東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー

有名人の文字

        

台東区立 書道博物館 この人どんな字? 近代日本の文豪達
http://www.taitocity.net/taito/shodou/   9月19日(水)迄 月曜休館

8月12日(日) 11時〜 キッズセミナー 小中学生対象 要 往復葉書での申し込み

犬養毅 森鴎外 伊藤左千夫 正岡子規 与謝野鉄幹 夏目漱石 そしてこの美術館創始者 中村不折 etc etc この中の誰をご存知ですか? み〜んな知っています?

伸び伸び筆文字 犬養毅 不折宛の書簡 ちょっと気取った森鴎外不折画集の題辞 伊藤左千夫の不折を送る短歌十章 正岡子規 与謝野鉄幹 夏目漱石達 不折宛の書簡 

書は人なり  それぞれみんな個性的 不折がいかに顔が広かったか? ほんとうに           スゴイ!

i以前 田中角栄という総理大臣がいました。そうあの田中眞紀子さんのお父さん。ロッキード事件で失脚してしまったけれど あの人は中学しか出ていなかったけれど 立派な筆文字を堂々と書いておられた。

同じ頃共産党の書記長に不破哲三と言う人が居た。こちらは東大を出ているのに なんとも イジケタ悲しい字で本当に東大出なのか判らない程 ひどい筆文字を見た事がありました。

小学校も高学年になると 受験勉強が忙しくなって 半分は書道を辞めてしまう。

私に言わせれば 子供の尻を叩いて 少し偏差値の高い学校に行かせるくらいなら 伸び伸び勉強で筆文字が上手くなった方が 将来ずっと為になる と思うのですが…… 

皆さん どう思われますか?

そう云えば 以前の森永製菓の社長 森永嘉平太さんが立派な筆文字を書いておられた。
あの字を見ると 森永のお菓子がもっと美味しく見えるのは不思議な事でした。

下手で良い 下手が良い な〜んて言った絵手紙の創始者がいたけれど、下手が嫌だから一生懸命稽古をするのじゃ〜無いでしょうか?

でも良寛さんは嫌いなものに 書家の書 な〜んて言っていました。
上手くてこれ見よがしの字はお嫌いだったようで、誤字 脱字いっぱいの彼の筆文字は心が温かくなります。

やはり字はお人柄……ですよね。      12/07/26 書道担当 畑田穂苑

Posted at 2012年09月28日 18時20分03秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*