健康維持のサプリならメビウスライフ、アサイーベリー、グルコサミンコンドロイチンを初めとしたアイアール研究所・メビウスライフの健康補助食品を!新着情報をお伝えいたします。
メインメニュー
健康豆知識

その腰痛の原因は、、毎日のなにげない動作かも、、

今朝、近所の小学校では、賑やかに運動会がおこなわれていました。
まさに、”スポーツの秋”ですね。


私も、いつまでも元気でいたいので、 ”運動を!”とは思うのですが、、
最近はずっと、"腰痛”とお付き合いしている状況です(><;


皆さんの中にも、腰痛持ちの方もおられるのではないでしょうか。

日頃の何気ない動作が意外と腰に負担を掛けているようです。
そこで、今回は腰に負担をかけない日常動作をご紹介しますね。

  ■ キッチンには高めの腰かけを

  炊事などで前かがみになる時間が長いと腰に負担がかかります。
  ちょっと腰掛けられる椅子があると、立ち続けずにすみます。
  
  ■ 庭仕事は椅子に座って

  草取りなどのガーデニング作業は、しゃがむよりも低い椅子に
  座って行ったほうがラク。風呂用の椅子などを利用すると便利です。
  
  ■ 運転中はシートに深く腰掛ける

  シートに浅く腰掛けると前かがみの姿勢になって腰に負担がかかります。
  深く腰掛けてシートの背もたれをお尻や背中に密着させること。
  
  ■ 仰向け寝を習慣づける

  腰椎にかかる負担は、仰向けに寝た姿勢が最も少なくなります。
  うつ伏せは背骨の曲がりを強めて腰を痛めやすいので要注意です。
  
  ■ 物を持つときは腰をおとす

  前かがみになって腰の力だけで持ち上げようとすると腰にとって危険です。
  必ず物の近くに寄って、膝を曲げて腰を落としてから持ち上げましょう。
  
   
   
腰は文字通り、”身体の要”です。

腰痛がひどいときは、歩くだけでも辛く、、姿勢も一気におばぁちゃんに、、(><

いつまでも若々しく、美しい姿勢を保つためにも、毎日の生活で気をつけて行きたいですね。

Posted at 2010年10月15日 16時41分58秒

食欲の秋・・でも糖質を抑えて太らない秋に!

食欲の秋、、ですね。

”おいしいものをたくさん食べて、きれいにやせたい!!”

そんな貴方に、最近話題の本「やせる食べ方」を執筆された、
京都の名医、江部先生が提唱されてる「糖質制限食」を紹介します。



キーワードは「糖質制限」 だけで、あとは面倒なカロリー計算は不要で、ステーキもOK、お酒(蒸留酒、赤ワイン)も飲めます。

あんまり簡単なので、「ずぼらダイエット」
美味しいものいっぱい食べれるので、「美食ダイエット」
食べたいだけ食べてもOKなので、「満腹ダイエット」
とも言われるそうです。

★★糖質制限食10か条★★ 
ゝ介、肉、豆腐、納豆、チーズ等たんぱく質や脂質が主成分の食品はしっかり食べる。
糖質、特に白米・白いパン・麺類・菓子・白砂糖など、精製された糖質は極力控える。
主食には玄米・全粒粉を。
ぐ料は牛乳・果汁を控え、豆乳・水・番茶・麦茶・ホウジ茶などを摂る。
ヌ邵據Τち堯Δのこ類は適量、果物は少量にとどめる。
Εリーブオイル・魚脂(EPA・DHA)は積極的に摂る。リノール酸は減らす。
Д泪茱諭璽此Ε丱拭爾眤臂翩廖
┐酒は、蒸留酒(焼酎・ウイスキー・ブランデー)は大丈夫。醸造酒(ビール・日本酒)は控える。
つまみはチーズ・ナッツを中心にする。菓子・ドライフルーツは控えるできるだけ、化学合成の添加物の含まれない食品を選ぶ。


10箇条、一度にはできないけど、、

”すっきり美人”めざして、できることからチャレンジしてみませんか?

Posted at 2010年10月01日 17時10分31秒  /  コメント( 0 )

心の健康に、1日5分自然の中で運動を・・

朝晩、涼しくなり、すっかり秋らしくなりましたね。


イギリスの研究者が、イギリス在住の1,252人を含む、10の研究データから分析した結果によると、

ウォーキングやガーデニング、自転車に乗るなどの屋外での活動を、

1日たった5分でもやっている人は、自尊心を高く保ち、良い雰囲気を持っている傾向があるそうです。

一日5分自然の中で運動をすれば、心が健康に保てるのだそうです。



さわやかな秋空のもと、

皆さんも、ほっと出来る場所で、ウォーキングしたり、自転車に乗ったり、

犬の散歩をしたり、ストレッチしたりしてみませんか?

Posted at 2010年09月24日 16時14分31秒  /  コメント( 0 )

秋バテにご注意を。

秋は、夏の疲れを回復させ、冬の寒さに備える季節です。

冷たいものをグビグビ飲む、お風呂はシャワーのみ、薄着のまま寝る、
といった夏の生活習慣を見直し、体を秋モードへ移行させましょう。

体力や食欲をきちんと回復させておかないと、
スポーツの秋、食欲の秋を楽しめなくなってしまいますからね。

夏バテを引きずったまま秋を過ごし、寒い冬へ突入すると・・・
いつの間にか、“夏”バテが”秋”バテへ、、
ついには“慢性”疲労になってしまうかもしれません。

疲れた体には、十分な栄養と休養を・・・。

毎日の食生活や生活習慣をほんの少し気をつけるだけで、
夏バテの症状は予防、緩和できます。

今のうちに夏バテを一掃し、豊かな秋を、ゆったり楽しみましょうね。

Posted at 2010年09月10日 14時56分52秒  /  コメント( 0 )

夏のくすみを秋に持ち越さないために

夏の終わりの肌はくすみがち。

これは強い紫外線と冷房にさらされることが多い、
夏特有の環境が影響しています。

くすみの原因となるメラニン生成は紫外線が、
血行不良は冷房が原因です。

そしてこの環境によって、ストレスを感じた肌はターンオーバーが乱れ、
角質の肥厚を起こします。

そして冷房と、肌へと水分が行き渡りにくくなった角質肥厚によって、
乾燥とキメの乱れへつながるのです。

そこでくすみを解消するために、まずは角質を

ふきとりローションをコットンに含ませ、
こすらないように無理なく角質を落とします。
乾燥肌の方でも角質ケアは必要です!

そしてホワイトニング効果のあるローションをたっぷり使って、
うるおいを補充し、メラニン対策を行います。

次に補充した水分を肌の奥へと閉じこめるため、
保湿クリームでしっかりとカバーします。


最後に血行をよくするためにマッサージクリームやオイルを使って、
力を入れずにやさしくマッサージをします。

シミやシワ、たるみなどに比べて、くすみは自分で気が付きにくいものですね。

でも、これから迎える冬の過酷な環境の前に、
今からくすみを解消して
寒さに映える、華やかフェイスをキープしましょうね。

Posted at 2010年09月04日 14時55分41秒  /  コメント( 0 )

お肌の暑さ対策にお勧め☆ローションパック☆

夏は汗が出やすく湿気が多いため、お肌が潤っているように感じますが、
年中空調の効いたお部屋の中にいると、意外にお肌は乾燥しています。

紫外線による、肌ダメージも大きいです。

お手入れ不足のまま、秋に突入して、急にお肌が「がさがさ」とされた
経験のある方はいらっしゃいませんか?


潤い肌を継続するためのお手入れ方法として、ローションパックをお勧めします。


やり方は、とっても簡単です。

1.マスクシートを精製水でまんべんなく濡らす。
2.マスクシートを絞って水分を取る。
3.ローションに浸す。(少ししたたり落ちる程度。目安は10ミリ〜15ミリ程度)
4.10分ほどお顔の上に乗せる。

これだけです。

注意点としては、
●マスクシートは、お顔に密着させる。
(コインマスクやごわごわした硬いものは、密着しにくいです。)
●化粧水はけちらずたっぷり使用します。
少ないとマスクシートとお肌の密着度が低くなります。
●マスクシートが乾燥してくるまで、お顔の上に乗せないこと。
せっかく与えたお肌への潤いが、シートマスクが乾くときに
お肌の水分を吸収してしまうからです。

もう少し手間をかけたい方は、シートマスクをお顔の上に乗せた後、
ラップをお顔に密着させてください。
(お鼻の上と、お鼻の下の2枚で分けて、呼吸を妨げないようにしてください。)
体温で温まり、さらに成分の吸収がよくなります。



また、ホームケア用にアレンジした”、秘密のローションパック”の
やり方をご紹介します。

●洗顔後、化粧水でお肌を潤わせてから、クリームをお顔にたっぷりと塗り、
その上からローションパックをします。
このときは、ラップを使ったローションパックにするそうです。

パックを外した後、少し時間を置いてお肌に水分が吸収されてから、
最後にふたとして、クリームを塗っておしまいです。


効果が出にくい方は、5日間連続集中ケアを行ってみてください。
(※パック中に、かゆみや刺激がでた場合は、すぐにパックをはずしてください。)


まだまだ暑い日が続きます。

ゆっくり気分でローションパックをしながら、、
毎日がんばってくれている、お肌と心をゆっくりいたわってあげましょうね☆

Posted at 2010年08月25日 11時53分19秒  /  コメント( 0 )

暑さ対策を

毎日暑い日が続きますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか?

熱中症で倒れられる方が増えています。

熱中症は自覚症状がほとんどないため、気がつくのが遅くなる傾向があるようです。

熱中症の疑いがあるときは、まず、体温を下げましょう。
首のうしろ、わきの下、そけい部を冷やすと効果的です。

あと、水分補給をして、ナトリウムやミネラルを補給しましょう。
スポーツドリンクや天然塩などおすすめです。

体調管理も美肌管理の1つですよね。

Posted at 2010年07月25日 11時07分41秒  /  コメント( 0 )

血流アップの注目成分 シトルリン

最近、健康食品業界で期待が寄せられている成分”L−シトルリン”ご存知ですか?

L−シトルリンは、スイカ や キュウリ などの ウリ科の野菜に多く含まれます。

アミノ酸の一種であり、2007年8月に厚生労働省から初めてサプリメントなどの食品分野での使用が認可された成分です。


L−シトルリンには、
NO【一酸化窒素】を作り出したり、増やす働きがあります。
そして、
NO【一酸化窒素】には、血管を広げ、血流量を増やす働きがあります


女性には、冷え性の予防や改善むくみの防止
肩こりの改善ダイエットなどの効能が期待できます。


男性には、精力増強の効果などが期待されています。
シトルリンの効果により、血管が広がり、血流量が増え、
結果的に海綿体が充血
しやすくなり、増大するとのこと。

アンチエイジング世代としては、積極的に摂りたい成分ですね。

ちなみに、スカイ7分の1切れ程度で一日摂取量の目安、800mgをとれるそうです。

今の季節
スーパーに並んだスイカを見る目も違ってきそうですね。(^^


でも、ウリ科など、スイカは季節商品、、。

そこで、、

確実な効果を期待される方にお勧めしたいのが、、

当社の販売中の”高濃度マカ”です。

こちらの商品には、主成分のパワー素材マカを120mg(1日あたり)、この注目成分L-シトルリンを300mg(1日あたり)、高濃度に配合している
お勧め商品です。

早速、私も、シトルリン効果(むくみ・冷え改善・ダイエット効果)を期待して、飲み始めてみようと思います。(^^V


Posted at 2010年06月25日 11時20分46秒  /  コメント( 0 )

むくみ対策

先日、足やせを目指してエステに・・・

「”むくみ”がひどいですね〜」と指摘され

痛い痛いオールハンドのリンパマッサージを施術してもらいました。

その後から、
ずっと背中から肩・首筋がいたくて、、
4日たった今も痛みが消えません(><

こんなエステありでしょうか?

怖いエステに頼るのでなく、、
自分でこの”むくみ”をなんとかせねば、、と
ネットを検索して調べてました。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
むくみに効く食べ物は?

塩分や醤油などを控えて、素材の味を楽しむことを心がけましょう。
味付けの濃い食事は、ナトリウムの摂取量が多くなりがちで、むくみの原因にもなります。ナトリウムにはカリウムが細胞の浸透圧を調節してくれる役目をし、体内の水分調節をしていますので、利尿作用があります。
カリウムを多く摂取することで、余分な水分を排出しむくみに効きます。カリウムを多く含む食品は、じゃがいも、さつまいも、キノコ類、ほうれん草、玄米、海藻、ナッツ、豆類、そしてフルーツではバナナ、りんご、キウイ、スイカなどです。また、小豆のゆで汁なども良いようです。

また、クエン酸など、酸味の食べ物もむくみに効きます。疲労回復の効果があるだけでなく、代謝もスムーズにしてくれます。
柑橘類(グレープフルーツ)、トマト・梅干し・なども効果的です。

そしてビタミンEが多く含まれる食べ物も、血流を促してくれるので、むくみに効くをいわれています。野菜で言えばかぼちゃやモロヘイヤ。ナッツ類でいえばアーモンドの他に松の実なども意識的に摂取したい食品です。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


との、、こと。


いいものは、わかってても・・・・

お酒大好きな私にとって
定期的にこれだけの栄養素をしっかり摂るのは、、ちょっとキツイです。

とりあえず、、
簡単にお手軽にサプリで、、
香酢と梅がドッキングしてる、"香酢梅肉



カボチャ種子抽・ノコギリヤシエキス・ザクロ種子エキス・ビタミンEがはいってる
ノコギリヤシエキス”を飲んでみようかな?




と思っています。

後日、経過、報告しますね。

Posted at 2010年06月10日 16時29分32秒  /  コメント( 0 )

年に一度の健康診断を

先月、毎年恒例の健康診断に行ってきました。

検便採取とか、、前日からの食事制限とか、少々めんどくさいですが、、
大切な健康管理イベントです。


日本人の死因のトップは”ガン”
アラフィの私は、特に婦人科系の”ガン”が気になります。

定期的に健康診断を受け、早期発見、早期治療で乗り越えていきましょうね。

『予防にまさる治療はない』ですよね。


また、ガン防止において、日々の生活で以下の点に気をつけるといいそうです

◆ガンを防ぐための10ヶ条◆

(仗しないで、バランスのとれた栄養をとる。

同じ食品を繰り返して食べない。

食べ過ぎ、深酒はしない。

ぅ織丱海蝋気┐襦

ヅ量のビタミンA・C・Eと多くの繊維質を摂る。

Ρ辛いのもや熱いものを多量に取らない。

Г劼匹焦げた部分やカビの生えたものは食べない。

┣疆戮瞭光にあたらない。

ストレス、過労を避ける

体を清潔に保つ。

私は、半分もできてません(汗
気とつけないと・・・・(><

皆さん、いくつクリアできましたか?

Posted at 2010年06月01日 15時15分35秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2  3  4  5  6  7  8  | 次へ