健康維持のサプリならメビウスライフ、アサイーベリー、グルコサミンコンドロイチンを初めとしたアイアール研究所・メビウスライフの健康補助食品を!新着情報をお伝えいたします。
メインメニュー
健康豆知識

シワを増やしてしまう、7つのNG習慣とは?

年齢とともに少しずつ増えていく顔の小ジワ。
“年月を経て増した女性の魅力”でもあり、素敵に見えることももちろんありますが、女性としては、なるべくシワのない顔でいたいというのが本音です。

そこで今回は、アメリカの女性誌『Women’s Health』の記事から、シワの原因となる“代表的なNG習慣”7つを紹介します。

1:タバコを吸う

百害あって一利なしのタバコ。体全体の健康状態だけでなく、肌にも大きな影響を及ぼします。その代表が“顔のシワ”。

片方がタバコを吸い、もう片方が吸わない双子を題材とした老化の研究では、同じDNAを持っているのに、そのシワの数が驚くほど違ったそうですよ。
.

2:間違った食生活

自分が食べたものは、そのまま美容や健康に表れてくるものです。
砂糖が多い食品や、血糖値を急激に上げる食品を食べ続けていると、体重の目盛りとなって表れるばかりか、肌にも悪影響が出るそうです。

恐ろしいことに、砂糖の分子が肌を硬化させるという、女性にとってはホラー映画より怖い結果になることもあるそうです。スイーツ好きもほどほどにしましょう。
.

3:アルコール

赤ワイン1杯程度なら健康や美容によい効果があるかもしれませんが、一般的に飲酒は肌の水分を奪う大きな原因となります。

お酒をたくさん飲んだ翌朝、頭痛はもちろん、起きたら顔がしょぼんとしてハリがなかった……なんてことはありませんか? 
水分を奪われ肌がかさかさに乾燥すると、シワの原因になりますよ!
.

4:ガムを噛む

皮膚科医によると、ガムをよく噛む人は顔の下半分にシワが出来やすいとのこと。ということは、にっくきホウレイ線の原因のひとつとなっているかも! 

たまになら問題はありませんが、日常的に噛んでいる人は、口腔器官の問題にもなり得るそうですので気をつけてください。
.

5:化粧を落とさないで寝る

メイクや肌の汚れは顔の毛穴にもぐり込み、老化をはやめるそうです。
日付けが変わる前に帰り、きちんとお化粧を落としてベッドに入りましょう。


6:お化粧の際に皮膚を伸ばす

記事によると、とあるメークアップ・アーティストが、
「メイクは普段の顔のままするべきで、唇を伸ばしたり、眉毛を上げてマスカラを塗ったり、アイライナーをつけるとき目を引っ張ったりすると、シワの原因になる」とコメントしています。

これは女性なら誰でもやってしまいそうなNG行為です。気をつけたほうがよさそうですね。
.

7:間違った向きで寝る

顔を枕にべったりつけたまま眠ると、顔のシワの原因になるそうです。これを防ぐためには、つるりとして滑りがよく、顔が一定の場所にとどまらないサテンの枕カバーを使うのがよいとのこと。

顔を枕につけず、仰向けで寝るのもシワを防ぐコツだそうです。



以上、顔にシワを作るNG習慣7つをご紹介しましたが、いかがでしたか? 
1つや2つ、身に覚えのある方も多いはずです。このほかに、日焼け止めを塗り忘れたり、ニキビをつぶしたりするのも原因になることがあるとか。

シワのない肌は、使う化粧品や食べ物だけでは手に入れられないもの。
普段の生活習慣にも気を遣って、予防したいものですね。

Posted at 2014年06月06日 11時17分14秒  /  コメント( 0 )

美しい髪のために、、 摂りたい食材。

女性にとって、いつも気になる髪の毛のケア。

何歳になっても、しなやかで輝きのある髪の毛は、憧れ。
シャンプーやコンディショナー、トリートメントをあれこれ試して
自分にあった商品を探しますが、、。

でも、もっと大事なのは、やはり身体になにを摂り入れるかということ。


イタリアの女性に人気サイトで、
どんな食材が髪の毛に良いのかを紹介していたのでご紹介します。


 屬気弔泙い癲
実は、イタリアではまだそこまでポピュラーでない野菜です。
βカロチンが豊富に含まれていて、身体の中でビタミンAに変わることから、抜け毛を抑える効果があるとか。


◆嶌」
質の良いオメガ3という脂肪酸が含まれていて、頭皮まで行き渡ってしっかりとした土台作りに効果的とのこと。

「バナナ」
若返りの栄養素として注目されているケイ素が豊富に含まれていて、髪の毛をさらに強く、抜けにくくしてくれます。
ほかの「果物」も鉄分を浸透しやすくするビタミンCが含まれているのでおすすめです。


ぁ屬曚Δ譴鸛陲覆匹凌Г稜擦ぬ邵據
ビタミンCとビタミンAをたっぷり含んでいるので、皮脂を守るまさに天然のコンディショナーの効能が得られます。


また、そのサイトでは、豊かな髪になった状況をイメージするイメージトレーニングも一緒に続けるとさらに効果的とのことです。楽しそうですね。


楽しみながらの毛髪ケア、習慣にしたいですね。

Posted at 2014年05月08日 15時51分47秒  /  コメント( 0 )

食べ過ぎた時、、役に立つのは、、

今回は「食べ過ぎちゃった……」と思った時にぜひ飲んでもらいたい、
“食べた後に飲む”オススメのお茶をご紹介したいと思います。

■1:黒豆茶

豆類の中でもピカイチのダイエット食材は黒豆です。
黒い皮の色素はポリフェノールの一種であるシアニジン。
脂肪を包み込み腸内で脂肪が吸収されるのを防いでくれて、脂肪の体外排出&体脂肪ダウンの強い味方です。目の疲れにも効果があります。


■2:プーアル茶

プーアル茶を食後に飲むことで、余分な脂肪を体外に流してくれる効果があると言われています。
茶葉に含まれるポリフェノールの一種、重合カテキンが腸内での脂肪吸収をブロック。
すでに吸収された脂肪の燃焼をサポートしてくれる効果もあります。


■3:黒ウーロン茶

豊富に含まれるウーロン茶重合ポリフェノールが中性脂肪の吸収を抑制してくれ、それと同時に脂肪の体外排出量も増やしてくれます。
口の中がさっぱりするので食事中に飲んでもOKです。


■4:ルイボスティー

デトックス効果抜群! 
ミネラルバランスに優れ、活性酸素を抑える酵素が豊富です。
アンチエイジング効果も期待できます。ノンカフェインなのもいいですよね。


■5:あずき茶

便通を促し、余分な水分も体外に排出してくれる効果があります。
あずきにはカリウムとサポニンが豊富。
カリウムには水分を排出してむくみを軽減してくれる効果があります。
サポニンは有害物質アセトアルデヒドを排出し、肝機能をアップしてくれます。


■6:とうもろこしのひげ茶

古来よりとうもろこしのひげには利尿作用があり、むくみに効くと言われています。
ノンカフェイン、ノンカロリー、ノンシュガーで安心です。


いかがでしたか? いずれも最近ではコンビニで手に入るお茶ばかりです。
目的や好みに合わせて食後の飲み物を選んでみてください。
ただ、食べたことをなかったことにはできませんので、食べる量はほどほどに、、^^;

Posted at 2014年03月06日 17時31分44秒  /  コメント( 0 )

ヨーグルトの効果を引き出す食べ方とは、、

インフルエンザ感染予防効果、内臓脂肪低減効果などが確認されているヨーグルト。
美容と健康のために食べている方も多いでしょう。

最近では、「ガセリ菌SP株」に「インフルエンザ感染予防効果」や「内臓脂肪低減効果」があると確認されており、ヨーグルトに含まれる乳酸菌の効果が注目されていますね。

今回は、ヨーグルトのパワーを引きだすとっておきの方法をご紹介します。

■ヨーグルトの栄養をぎゅーっと凝縮

ヨーグルトの効果をより感じるためにおすすめしたいのは、水切りヨーグルト。

水切りヨーグルトは、通常のヨーグルトの水分を切ったものになるので、水分がない分少量でたっぷりの栄養成分が凝縮されています。

通常のヨーグルトよりも、タンパク質と脂質が多く濃厚な味わいがあり、クリームチーズのような食感もあるため少ない量でも満腹感を得やすくなります。
美容と健康のためといえども、ヨーグルトを毎日たくさん食べるのは困難。

でも水切りヨーグルトにすれば、少量で栄養ぎっしりなのでより効果が得やすく、
毎日続けやすいといえるでしょう。


■簡単!水切りヨーグルトのつくり方

まずボールの上にざるを重ねてキッチンペーパーを2〜3枚のせ、その上にヨーグルトを入れます。
水が十分切れるのには時間がかかります。一晩冷蔵庫で仕込み、翌日使いましょう。

できあがった水切りヨーグルトは、クラッカーの上にのせてフルーツを添えれば、おしゃれなカナッペに。
コーヒー&シロップをかければ、アフォガード風のスイーツに変身! 
サラダに加えたり、サーモンに添えたり、パスタにチーズの代わりとして使ったり、、、バリエーション豊かに活用できます。

腸は第2の脳ともいわれ、美容と健康のためには腸内環境をよくすることが欠かせません。
簡単お手軽水切りヨーグルト、是非、腸活にお役立てくださいね。

Posted at 2014年02月21日 16時18分11秒  /  コメント( 0 )

”ごま油うがい”でエイジングケアを

風邪が流行る時期になりましたね。

風邪予防のために誰もが一度は行ったことがあるうがい。

実はあるものを使うと、若返り効果も抜け毛を予防することもできるのです。

インドの伝承医学、アーユルヴェーダという言葉を聞いたことがある方は多いと思います。
アーユルヴェーダは約5,000年もの歴史があり、病気を治すことよりも病気を予防することに重きを置いている医学。
自然と調和しながら生き、自然の力を活かした療法で心身ともに健康な状態を維持することを目指すもので,WHOでも”予防健康医学”として正式に認められている療法です。

アーユルヴェーダで勧められているものの1つが、白ごま油(未焙煎)でうがいをすること。
疲れをとったり、風邪を予防したり、美肌効果、エイジングケア効果もあるといわれているのです。

やり方は簡単。
白ごま油を100℃以上まで熱して冷まします。
大さじ1杯を口に含み、30秒うがいをするだけ。

たったこれだけで、肌にハリが出たり、ほうれい線が消えたり、抜け毛予防できたり、免疫力アップが期待できるのです。

白ごま油は生搾りなので、焙煎されたごま油よりも栄養が豊富。
匂いや香りも強くないので、うがいには白ごま油を使いましょう。


■若返りの秘密は”ゴマリグナン”

ごま油うがいで若返り効果が期待できるのは、ごまに含まれるゴマリグナンという抗酸化物質のおかげ。
セサミンという成分はCMなどで幅広く知られていますが、これもゴマリグナンの仲間。
ゴマリグナンは老化の原因である活性酸素を取り除いてくれるので、エイジングケアの強い味方なのです。

ごま油には、人が体内で作ることができない必須脂肪酸のリノール酸も含まれています。
リノール酸は身体を正常に機能させるのに欠かせない成分。
不足すると肌トラブルが起こりやすくなったり、体に異常が出てきます。

舌下に入れて吸収させる薬があるとおり、舌の裏は吸収力が高い場所。
ごま油うがいを続けて、ゴマリグナンやリノール酸をしっかり体に取り入れていきましょう。

Posted at 2014年01月22日 12時07分12秒  /  コメント( 0 )

冷えは美容・健康の敵。 

今年も残りわずかとなり、寒さが一段ときびしくなってきましたね。
なにかと行事の多い年末年始、寒さに負けず、ぽかぽか元気に過ごしたいですね。

今回は、気軽に取り入れられる、冷え症対策をまとめてみました。

■1:体をあたためる飲み物・食べ物を摂る

(1)ショウガだしお味噌汁

いつものお味噌汁にショウガを加えてダシをとるだけで、冷え性対策になります。

ショウガに含まれる”ジンゲロール”という成分が、低体温の改善に有効なのです。
また、抗酸化作用もあるので、エイジングケアしたい方にはまさに持って来いの方法です!

(2)ホットレモン

ミランダ・カーなど、有名人の多くがトライしているホットレモン。
ホットレモンも老化防止によいのです!

腎臓の機能をアップしてくれるので、むくみに悩んでいるかたには特におすすめの方法です。

お湯にレモンを絞って、お好みでハチミツを入れるだけの簡単ドリンク! ぜひ毎日飲んでみてください。

■2:お風呂あがりに冷水を浴びる

体がしっかりあたたまった後に冷水を浴びるのも、有効な冷え性解消法です。

全身に冷水を浴びるのは、一歩間違えると心臓に負担をかけるので、ヒザ下とヒジ下のみに冷水をかけます。”湯船につかった後、冷水を浴びる”というサイクルをを3〜5回くりかえしましょう。

湯冷めも防ぐことができるので、寒い季節にはとてもおすすめです。

■3:寝るときに靴下を履かない

寒くなると、寝るときに靴下を履いて寝る方も多いのではないでしょうか。

しかし、実は寝る時に靴下を履いて寝てしまうと、かえって冷え性になるようです。
靴下を履いて足先があたたかくなると、汗をかきます。
すると、汗が冷えて足を冷やしてしまうのです。

就寝時用の靴下は、足先は開いているものを選び、足先が冷えるのを防ぎましょう。

■4:漢方の力を借りる

漢方は医薬品ではありませんが、大変パワーのあるもの。「
漢方は生理不順や不妊症治療などにも用いられます。

冷え性によいのは、温経湯(うんけいとう)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)です。前から順に、虚弱体質の方、体力に自信のない方、体力のある方に向きます。

薬局でも購入できますが、医師に相談するのがベスト。
自分にあった漢方を処方してくれますし、保険がきくので市販のものより安く入手できますよ。


いかがでしたか? 
効果が出るまでにかかる時間は個人差がありますが、
気軽に続けてみてくださいね。

Posted at 2013年12月18日 11時52分20秒  /  コメント( 0 )

今からできる、認知症予防は、、。

今や生活習慣病とともに国民病とされる認知症。
女性のほうが発症リスクが高いとか、、若い時期からの予防を心掛けたいものですね。

認知症の予防法について、長年研究に取り組む鳥取大学の浦上克哉先生によると、、

■アロマが認知症の予防・治療に

アルツハイマー型認知症では最初に嗅覚機能が低下してしまうので、嗅覚神経を刺激することによって、記憶を司る脳の中の海馬にいい刺激を与えることができます。
先生が最新の予防・対処法の中でもっとも注目しているのがアロマテラピー。

「これまで、アロマテラピーが環境要因によって起こる幻覚や睡眠障害などの“周辺症状”に有効なことは分かっていましたが、脳の神経細胞が壊れて起こる記憶障害などの“中核症状”にも効果的だということが分かりました」と浦上先生。

特にアルツハイマー型の認知症患者さんには効果的だということが実証され、嗅覚が治療の決め手となることを確信したとのこと。
脳に認知症の原因物質が溜まると海馬より先に嗅神経が弱りますが、嗅神経は再生力が高いので、適度な刺激により回復することができるのです。



■認知症に効果的なアロマレシピ

アロマテラピーの研究を重ねた結果、アロマオイルの中でも効果的に嗅神経を刺激する組み合わせを発見。浦上先生が推奨するアロマテラピーのレシピは以下の通り。

(1)昼・・・レモン、ローズマリー

快活に日中を過ごせるように交感神経を刺激し、脳を活発に働かせる。

(2)夜・・・ラベンダー、スイートオレンジ

昼間とは反対に、夜は副交感神経を刺激してリラックスを促す。

昼は午前中に2時間程度、夜は就寝前に、空気中に香気を拡散する芳香浴として取り入れるのが効果的。先生はオーガニック精油だけを用いたこれらのブレンドオイルの開発をしたり、襟元や枕元に貼るだけのシートも監修されています。

「植物から抽出したオーガニック精油を選ぶことは重要なポイントです。日常的にペンダントやタオルにオイルを染み込めせて身につけるのもよいでしょう。認知症は早期発見とよい対処さえすれば、怖い病気ではありません。“治らない病気”から“治る病気”へと変わる日が近づいているのです」と先生。



もの忘れが多い人や集中力を高めたい時にも役立つレシピ。ぜひ毎日の生活に取り入れてみてくださいね。

Posted at 2013年11月13日 17時25分44秒  /  コメント( 0 )

眠り上手はやせ上手

どれだけ忠実にダイエット法を実行しても、睡眠時間を削ってしまったら、脂肪燃焼の妨げとなってしまうことをみなさんはご存知ですか?

実際に、睡眠不足が体重増加につながるということを多くの研究結果が示しています。

ダイエット法を行っている人を対象にした研究によると、
睡眠を十分とったグループ(約8時間)の人の方が、睡眠不足のグループ(5時間以下)よりも55%も多く脂肪が落ちたとのことです。

一方で、睡眠不足の人たちは睡眠を十分とった人に比べ筋肉量が少なくなってしまったのです。

筋肉は新陳代謝を活発にする上でとても大切で、筋肉量が多いとより多くのカロリーを消費できるので、筋肉量が少なくなるということは、ダイエットをしている方にとって非常にマイナスなことなのです。

さらに、睡眠不足に夜更かしが重なると、炭水化物や脂肪分の多い食事を過剰に食べてしまうことが分かりました。
それだけではなく、食事のリズムも変わり、朝食の量が減り、夜食が増えるということです。
そして、夜食で最も多くのカロリーを摂取するようになり、このことが体重増加にもつながってしまうのです。

しかし残念ながら、日本人の睡眠時間は世界で最も少ないのです。

睡眠には体重を維持するための効果が高いだけでなく、多くのアンチエイジング効果があり美しく歳を重ねるためにとても重要なことです。

これを機に、ぜひ睡眠を優先するようにしましょう。
それに加え、睡眠の質を高めることもぜひ心がけてください。

Posted at 2013年10月07日 17時49分53秒  /  コメント( 0 )

ご存知ですか?“ビタミンN” のリラックス効果

最近、自然に触れたのはいつですか?

自然に触れるだけで、リフレッシュできたり、パワーチャージした気分になんとなくなりませんか?
それは気のせいではないのです。
実際に、緑豊かな自然の中に身を置くだけで、リラックス効果があり、コルチゾールなどのストレスホルモン値が下がるということが100以上の研究によって示されています

この自然がもたらす効果を欧米ではビタミンに例えて“ビタミンN”(Nature=自然)と呼ばれたりしています。

たとえば、15分間自然の中を歩く場合と15分間街中を歩く場合、自然の中を歩く方が、血圧、心拍数、コルチゾールの値が...、いずれも顕著に低いことが分かりました。

それだけでなく、副交感神経と呼ばれるアンチエイジングの神経機能が非常に活発になったとのことです。
また、女性を対象とした別の研究では、免疫系を支えるナチュラルキラー細胞の数が、森の中で数時間過ごしただけで37%も増えたということです。

さらには、近年アレルギーや自己免疫疾患が増えていることの背景には、自然の中に存在する有益なバクテリアに触れる機会が少ない事が一因として考えられているそうです。

できるだけ身近な自然を楽しみ、“ビタミンN”をたくさん摂取して、心身ともに健康に美しくなりましょう。

Posted at 2013年08月21日 16時46分32秒  /  コメント( 0 )

暑い夏、クーラーと上手くお付き合いしましょう。

とにかく蒸し暑い日本の夏。

オフィスやレストランで、クーラーが効きすぎて体が冷えてしまうという方も多いのではないでしょうか? 
実は、夏のほうが体を冷やしてしまっていることが多いもの。
外とクーラーの効いた室内との温度差によって自律神経が乱れ、体調をくずしてしまうことも。

以下の点 気を付けてみてはいかがですか?



■ 1:筋肉をつける

筋肉が足りないと、基礎代謝が落ちて体が冷えやすくなることをご存知ですか? 
女性は筋肉量が少ないのに加え、クーラーや冷たい食べ物や飲み物の摂取によって、思っているよりも体が冷えています。

体が冷えると免疫力も落ちて夏バテしやすくなりますし、セルライトもつきやすくなってしまうので、痩せづらい体に。そのため、良質のたんぱく質を摂り、適度な運動を心がけましょう。



■ 2:足を中心に温める

クーラーにより、とくに冷えやすくなるのが足もと。
まず職場でも家でも、ブランケットなどで足を冷やさないようにするのが大切です。
また、夏でも湯船につかったり、足湯などで一日冷えた体を温めることも効果的。
週に数回でもぬるめのお湯にゆっくり浸かる習慣をつけると、体が冷えにくくなってきますよ。



■3:温野菜を積極的に摂る

生野菜は体を冷やすので、冷え改善には温野菜がおすすめです。
美肌にもよいブロッコリーなどを温野菜にして積極的に摂るのが良いでしょう。



■4:冷たいドリンクは少しずつ飲む

ドリンクは、常温や温かい状態で飲むのがいちばん。
しかし、外食などで冷たいドリンクを飲む場面もありますよね。
そこで、もし冷たいドリンクを飲む場合には、少しずつ飲むようにすると、体の急激な冷えを防ぐことができます。

冷えを感じたら、しょうが粉末とはちみつを混ぜたしょうが湯を飲むのも効果的です。



■5:カリウムを多く摂る

塩分を多く摂ると、むくみやセルライトの原因になってしまいます。
そこで塩分を控え、無塩トマトジュースなど、カリウムの多いものを摂取することで、冷えによるむくみを防ぐことができます。



■6:漢方を効果的に服用する

漢方でのインナーケアもおすすめです。桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)や当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)を、朝と夜に常温のお水で飲むこともおすすめです。

桂枝茯苓丸は、血液の循環を良くしてくれます。そのため、血行不良や冷えからくる目の下の青くまにも効果的。女性の冷え症や生理不順などに効果のある当帰芍薬散は、体力がなく貧血になりやすいなど夏バテしやすい方にもよいでしょう。

なお、漢方薬は体質に合うものを、病院で処方してもらうことをおすすめします。



いかがでしたか? 
とくに女性にとってやっかいな“夏冷え”ですが、日々の生活を少し工夫することで改善できます。
これからの夏本番を快適に過ごして魅力的な体を手に入れるために、今のうちに夏冷えを撃退しておきましょう。

Posted at 2013年07月29日 15時47分36秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2  3  4  5  6  7  8  | 次へ