギャラリートークもあるようです(要 入館料 事前申し込み)

えっ 貴方も墓誌銘を作りたい? それはここではちょっと • • ご免なさい!
でも ご参考には • • • なるかも 知れません!
                   10/05/19  書道担当 畑田穂苑
台東区立書道博物館  http://www.taitocity.net/taito/shodou/


Posted at 2011年12月17日 13時13分18秒  /  コメント( 0 )

中村不折と明治の書

     書道博物館 企画展のお知らせ 3月13日〜5月9日
早いもので 上野界隈の桜は今 いっせいに花吹雪です。寒さに何回も揺り戻され 今年の桜はちょっと可哀想なほど 長持ちさせられた?ようです。

これからは 枝垂桜 八重桜が 席巻の番 となります。大阪造幣局の桜が今日から一般公開となったようですが あちらは八重咲きが多く えっこれが桜?と言うくらい チョー ド派手 です。
それは見事ですけれど。

えっ 桜の話では ないだろうって? ご 免 な さ い

そうでした そうでした 書道博物館といえば ついつい桜が先にくる。

なんと言っても 桜の名所に囲まれたような博物館ですから!

今の企画展は『中村不折と明治の書』特に明治の文豪達との交流を中心とした 展覧会です。

不折と交流のあった文豪、、と言えば 夏目漱石 島崎藤村 伊藤左千夫 正岡子規 そして森鴎外。

中国書道史 日本書道史 書道を学ぶ者は必ず勉強するものですが、それだけで独立分離しているわけではありません。大きな歴史の1部分でしかないと言う事を 理解しておく必要があります。

なぜ 篆書が生まれたか 隷書は? 楷書や行書よりなぜ草書が先?
み〜んなその時代に必要とされたから 

奈良時代できたてほやほやの『かな』から 平安時代の 『かな』 鎌倉時代 室町時代 江戸時代 明治時代 同じかなでも随分趣が違いますよね。

その時代の民衆がどんな字を求めたか? どんな字に喝采を送ったか?

なんとなく 判る気 しません?
長い眠りから覚めた 明治の日本が日清戦争を通じて 書のルーツを目の当たりにし、何を思い何に感じたか その答えが今回の企画展にありそうです。

不折は多くの文人の挿絵や装丁をしながら 多くの文人に愛され 鴎外等は 『自分の墓は、森林太郎墓 ノ他 一字モホル可カラズ。書ハ中村不折二依頼シ • • • 』
という遺言を残して夭逝しています。

上手い! とは言えない不折の書が なんだか輝いてみえます。

やはり 書は人なりです ね。     10/04/14   書道墨画担当 畑田穂苑

4月25日(日)には午前と午後の2回 ギャラリートークがあります(要 予約)
台東区立書道博物館 http://www.taitocity.net/taito/shodou/


Posted at 2011年12月17日 13時10分12秒  /  コメント( 1 )

顔法は偉大!

亡くなった書家 青山杉雨が 良く 『一碑一面貌=いっぴいちめんぼう』をスローガンにしていた事を思い出しました。本家はこの人 『顔真卿=がんしんけい』です。

以前 お知らせした 書道博物館の『顔真卿特集』展
12月23日迄というのでようやく行って参りました。

今回の目玉はなんと言っても直筆の『自書告身帖』 現在たった2点しかないという直筆(もう一点は台湾の『祭姪文稿』)チョー重要作品!

顔さん72歳の作品です。皇太子の教育係に転任となった彼に 皇帝が出した辞令書を 彼自ら書いたもので 謹厳実直 忠義を尽くす自分以外 皇太子の教育に適した者は他に無いといった文章で、波乱万丈 最後は74歳で 李希烈に惨殺された彼の 得意絶頂 溢れる喜びをあえて押さえた 律儀な筆使い これぞ顔真卿!!

小さな不正も許せず、ただただスジを貫き通し争いの絶えなかった彼の 激情ほとばしる作品の中のこれは 穏やかとも言える書風です。

これが売りに出された時 どんな財閥も手が出なかった チョー高値(500円で総檜作りの家が買えた頃なんと3万円だったとか)、どうしてもアメリカやヨーロッパに流れるのを防ぎたかった中村不折氏が 分割でやっと手に入れたこれは なんと手付け金が5000円だったと言うのです。

さすが顔真卿 書道界の末席の そのまた末席を汚すこの私の チョー高嶺の花 

初めて彼の臨書をした時 こんなしつこい男とは 付き合えない、というのが詳しく彼の事を知らなかった私のピンと来た直感 案外的を得ていた? 

でも彼の 蚕頭燕尾 肉太のあの線はやっぱり偉大な彼の チョー大きな遺産 • • •   というわけです。           09/12/13   書道墨画担当 畑田穂苑

台東区立書道博物館 http://www.taitocity.net/taito/shodou/


Posted at 2011年12月17日 12時56分34秒  /  コメント( 0 )

美術は永久に

   日展  国立新美術館

行って参りました。秋はやっぱり
   これを見ないとね。
    

日本画 洋画 工芸 彫刻 書道 全部で一体何点位 展示されているのでしょう。
いや〜疲れました。正に日展疲れです。

無論お目当ては 書道なのですが、一楷は日本画と洋画 なんと書道は三階です。しかたなく一楷から順番に • • 

日本画は大分前からすっかり厚塗りになってまるで洋画みたいです。色はほんとうに難しい だんだん高価な画材を塗り重ねるようになってしまいます。

それが 難しいので私は今でも墨に拘っています。

墨だけで質感を出すのは それはそれで難しいのですが、色を使いだすときりがないのと どんなに逆立ちしても(逆立ちは実はいまだに出来ないのです。)

自然の色に適わないので 諦めの心境というのが本当のところです。

洋画も立体的な作品が多いのですが 全体に日本画よりは 画材のせいで明るい雰囲気でした。
今年も黒いリボンのついた作品が沢山目につきました。ああ あの方も この方も(大山忠作さん 森田茂さん)ちょっと寂しい気分で 色の洪水を浴びてようやく三階へ。

墨狂いと自称している私は ほっとするのです。いつも尊敬の気持ちで拝見している大御所の作品(11 12 13室)は少しゆったり飾られているのですが、その他は一室に60もの作品がぎゅうぎゅうに飾られていてほんとうに窮屈です。

なんとかならないのでしょうか?といつも思うのです。

それに今回は 雅印がびっくりするくらい 大きいのが何点かありました。ちょっと『オレオレ』という感じで品がない?

この頃感じるのは かなの作品は 墨の潤渇を意識しているのですが 漢字の作品には殆ど感じられないのが多い それに 達筆過ぎて線の軽い作品が多く目につきました。

言うは易く 行うは難し ですね。多いに勉強をさせて頂きました。良い物を沢山見て 感じて肥やしにして 良い作品を作りたいものです。天高く馬肥ゆる秋とか • • •
メタボは困りますけれど • • • ね。
                  09/11/29  書道墨画担当 畑田穂苑.
国立新美術館 http://www001.upp.so-net.ne.jp/datespot/drive-tokyo/nact.html


Posted at 2011年12月17日 12時53分16秒  /  コメント( 1 )

暑さに負けず!

文化書道 埼玉連合会展 行ってきました。
7月24日〜26日迄 浦和の埼玉会館で開催されていました。

昔の仲間が出品していますから 旧交を暖めに行きました。

なぜか書道展は酷暑 酷寒の季節が多いのです。まるで マゾ? 
そこへいくと 絵画展は春 秋が多いのです。これは私のヒガミでしょうか?

うだるような暑さの中 熱の籠った作品の数々 嫌が上にも体感温度は上昇します。


    会場風景 墨画(南画といいます)の作品もありました。 09/07/27


Posted at 2011年12月17日 12時40分17秒  /  コメント( 0 )

タイの風 ”98



現地民芸品の背負い籠に            色鮮やかなタイの花達
                      09/06/15 華道担当 畑田益惠(穂苑)


Posted at 2011年12月17日 12時36分55秒  /  コメント( 0 )

ドタバタ シドニー大...

`06、9月25日夜の成田空港は団体の学生さんでごった返していました。

この日 私は所属する書道団体が38回目の展覧会を控え その準備の会合が鳩ヶ谷であり
シドニーへは行かれないと 再三お断りをしていたのですが、どうしても参加して欲しいとの要請を受け 一足遅れて一人で成田を発ちました。
ひと眠りすればシドニーです。時差の無いオーストラリアはその点とても楽なところです。

空港に出迎えてくれたスタッフは 私をホテルで着替えさせ そのまま会場のシドニー大学へ直行です。あまりに立派なキャンパスにはびっくり仰天です。ハバナ大学もなかなか立派なキャンパスでしたけれど、、、。ちょっと日本ではお目にかかれない荘厳な建物です。

途中参加で ウエルカムパーテイに出席できず ちょっと様子が判りません。会場も最初から参加の助手の指示で既にすっかりできあがっており すぐにエキジビション そしてデモンストレーションへと 流れて行きます。
今迄の会場と違い講義ができる教室で 実技の後には用具の説明 漢字の話 ちょっと書道の歴史の話等をして デモンストレーション 

このイベントのタイトルが『煌;きらめき』というので それをメーンに『花』という字を書体を変えて書きながら 説明していきました。

私の墨画の作品の感想なども 参加者の皆さん 率直に語ってくれて芸術(ちょっと オーバーかな?)に国境は無いと確信を持ちました。

どこへ行っても暖かい歓迎なのですが 今回はちょっと宣伝不足の感じは否めません。思った程はお客さんが集まらず スタッフも首を傾げています。

集客は現地任せなところがあり仕方ないのですが、日本にいてもなかなか見られない 先生方の伝統芸が今回はちょっと勿体ない感じで 日本舞踊 津軽三味線 ハーモニカ演奏 の会場も空席が目立ち残念な思いをしました。

参加の先生にも多くのドタキャンがあったらしく 大分損失が出たのでは?と気になるところです。外務省の要請で もっとしっかりした体制作りをしなければならないとの話も聞き J.L.C.の今後がちょっと気になるところです。

一期一会の巡り会いを大切に 日本伝統文化を大切に 日本人の誇りを大切に、、、切実な思いです。
                  09/04/21 書道 墨画担当  畑田穂苑
J.L.C.日本生活文化交流協会http://www.25today.com/column/2006/09/post_133.php


Posted at 2011年12月17日 12時28分20秒  /  コメント( 0 )

キューバの青い空

バデイスタ軍人大統領から政権を奪い 社会主義国となってから まだ50年そこそこのキューバ

 国立ハバナ大学が 今回の文化交流の会場です。

貧乏人のユートピアを作ると言った カストロの言葉通り 教育と医療は全て無料のキューバアメリカの厳しい経済制裁を受けて この国は今ナイナイ尽くしです。

でも思った以上に市民は明るく 日本だったらめちゃめちゃ高く売れそうな ばかでかいアメ車のクラシックカーが 大手を振って走り回っていますが ガソリンがなかなか手に入らないと 嘆いていました。

3人寄れば サルサ でも読み書きができなければ 資本主義者に騙されるという事で 非常に教育熱心で 特に医療のレベルは世界一だと胸を張っています。

紙が不足している事もあって 用意したエキジビション用の画仙紙は あっという間になくなり2日目の為に早々と 店じまいをする有様です。

長々と墨に魅せられてトライしていた若い女性が どうしても 筆 墨液 画仙紙を売って欲しいというのです。
何処へ行っても必ずこう言う人がいるので 学生用の安い物を持って行って 原価で譲っているので、O.Kしましたが 欲しいと言われた物を計算すると 日本円で1000円近くになるのです。
すると彼女 一寸考えて 今持ち合わせが無いので明日必ず来るから取っておいて欲しい というのです。

彼女が帰った後で 現地の通訳が 彼女には無理だ 1000円と言えば この国の一ヶ月の給料だというのです。びっくりした私は それでも彼女の為に 取っておいたのです。

絶対来ない という通訳
 
次の日ホテルからバスを乗り付けた校門の前で 彼女が目敏く私を見つけて 大きく手を振っているではありませんか。

通訳曰く 賭けなくて良かった、、、賭ければ良かったと 私 

でも何よりも彼女の芸術に賭ける 熱い思い(えつ?そんな大げさなものじゃないって? だって給料一ヶ月分ですよ!!)に私の胸も熱くなって 思わず紙をたくさん 上げてしまいました。 うる うる
               09/04/12 墨画 書道担当 畑田穂苑

(後日談)オバマアメリカ大統領が キューバとの関係改善に 動き出しました。
     チェンジ できる YES WE CAN !!  賭けましょう ビバ ゲバラ!


Posted at 2011年12月17日 12時26分24秒  /  コメント( 0 )

 1  2  | 次へ