信楽焼の器は重くて荒くてちょっと、と思っていませんか。くりの器は軽くて丈夫。飽きの来ない色合い、信楽焼らしい温かみをそこなわずに使い勝手を考えています。
2010-08 の記事

泡文字の断面


かねてより泡文字の発生原因について
科学的考察を行おうと思っていました。
たいそうな。
試験場にある電子顕微鏡で
2号が先生の指導の下
発生源の撮影に成功しました。
たいそうな。
表面だけの撮影では
真相は解明できないと、
泡文字コップを切断。
その断面図から
次のような が見えてきました。

0.002~0.003ミリということは
20マイクロメーターぐらいが
泡の発生の理想の穴のスケールです。
この写真からその穴がわかると思います。
これが泡文字の泡発生の理由なのです。
クリーミーな泡はビールの苦味成分や
雑味成分をくっつけながら上に上がっていきます。
のど越しのよいおいしいビールが飲めるのです。
ガラスではこうは行きません。
信楽焼きのしかも泡文字コップならではの
なのです。


Posted at 2010年08月31日 21時05分44秒

穴あきライトいろいろ


一日穴あけ作業。
右の大きいのはオーダーのペンダント形。
そして定番の丸とコーン。
明日は久しぶりにライトアップ形をつくろうかな。

安保さんの続きです。
みなさんミトコンドリアという名前は知っていますか。
細胞に含まれています。
これが実は昔々(20億年ほど前)
それまで酸素嫌いの細菌しかいなかったところに
酸素好きの細菌が出てきたのです。
地球に酸素が出始めたからです。
酸素嫌いの細菌は大慌て。
そこで酸素好きの細菌と合体することにしました。
酸素を食べてもらうためです。
この酸素好きの細菌がミトコンドリアの先祖だったようです。
私たちの細胞にはこのミトチャンをいっぱい持っている
細胞と、ちょっとしかもっていない細胞があるのです。
というところで今日はおしまい。
明日に続く。


Posted at 2010年08月31日 21時04分19秒

穴あきライト


暑くて風がある。
感想には非常に気を使います。
今日から明りつくり。
最初は定番から。
丸ととんがりコーンと、オーダーの
ペンダント形をろくろしました。
明日は仕上げの穴あけです。

さて安保徹さんの本のくりなり要約を始めます。
この本で著者が言いたいのは二つ。
ひとつが低体温、低酸素は必然的に細胞の種類を変える。
がんは低体温低酸素状態での生き残りをかけた
細胞の変化であって極端な言い方ですが
病気じゃない。
環境が改善すれば自然に消滅する。
すごい説ですね。
でもその説明を読んでいると納得してしまいます。
明日はその辺を書きます。


Posted at 2010年08月30日 21時28分05秒

キノコのカードたて


今日来られたお客様のご注文。
キノコの形のカードたて。
すぐ作りました。
柄は派手派手2号の担当。

今日は傑作でした。
いつもスカパーの音楽で(モーニン)
時間を判断していますが、
いつものようにこの曲が流れたので
味噌汁をつくりお弁当を広げて
何か変なことに気づきました。
いつもの席にお日様が降り注いでいます。
もう正午なら日は外のデッキのはずなのに。
いすに腰掛け正面の時計を見てビックリ、
まだ11時でした。
この勘違いにはちゃんとした理由があります。
いつもの朝飯のパンの大地堂が夏休み。
それで仕方なくふわふわパンを朝食べました。
それがあっという間に消化したのでしょう。
正直なものです。
仕方ないのでもう一度お弁当をしまい、
また仕事に戻りました。
のどかなくりの日曜の出来事でした。


Posted at 2010年08月29日 22時30分37秒

豆皿


今日は土曜日でした。
夏休み中は朝早い目らかお客さんが入られます。
そこでろくろは中止して、
手早くお客さんに対応できる
豆皿つくりをしました。
風のよく通る日であっという間に乾いてしまいます。
こういったものを作るにはもってこいの日です。
逆にろくろで作って仕上げするものなどは
気が気ではありません。

ところで今面白い本を読んでいます。
もちろんくりにとってはです。
安保徹博士の本です。
免疫革命で有名ですね。
今回も画期的というか新鮮な観点から
病気を論じていらっしゃいます。
がんは低酸素、低体温状態での
細胞の必然的な生き残り手段である。
赤筋(持続ーミトコンドリア系)
白筋(瞬発力ー解糖系)
このまま終わると
何がなんだか状態でしょう。
でも説明にはずいぶんと字数が要ります。
何回かに分けて説明します。
めんどくさい方は
人が病気になるたった2つの原因。
貴方の生き方が変わるかもしれませんよ。


Posted at 2010年08月28日 21時07分55秒

泡文字ジョッキ 記念品


東京の男性より電話でご注文いただきました。
用途まではわかりませんが、
一個ずつ贈答用の包装を希望されています。
何かの記念品となるのでしょう。
夕方からなれない手つきで(いつまでたっても)
箱詰めから包装までやりました。
話題性もありお客様にも楽しんでいただけると自負しています。
あすからいよいよ明りに着手。
最初は在庫補充と注文品をつくり
そのあと新しいデザインに挑戦します。


Posted at 2010年08月27日 21時28分35秒

信楽のパワースポット



宮町は聖武天皇もハマッタ パワースポットだ。

 巷にあふれるパワースポットの情報。しかしこれほどの理想的な場所はそうあるものではない・・・・・・・・・・・・。
聖武天皇は苦慮しておられた。さまざまな内患に苦しめられ気持ちすでにここ(平城)にあらず。
<ごたごたはモーいやじゃ。そーだ!朕は引越ししよっと>
<どこかよい(風水的に)場所を探して来い。>
というわけで陰陽師たちは平城京をあとによい土地選びの旅に出たのでありました。
時は移り、
<ございました。北、東、西を山にかこまれ南に開けた理想の土地が。>
そこは紫香楽の宮町(この地名は後付け)というところであった。
 さて皆さん、気という言葉はすでにご存知でしょう。からだに気をめぐらせる気功はずいぶんとポピュラーになってきました。
一種のエネルギーととらまえられていますが、現在の科学でそれを十分に説明することは出来ません。
そしてその気は体だけでなく地球上をあるいは宇宙を流れています。
パワースポットとはその気の集まるあるいは噴出するところといえるでしょう。
 話を宮町に戻しますが、ここは陰陽師もビックリの気の集まるエリアなのです。
ちょうど衛星放送のパラボラアンテナのように気を集めある点(穴)に注ぎ込むのです。
そしてそここそが現在の宮跡ということになります。
 図は宮町の鳥瞰図に風水の(気のラージスケール)理想的パターンを重ねたものです。
ぴったり当てはまりますね。
四体の動物は四神といいます。例のキトラ古墳でおなじみです。
このエリアを守ります。
 あまり深入りはしませんが、とにかくその穴の部分はパワーのスーパースポットなのです。
現在も冬場には発掘作業が続けられています。
一度訪れてみませんか。そしてそのパワーをもらってください。たぶんそうとう広い範囲にそのパワーは広がっているでしょう。
気を取り入れるコツはリラックスして意識することです。
気は意識に反応するものです。
でも気をつけてくださいね。そこは私有地です。周囲は田んぼです。やたら歩き回って所有者のひんしゅくを買うことだけはやめましょう。
 ところでこの地形どこかに似ていると思いませんか。
そう京都です。京都平安京はそのビッグスケール版でした。
穴のエリアにはキッチリと御所が鎮座しまします。


Posted at 2010年08月26日 21時36分04秒

くり飯碗


遊んでみました。
先に言っておきます。
これは魚眼レンズ(モード)で撮った
くり飯碗です。
まるでどんぶりから飯碗、湯飲みまであるようじゃありませんか。
今のデジカメは何でも出来るんですね。
というわけで今日はくり飯碗を60個作りました。
くりシリーズは人気アイテム。
でも悩みの種がありまして、
顔がうまく出ないことです。
目が消えたり、変な顔になったり、
皆さん顔が勝負と選んでいかれます。
器の世界も顔ですかね。


Posted at 2010年08月25日 21時20分47秒

宮町と風水


これが前に言ってた風水です。
理想的な地形です。
一度行って見てはどうですか。
ただし何にもありません。
宮町に入ると道案内で
宮跡へいけます。
そこには幼稚園と消防団の分団の館
それとささやかな資料用倉庫があります。
あたりはすべて田んぼと畑。
ほんとにのどかなところです。

現在くりの飯碗の製作中。
明日はタンブラーのMを作ります。
そのあとたぶん明りを作ると思います。


Posted at 2010年08月24日 22時09分37秒

百万遍


今日から制作を開始しました。
スタートはいつもモチベーションを高めるため、
型で作った製品の仕上げから入ります。
在庫補充ということで、
舟形鉢 孫。と小鉢。
同じ型から作ります。
正直もくもくと仕事をしていたら
疲れが取れました。
変かもしれませんが、本当なのです。
受注、お問い合わせの返答、出荷の繰り返しは
疲れました。
これからは混ぜて出来ます。

話し変わりますが、
今夜は地蔵盆のクライマックス、
百万遍でした。
百万回数珠を回し(実際は10000分の1)
そのあと町内を練り歩きます。
子供たちが数珠に入り、
約1キロ ケンケトケン ナンマイダーと
歩きます。
なぜか家の町内は子供が多く0.何歳から中学生まで
いっぱいいます。
それはにぎやか。
そしてそのほとんどが女の子です。
終わってスイカをいっぱい食べて
解散しました。
おなかパンパン。


Posted at 2010年08月22日 21時56分01秒

 1  2  3  4  | 次へ