健康維持のサプリならメビウスライフ、アサイーベリー、グルコサミンコンドロイチンを初めとしたアイアール研究所・メビウスライフの健康補助食品を!新着情報をお伝えいたします。
メインメニュー
健康豆知識

女性ホルモンをアップさせる食材5つ

肌や女性らしいボディを手に入れるためにも、生理不順や生理痛を改善したり、女性ホルモンのバランスが大切であることは、もうみなさんご存知ですよね。

そこで今回は、身近で毎日食べ続けやすい食べ物から、女性ホルモンをアップしバランスを整える食材を5つご紹介したいと思います。



■1:カボチャ

カボチャにはビタミンEが豊富。ビタミンEには脳下垂体や卵巣にはたらきかけ、ホルモンの分泌をコントロールする役割があります。

ビタミンEは抗酸化作用があることでも知られています。
ビタミンEが不足すると、老化の原因である活性酸素が増え、肌トラブルや生活習慣病などを招くので、積極的に摂る必要があります。

カボチャは煮るだけで食べられますし、少し手を加えて天ぷらにしたり、スープにしてもおいしくいただけます。



■2:卵

卵は良質なコレステロールを含む食材。
良質なコレステロールは、女性ホルモンの材料になるので、ぜひ毎日食べたいもの。
卵はビタミンCと食物繊維以外の栄養素をすべて含むため、“完全食”とも呼ばれています。



■3:大豆食品

豆腐や味噌などの大豆食品は、イソフラボンで有名です。
イソフラボンは女性ホルモンの1つ、エストロゲンに似た性質があります。
エストロゲンを摂りすぎると、乳がんや子宮体がんのリスクを高めますが、食事で補う分には余程の大量摂取をしない限り問題はありません。

大豆食品には、イソフラボンだけでなく、女性ホルモンの代謝とバランスを整えるはたらきがあるビタミンB6も豊富。
毎日お味噌汁を飲むことを習慣にすれば、継続して摂取することができます。



■4:キャベツ


キャベツには、女性ホルモンを活性化させるボロンという成分が含まれています。
かつて「キャベツでバストアップできる!」といわれていたのは、ボロンのはたらきに注目したものかもしれません。

キャベツにはホルモンバランスを調整したり、解毒作用もあり食物繊維も豊富。
野菜炒めにも、シチューやお味噌汁にも、スライスして添えるだけでもOKの食材なので、積極的に活用しましょう。



■5:ナッツ類

ナッツは今や美女のおやつとして定着しつつありますよね。ナッツはダイエットや美肌効果だけでなく、女性ホルモンのバランスを整える作用もあります。

さらにナッツに含まれるオメガ3系の脂肪酸には、イライラを改善する効果も。
ホルモンの分泌を司る脳下垂体はストレスに敏感なので、ナッツでストレス対策をするとよいでしょう。ぜひナッツを毎日のおやつにしてみてください。



女性ホルモンをアップさせる食材を5つご紹介しました。
今回は、頻繁に食べやすいものを選んでご紹介しましたが、まだまだ女性ホルモン活性に役立つ食材はたくさんあります。
1つの食材に偏らずバランスよく、女性ホルモンを意識した食事をしてみてくださいね。

Posted at 2013年07月12日 16時23分32秒  /  コメント( 0 )

スマホの意外な危険性

移動中の電車内では、ほとんどの人がスマートフォンを手にしている時代。

ですが、便利さの反面、スマホの長時間使用が
私たちの美しさを損ねているという恐ろしい事実もあるので、ご紹介していきます。

■スマホ顔になっちゃう

”スマホ顔”という言葉を聞いたことはありますか?

長時間うつむいた状態でスマートフォンの操作をすることで、ほほや顎のお肉が重力で垂れ下がってたるんだ状態になるということを言っているのです。

たるんだ二重顎では、見た目年齢もぐんと上がってしまいますので、気を付けなくてはいけません。

■疲れ目になっちゃう

最近、話題になったブルーライトという専門用語。メガネ専門店では、ブルーライトをカットするためのメガネが大ヒットしましたね。

実は、このブルーライトはスマートフォンの画面が発する光にも含まれています。散乱した光に対して、目がピントを合わせようとすることで、疲れ目の原因になります。

疲れ目の症状が重くなってくると、頭痛や肩こりの原因にもなってしまいますよ。

■不眠になっちゃう
就寝前にスマートフォンを操作すると、体内時計を正常に機能させるために重要なメラトニンというホルモンの分泌に影響を与えます。

画面からの明るい光を浴びると、身体がまだ夜ではないと誤解をし、メラトニンの分泌量が減ってスムーズに入眠できない、睡眠不足になるといった不調を引き起こします。

就寝前は室内を暗くし、スマートフォンの操作をやめることで、睡眠に関する悩み改善につながるはず!

■目尻のシワ、眉間のシワが増える

携帯画面の文字が小さくて、読むたびに自然と目を細めていることはありませんか? 
目を細めるという行為は、目尻のシワ、そして眉間のシワを作ります。そしてそれを繰り返して行くうちに、シワはいつのまにか深くなっていってしまいます。

最近目尻や眉間のシワが気になる人、もしくは「携帯見てる時、目細めてるね」などと指摘された方は、今すぐスクリーンの文字のサイズを大きく変えましょう。

また、液晶が暗い場合も目を細めてしまう原因なので、液晶画面は明るめに設定しておきましょう。

■シミが増える

携帯電話でついつい長く話し込んだ後、本体が熱くなり耳も熱を感じたことはありませんか? 

実はその熱からは紫外線が発生しており、シミの元となるメラニン色素が作り出されてしまうんです。

もちろん、携帯電話からの紫外線発生量は微量ではありますが、長電話をすることが多い場合は、マイク付きのヘッドホンやスピーカー機能を使って対策を行いましょう。

■ニキビができる

手で何度もタッチしたスクリーンを清潔にしないまま、顔につけて話してしまうとニキビや肌荒れの原因となってしまいます。

きちんとスキンケアをしているのに、おでこや頬、あご辺りに出来物が増えた方は、もしかしたら携帯電話が原因かもしれません。

対策としてはイヤホンを使う、こまめにスクリーンを抗菌性のシートで拭くなどして、清潔に保つことを心がけましょう



楽しいアプリが沢山あって、つい長時間操作をしてしまうスマートフォンですが、美容面でこんなに悪影響があるなんてちょっと怖いですよね。
これを機会に、ご自身のスマホライフを見直してみてはいかがでしょうか。

Posted at 2013年06月26日 15時17分55秒  /  コメント( 0 )

シワ対策できる美肌食材

6月は、一年でも紫外線UV-Aが特に多く降り注ぐ季節です。
みなさんは、きちんと紫外線対策していますか?

UV-Aはシワやたるみを引き起こす紫外線。

紫外線対策として、日焼け止めを塗ることはもちろん、
この季節だからこそ摂るべきおススメの食材があります。

今回は、“シワ対策できる美肌食材”を4つご紹介します。


■シワ・たるみ対策食材ベスト4

(1)アボカド

豊富なビタミンと良質な油を含むアボカドは、シワを防止します。
また、肌内部からお肌を潤わせるので、乾燥対策にもおススメです。
アボカドは、「世界一栄養価の高い果物」としてギネスに認定されています..
ぜひとも摂りたい食べ物です。

(2)トマト

活性酸素除去に役立つリコピンを豊富に含むトマトは、紫外線による細胞の破壊を緩やかにする効果があります。
リコピンは熱を加えても壊れにくいので、トマト料理のバリエーションも広がるのではないでしょうか。

(3)サーモン

サーモンに含まれるジメチルアミノエタノールは、肌のハリや弾力・たるみ対策に効果的です。食べる時はコラーゲンを特に多く含む皮も、残さず食べましょう。
また、焼きすぎるとビタミンEの1,000倍の抗酸化力を持つ、アスタキサンチンが損失してしまいます。火の通し過ぎには要注意です。

効率よく栄養を摂るためには、ビタミンCと一緒に摂るとより良いですよ。
なんと、韓国では、肌に弾力を与えるために、“サーモン注射”が流行っているようです。

(4)ザクロ

古代ペルシャでは「生命の果実」と言われていたザクロは、世界三大美女の楊貴妃が好んで食べていました。
女性ホルモンの一種エストロゲンがコラーゲン生成に役立つので、シワやたるみ予防におススメです。


外からだけでなく、内からも紫外線対策をしていきたいですよね。
秋や冬になって後悔しないように、今からきちんとした対策をしたいものです。

Posted at 2013年06月07日 17時35分10秒  /  コメント( 0 )

シミ対策は内側から!美白効果のある身近な食べ物5つ

紫外線が気になる季節がやってきましたね。

みなさん、日焼け止めやスキンケアで美白対策をされていると思います。
本気で美白を目指すなら、外側からのケアと同時に内側からのケアもしっかりしたいところ。

今回は、美白効果のある食べ物を5つご紹介したいと思います。

■1:トマト

トマトにリコピンが含まれていることは、多くの方がご存知ですよね。
そのリコピンには実は美白効果があるのです。
リコピンには、メラニンのもとになるチロシナーゼという酵素の活性化を抑えるはたらきがあり、メラニンの生成を防いでくれます。

トマトは体を冷やす性質もあるので、これからの季節、熱中症対策にもなります。


■2:カボチャ

カボチャにはビタミンCが多く含まれています。
ビタミンCが含まれている食材はたくさんありますが、調理で失われてしまうものも多いです。
でも、カボチャは煮つけにして食べれば、あまりビタミンCが失われません。

カボチャには、他にもビタミンE、ビタミンAに変わるβカロチンといった抗酸化力のある成分も含まれているので、美肌には欠かせない成分がいっぱい! 食べないと損です。


■3:鮭

アスタキサンチンを多く含む鮭にも、美白効果が期待できます。
アスタキサンチンは抗酸化力が高く、紫外線を浴びて発生する活性酸素を除去するはたらきがあり、メラニンが増えるのを抑えてくれます。

鮭を買うときは、よりアスタキサンチンが多い、赤みが強いものを選ぶようにしてみてください。

■4:玄米

玄米には、ポリフェノールの一種であるフェルラ酸が多く含まれます。
フェルラ酸は、メラニンを作る酵素チロシナーゼのはたらきを抑えるとともに、アルツハイマーや高血圧の予防にもよいといわれている成分です。

また、玄米はビタミンやミネラルも豊富なので、代謝をよくしてメラニンの排出を助ける効果も。白米を食べている方はぜひチェンジしてみてください。


■5:蕎麦

蕎麦には、抗酸化力のあるルチンやビタミンE、チロシナーゼのはたらきを抑えるシス・ウンベル酸が含まれています。

蕎麦ばかり頻繁に食べるのは栄養バランス上よくないので、蕎麦茶を取り入れるとよいでしょう。ペットボトルのものや、煮出しパックのものが売られているので、活用してみてくださいね。

美白効果のある身近な食べ物をご紹介しましたが、いかがでしたか? 

どれも身近な食材ですので、ぜひ積極的に献立に取り入れてみてくださいね。

Posted at 2013年05月29日 13時39分14秒  /  コメント( 0 )

食生活改善の合言葉 「まごわやさしい」

『まごはやさしい』とは、、

食品研究家で医学博士の吉村裕之先生が提唱されているバランスの良い食事の覚え方です。

それぞれに特長や高い効果のある食材の組み合わせで、日本には昔からあるおなじみの食材ばかりです。

下記食材、『まごはやさしい』を食生活に取り入れることで、

生活習慣病予防、
コレステロールダウン、
老化予防、
皮膚や粘膜の抵抗力強化、
疲労回復、
骨・髪・爪 を丈夫にする、

など 多くの健康・美容効果があると言われています。

(まめ)=大豆、小豆などの豆類、納豆・豆腐などの大豆加工食品
       (タンパク質、マグネシウム、カリウムなどのミネラルが豊富)

(ごま)=ごまやピーナッツなどの種実類
       (老化予防の抗酸化栄養素が豊富)

(わかめ)=わかめ・ひじき・こんぶ・めかぶ・のりなどの海藻類
        (水溶性食物繊維・カリウム・カルシウムが豊富)

(やさい)=緑黄色野菜、淡色野菜、根菜
        (カリウム・鉄・ビタミン・食物繊維など、栄養の宝庫)

(さかな)=特にあじ、イワシなどの青さかな
        (DHA・EPAなど良質タンパク質が豊富)

(しいたけ)=しいたけ・きのこ・えのきなどキノコ類
         (ビタミンD・食物繊維が豊富)

(いも)=さつまいも・さといも・こんにゃくなどイモ類
          (腸内環境を整える食物繊維が豊富)

一食ですべてを取り入れるのが難しい場合は、一日の食事ですべて取り入れる形でも。

各頭文字の食材は1種類しか取り入れられないわけではなく、
一食(一日)に何種類でも取り入れてOK。

なんといっても、健康は毎日の食事から!
今日から、実践してみては?

Posted at 2013年05月16日 13時44分48秒  /  コメント( 0 )

美肌、ダイエット、整腸、アンチエイジング、万能食材は、やはり納豆

納豆は栄養バランスに優れた食品で、ナットウキナーゼという酵素によって、強力な血栓融解作用(血液サラサラ効果)が抜群。
その健康効果には目を見張るものがあります。

またご存じの通り、一時期美容に効果があることからイソフラボンブームの火付け役にもなりましたが、納豆には女性ホルモン・エストロゲンと同じ働きをするイソフラボンが含まれているので、日頃のホルモンバランスを保つにも最適。

また、リノール酸といった体内では合成できないため必須脂肪酸等も含まれており、血中コレステロール値を下げる効果や動脈硬化防止作用を期待でき、内側からのアンチエイジング効果もあるという、まさに自然の美容薬とも言えそうです。



■全国の納豆のおいしい食べ方

そんな日本人の美と健康の源である納豆の食べ方ですが、醤油と辛子をを入れてかき混ぜ、ご飯にのせて頂くというのがポピュラーかと思いきや、地域によって様々な食べ方で親しまれているようです。

調べてみたところ、こんなおいしい食べ方がありました!

(1)ハクサイの漬物を入れる/ 福島県

(2)味噌汁に入れる(納豆汁)/山形県/岩手県/秋田県

(3)雑煮に入れる(納豆汁)/熊本県/福岡県

(4)刻んだ切り干し大根を混ぜ込んで醤油で味をつける(そぼろ納豆)/茨城県

(5)天日干しする(干し納豆)/茨城県

(6)塩と糠をまぶして鉄鍋で炒る(塩納豆)/山形県/高知県

(7)ごま油、ショウガ、ニンニクで炒めた鶏の挽肉と和える(スタミナ納豆)/鳥取県

(8)チーズ、パセリ、醤油、砂糖を加えて混ぜる(納豆あえ)/愛知県

(9)馬肉を和えて醤油で味をつける(さくら納豆)/熊本県

関東の人はちょっと変わった食べ方に感じてしまうものが多いですね。しかし、ただ混ぜるだけのものはすぐにできて美容にもよさそうなので、試す価値がありそうです。


早速、今夜食べる納豆はいつもと趣向を変えて違う一品に変身させてみては? 

新しい発見があるかもしれませんよ。

Posted at 2013年05月08日 17時19分14秒

デスクワークの知られざる危険性 ”座りすぎ”

毎日のデスクワークに、家に帰ってもテレビの前やパソコンの前に座ってばかり。

でも、これが当たり前になってしまって、疑問に思うこともなかったりします。

じつは、この生活、"座りすぎ"かもしれません!

デスクワークで座って過ごす時間の長さは、一日平均9.3時間にもなり、平均睡眠時間の7.7時間よりも長いとのこと。

さらに、長い時間を座って過ごす生活を続けていると、
乳がんや結腸がんのリスクがそれぞれ10%増加するほか、心臓病のリスクは6%、2型糖尿病のリスクは7%高まるというから、無視できませんね。


でも、なかなか仕事のスタイルは簡単には変えられないもの、、、、。

まずは、"座り過ぎ"を意識をして、仕事の合間に席を立ってストレッチをしてみたり、
お昼は外に散歩にでてみたり、リフレッシュをする時間を作る必要がありそうです。

また、通勤の電車も座りたいのをぐっと我慢すれば、座っている時間を減らすことができます。

お休みの日も、料理をはじめ、掃除や洗濯などのいつもの家事を丁寧にすることで、
立っている時間を増やすように心がけるといいかもしれません。
心身のリラックスにもつながりますね。


当たり前になった”座りすぎ”。

ますます健康で輝くためにもこれから注意していきたいですね。

Posted at 2013年04月20日 12時44分34秒  /  コメント( 0 )

春、デトックスの季節です。

桜も散り、いよいよ春本番ですね。

冬の間、体は寒さから身を守るために代謝機能が低下して脂肪を溜め込むと同時に様々な不要物も溜め込んでしまいます。

だから、春は解毒の季節。

溜まった老廃物を排出することで、これからの季節をすっきりとした体で過ごしましょう。


そこでお勧めなのが”エステティックハーバルティー すっきり”です。
ハーブ、スパイス(キャンドルブッシュ・ルイボス・ハイビスカス・プアール・ローズヒップ)など全28種類の素材を独自製法でブレンドしました。

排出系のハーブティで、解毒作用が高く、毎朝のすっきりに強力にもアプローチします。

さわやかなグレープの香りと芳醇な味わいに心も癒されます。

愛飲しているスタッフによると、デトックス効果で肌や身体の調子もよく、
大変満足しているとのこと。

皆さんも、一度お試しくださいね。

Posted at 2013年04月10日 11時58分57秒

心地よい睡眠のためにストレッチを

不眠の原因のトップは「ストレス」と言われていますが、ストレッチは身体の緊張だけでなく、心の緊張もほぐしてくれるのです。

深い呼吸をしながらゆっくり筋肉を伸ばしていると、副交感神経が優位になり、心拍数が下がります。
これで全身がリラックスした状態になり、気分が落ち着くのです。

このようにストレッチは快眠の準備をしてくれます。
寝る前には特に以下のことに気をつけながら実践してみましょう。

1.無理をしないように、やさしく気持ちのいい範囲で伸ばす。

 寝る前に激しい運動をすると、かえって眠れなくなってしまうことがあるので避けましょう。

2.1カ所につき、10〜15秒かけて伸ばす。

 一つ一つの動作を丁寧に行い、じっくりと伸ばしましょう。1カ所につき、10〜15秒かけて伸ばします。

3.伸ばす時に息を吐く。

 ストレッチも筋トレと同様、呼吸が大事です。からだを伸ばす時にゆっくり吐きましょう。

4.反動はつけない。

 伸ばす時に動きに反動をつけず、あくまでも穏やかに行うことを心がけてください。



できればお風呂上がりに温まったからだで行うと、お風呂とストレッチ、両方の効果でリラックスでき、疲れも取れやすくなります。
お気に入りのアロマオイルなどで香りでもリラックスしながら行うのもいいですね。

Posted at 2013年03月20日 12時26分36秒  /  コメント( 0 )

ダイエットに乾物を食べましょう!

乾物とは、乾燥食品のことをいいます。

天日干しをして、水分を抜くことで、長期保存ができるように、昔の人が開発した食品です。

乾物は、水分が抜けることによって、栄養素が凝縮され、さらには太陽の光で化学変化が起きて、栄養価がアップするんだそうです。

乾物の中で、ダイエットにいい食品として有名なのは寒天ですね。

それ以外にも、干しシイタケ 切干大根、干しわかめ、高野豆腐、かんぴょう、ひじきなどの乾物は、すべて低カロリーなうえに、食物繊維、カルシウム、鉄分などのミネラルが豊富に含まれています。

長く保存が効く食品なので、食生活に積極的に乾物を取り入れてみるのはいかがでしょう?

Posted at 2013年03月11日 17時16分39秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2  3  4  5  6  7  8  | 次へ