東京都台東区のばんぶうはとあかでみいは、書道、ペン字、水墨画、華道、茶道、着付、小唄などの受講生を募集しております。
メインメニュー

12 日本の書展

   

全国書美術振興会 http://shobi.or.jp/ が主催する『日本の書展』 6月24日迄
六本木 新国立美術館 に行って参りました。

ひょんなご縁で昨年からお邪魔しております。関西で5月24日〜始まった当展は7月10日(火)の九州展迄 巨匠(15名) から代表(71名) 

そして委嘱 招待 秀抜 迄 およそ1500余点 
これ以上は考えられない程 一流書家の大規模展です。 

 

中でも特に印象に残った2点を ご紹介します。左は 秀抜でひときわ目を引いた 小泉壺藍先生の条幅 料紙はうっすらと竹が描かれています。軸の絹地がまた作品にピッタリです。

我が家の床の間に欲しい一幅です。素晴らしい の一言です。

右は代表部の田中節山先生 かるみ と 力強さ 見事にドッキング です。
私の目指すのは 正にこれ!! いつ足下に近づけますかね〜

杉岡華邨先生 今井凌雪先生の黒いリボンが 世代交代を告げていました。
時は必ず過ぎていきます。矢のように……ね。  
                      12/06/19 書道担当 畑田穂苑

Posted at 2012年09月28日 18時19分26秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*