信楽焼の器は重くて荒くてちょっと、と思っていませんか。くりの器は軽くて丈夫。飽きの来ない色合い、信楽焼らしい温かみをそこなわずに使い勝手を考えています。
信楽の食事やショッピング

タマタマボール


しがらきだらけのミーティングで沢善さんが面白いお菓子を持ってきました。
色合いははんなりとした和の色合い。
味はニッキ、抹茶、など郷愁を誘う(くりの年代)もの。
ネーミングはタマタマボールというとぼけたもの。
最初くりはタマタマポール(ボでなくホに○)かと思いました(しつれい)
色合い味わいは上品です。
スノーボールクッキーになるのでしょう。
ちょっとしたお土産にいいと思います。
これは 沢善 で販売されています。


Posted at 2011年03月27日 20時50分35秒

めんくい亭


今日は一人でめんくい亭にラーメンを食べに行きました。
R307沿いですからご存知の方も多いでしょう。
大昔、くりが菱三陶園で働いていたころ、
めんくい亭のご主人が会社へ来られました。
大きな丼鉢を探しておられたのです。
その大きさは相当なものでした。
φ30センチくらいのそれこそ洗面器のようなものでした。

ここのご自慢はその名もずばり めんくいラーメン
激辛で激ウマ
寒い冬場でも汗が出ます。

写真右がご主人。
左が息子さん。スペイン料理で紹介しましたね。
そして手前が大盛り用どんぶり鉢。(現在のもの)
いつでもどこでも気軽に大盛りを頼んでしまうあなた。
このお店はちょっと覚悟が要りますよ。
一杯750円のめんくいラーメンが
200円アップで2杯分に大増量!
(最近は減りましたね。若い人は食べませんよ。
チャレンジは大体中年以上のおっさんですね。
若い人は冷静ですよ。健康のことも考えているのでしょう。
昔若かった人は今でもクセが抜けないのでしょうね。)談
くりは過去に1回完食しました。

めんくい亭
定休日 水曜日
電話  0748 83 0975


Posted at 2011年02月08日 21時52分02秒

黒田園


よくくりのブログに登場するそば屋 黒田園を紹介します。
茶どころ朝宮にあるこの建物
福井県の農家を移築したもの。
雪深い福井ならではの豪壮な作りの館です。
一部は息子さんたちが住んでおられるそうですが、
土間と床の間がお客様用に開放されています。
今回はたまたまそば切りをされていらっしゃったので、
了解を得て撮影しました。

そばを食べていると規則正しい音が聞こえてきます。
くり好みのそばです。
細めでのど越しがよく色は白。
出汁もしっかり取られています。
いつもざるを頼みますが味、香り、歯ごたえが楽しめます。
農家の建物ということで、
しつらえも適度に緩く信楽らしくリラックスできます。
器も信楽焼です。
荒目でごつめがよく合います。
いつも大盛りを頼みますが、(200円アップ)
コンディションが良ければそのまた大盛り(400円アップ)
を食べます。
2人前ということです。
てんぷらも良い油でカラッと揚げられていて
お腹にもたれません。お勧めです。


黒田園
電話 0748 84 0485
11時〜17時無くなり次第終了。
定休日 月曜日と第3火曜日


Posted at 2011年02月03日 21時17分13秒

Raja


くりのお店から車で約8分、
インド、ネパールレストランラージャへ来ました。
主にカレーが売りです。
インド人もネパール人もあまり分かりませんが、
いつもたくさんのおっちゃんがいます。

クリはチキンマサラカレーとテュッパ(ネパールのヌードル)
とナンを注文。
ナンは非常に大きく食べ応えがあります。
マサラカレーはスパイスがいっぱいの美味しいカレーです。
今回は前と少し味が違っていました。
少し甘くてコクが無い。
前の方がおいしかった。
これはたぶん料理人がビザ切れで帰ってしまい
新しい料理人になったせいだと
一人納得しています。
そのうちまたちがう人がやってまたちがう味になるのでしょう。

ナンは焼き立てでおいしくお勧めです。
このおじさんは日本語も出来ます。
お店の雰囲気はとてもちぐはぐで楽しいです。
ブッダのお墓の写真の横に藤の花の写真が飾ってあり
CDが飛んでいてもすぐにはわからなかった
甲高い女性の歌(実際飛んでいておっさんにとんでるよー
と注意した)とそばを通る大型トラックの地響きと
辛さがいやがうえにも汗を誘います。
座布団の上で食べる本格インドカレー。
なかなかいいですよ。
サラダとスープとチャイと、はおっさんがおまけしてくれました。
いろいろサービスはあるようです。
月に一回くらいは行きたいカレー屋さんでした。

RAJA 0748 84 0229


Posted at 2009年11月27日 20時52分30秒  /  コメント( 0 )

郵便受け


面白いものを見つけました。
この郵便受けは、くりの大家さんの丸克製陶所さんが作っているものです。
最近人気でいくつも窯に入ります。
この郵便受けの特徴は名前などを入れてもらえることです。
ふつうは自分ちの名字を入れますが、
時々変なのがあります。
これもその一つ。
ひょっとしてのぞいたらおさい銭が投げ込まれていたなんてこと
あればうれしいですよね。
この気になる郵便受け、
色はこげ茶、白、レンガ色、最近は真っ赤などもあります。
大と小がありたぶん大は40000円小は30000円位で
売られているようです。
参考に通販されているページを勝手に紹介します。
ここで紹介されているのは小です。
欲しいなと思ったら、くりに連絡ください。
結構安く入手できますよ。(値段はちょっと言えません)。


Posted at 2009年10月26日 22時09分35秒  /  コメント( 0 )

メダカの鉢


ブログに新しいカテゴリーを追加しました。
信楽の中から見た(くりが)お買い得情報や、意外とイケる食べ物屋さんとか、
こんな変なものが売ってまっせ的な情報とか、
ま、ちょっと普通の案内には載っていないようなものを選んで紹介していきます。
今回は桜木さんからの要望で、メダカの鉢。
ちょっと派手で桜木さんの好みとは異なるかもしれませんが、
値段が魅力です。
メダカは色盲だと思いますので、派手でも居心地は悪くないと思います。
ここからがくりのインサイダー的情報です。
植木鉢、信楽ではもう作っても値段が合いません。
当然中国なんかが主流になっています。
そこでせっかくこしらえた石膏型をそのまま放っておくのももったいない。
穴を埋めて〜鉢にしてみようということで、
このメダカの鉢は登場したのです。
型の初期投資は不要。
その分価格も安く設定されています。
もちろん木鉢よりは高いです。量産効果は見込めない。
30センチのが2200円、40センチのが3800円。
もちろん信楽での価格ですが。
この鉢を欲しい方は丸克さんへ来てください。
正直ホームページはメンテナンス中ばっかりです。
でも地図は見られます。

今日は子供連れのご家族が目立ちました。
豚インフルエンザ休暇をエンジョイされていらっしゃるご様子。


Posted at 2009年05月20日 21時47分12秒  /  コメント( 3 )