信楽焼の器は重くて荒くてちょっと、と思っていませんか。くりの器は軽くて丈夫。飽きの来ない色合い、信楽焼らしい温かみをそこなわずに使い勝手を考えています。
2010-06 の記事

くり始めての個展は大...


オープンから1年半、プツプツライトで個展をしました。
2週間大阪まで通いました。
そのときお出会いし今だに交流のあるお客様もいらっしゃいます。
今日は店の展示をやりました。
いろいろ新しいものを追加し、
今までのものも補充し、
案内文やらポスターやらてぬぐいやら飾りました。
明日から一ヶ月間、10周年セールの始まりです。
そうそうてぬぐいはとても良い出来で
販売もします。
一枚700円です。
いろいろお知らせあるのですが、
今日は早く寝ます。


Posted at 2010年06月30日 21時06分34秒

商品券


最初に断っておきます。
これは現在のものではありません。
10年前に発行して現在は流通していません。
開店の際大勢の方にお祝いしていただきました。
お返しを考えましたが、
懐事情が厳しく苦肉の策として
こんな商品券を考えたのです。
文面はだいぶふざけた調子ですが、
本心は感謝でいっぱい、大真面目でした。
さてこの商品券のことですが
ちょっとした考えがあります。
お客様の声をホームページに載せて
買い物をされる方の参考にしようと考えているのです。
このお客様の声、商品選びに重要な役割を果たしています。
くりもネットで買うときに声を読みます。
そこでくりの商品を買われてその印象を投稿していただく
そしてお礼に商品券を贈らせていただく
ざっとこんな企画です。
まだ考え中で、はっきりしましたら
また改めてここで発表します。
そのときはご協力よろしくお願いします。
www.kuri-potter.com


Posted at 2010年06月29日 20時02分38秒

くりあかり展


明かりを作り始めて
年末にくりのお店で明かりの展示をしました。
当然明りですから暗いほうがいいと
夜遅くまで店を開けていました。
しかし、
信楽の夜は早い。
暗くなるまで待っていられないと
皆さんお家に帰られます。
夜になってこられたのは、
たぶん数人。
企画としては面白かったのですが、
失敗の巻きでした。
今日は上絵窯を出して整理しました。
きのこ、ふうりん、一文字皿、
いろいろ楽しい作品が出てきました。
近々紹介します。
でもなかなかネット販売まで手が回りません。
紹介だけでも、となりそうです。
窯出し後くりの工房の周りの草刈をしました。
飽きたら草で蟹釣りをして楽しみました。
周りにいっぱいいるのです。
3時に大阪の女性たちとお茶し、
また作品の整理をしました。
汗をいっぱいかきました。
www.kuri-potter.com


Posted at 2010年06月28日 21時10分14秒

クレイスタジオ くり...


前にもアップしたような気がします。
かぶってたらごめんなさい。
こんなはがきを作り配りました。
くりマークのティーシャツを作り
お買い上げの方々に配りました。
オープンまでの15日間で7回の窯焚きをし
店内を埋めました。
ガラガラ状態でしたがその方が見た目はきれいでした。
今は正直詰め込みすぎと思っています。
そのときは焼成温度が1230度前後と
今より30度〜40度低めです。
マグニチュード4と5の違いというと大げさですが
ずいぶんと低く焼いていたものです。
良い点もありました。
色合いがやわらかく微妙な色が出せました。
反面焼き締まってないため欠けやすく汚れやすかった。
現在はずいぶんと硬く焼いています。
メリットはたくさんありますが、
初期の器を大事に使われている方から
もうあの色でないの、なんていわれたとき
少し悔やみます。
でもこれは決断するしかないことでした。
薄くてじょうぶ(比較的)を売りにしたいからです。
10年間お客さんの声をフィードバックしてきました。
その結果が今のくりの焼き物に現れています。
これからまた10年間でどう変化するのでしょう。
www.kuri-potter.com


Posted at 2010年06月27日 22時07分35秒

くりオリジナルてぬぐい


くりオリジナルてぬぐいが送られてきました。
わくわくしながら箱を開けました。
予想を裏切らない出来でした。
染めたてのきつさはありますが、
洗えば味が出ます。
これはうれしい。
しかも袋に詰めてある。
確かこれは有料じゃなかったかな。
たぶん神野さんがおまけしてくれたのでしょう。
ありがとうございます。
これで特典のひとつは整いました。
さいころの件もセンセから12分の1で間違いないと連絡がありました。
ただ余りに確立が悪いのでチャンスを多くするかもしれません。
きょうは上絵の窯焚き以外すること無いので
タイミングよく図書館から来た1Q84を読みました。
1〜2巻から比べて娯楽性が増したように思います。
楽しく読み進めています。
忘れていたシチュエイションがよみがえってきました。
そのなかにこんな表現がありました。
記憶の抽斗が歳を取るときしんで開きにくくなる。
まさにそのようです。
ですがこの記憶、実は消せば消すほど
インスピレーションが降りてくると最近読んだ本に書いてました。
このことについてはまたじっくり語ります。
突然の話題変換からその上に脱線しては
皆さん混乱してしまいますよね。
きょうは1Q84についてさらりと描いて終わります。
余りに重さ深さを期待して読むと物足り無さを感じてしまいそうな
淡々とした語り口です。
でもそれが彼の真骨頂だと思います。
さりげないしぐさや心理をたとえを的確に用いて
読むものに沁みこむように味わわせてくれます。
描写そのものを楽しむ小説かもしれません。
登場人物や団体もおもわず、それってあれのこととちがう?
思わず笑ってしまう身近さです。
ノーベル賞はさておいて
寅さん的、釣りバカ的に続いていっても面白いかな
なんて思ってしまいます。
www.kuri-potter.com


Posted at 2010年06月26日 21時39分14秒

陶器のスプーン


今回スプーンを二種類焼きました。
これがそのうちのひとつ。
上にあるのは下の娘のマグネットシール。
それをパクリました。
ただ初めてで自信ないので5本だけ作りました。
十周年に並べますが、じきになくなるでしょう。
400円です。
十周年にはサプライズもあると書いていますが、
そのひとつにさいころを振っててぬぐいをゲットがあります。
そして今頭を悩ませているのが、
このさいころの目の出る確率なんです。
例の平木センセは実は数学のセンセでした。
頭を悩ませている確立について質問してみましたが、
センセも頭を悩ませて帰っていきました。
こういうことです。
さいころを2個振っていただいて
10が出たらてぬぐいがあたります。
出る確率は?
12分の1ですよね。
一日に平均12人くらいの方にアドレスを登録していただいたとして、
平均一日一本のてぬぐいを差し上げることになりませんか。
これではちょっとうまみが少ない、
せめて一日3本くらい差し上げたい。
ならお一人3回チャンスをあげれば
一日3本くらいになりますよね。
どうでしょうこれであっていますか?
実際やってみててぬぐいがどんどん減っていくとやばいですから
ことは慎重に運ばねばなりません。
現在平木センセに宿題を出しています。
だめなら他のかしこい先生に聞いてみてとも頼んでいます。
IQ140も老化には勝てないか。
ということでサプライズの核がノイズでぼやけてしまいましたが
てぬぐいゲット、お楽しみに。
www.kuri-potter.com


Posted at 2010年06月25日 21時40分48秒

ラベンダー


平木先生は一反ほどの土地にラベンダーを植えて皆さんに見てもらい
あちこち配って回られています。
ことしもたくさんくださいました。
くりの信楽花器に入れてテーブルの下におきました。
店に入るとほのかな香りがします。
今日で本焼きは終了。
あとは上絵窯を残すのみ。
やっと終点が見えてきました。
明日出た商品に赤絵などをして
焼いておしまい。
そうそう赤絵ですが、
よくたずねられます。
赤絵ってチンしてもだいじょうぶ?
そこで家で試してみました。
大丈夫。
金彩銀彩のようにパチパチなりません。
ここから脱線。
このチンですが、
マイクロ波だということは
少しの方が知っていらっしゃいます。
じゃ、マイクロ波って何。
これはエネルギーの強さから行くと(振動数)
γ線(最近脳手術などに利用)
X線(くりも時々お世話になります)
紫外線(大事だけれど結構怖い)
色(紫から赤まで人はこの部分しか見られない)
赤外線(いろいろお世話になってます。)
遠赤外線(石焼芋や土鍋からも出ます)
マイクロ波(やっと出ました。チンの元。これは分子を回転させたりして
熱を発生させます。)
ラジオ波(電波ですね)
ざっとこんな順に並んでいます。
わかりにくいでしょうが、チンも色もラジオも親戚なんですね。
ここから本題。   
気功で発せられる気ですが受けると体がやたら熱くなります。
これは遠赤外線もしくはマイクロ波に近い領域までの
電磁波かもしれません。
ということは気功師は人間土鍋?チン人間?
ま、男性はそうでしょうが。
脱線ここまで。
www.kuri-potter.com


Posted at 2010年06月24日 21時37分52秒

きのこライト5


ナチュラルなきのこです。
まだ電気器具の取り付けは出来ていません。
ひょっとして傘と軸の組み合わせも変わるかもしれません。
全部の焼成が終わったら組み合わせてみて決めます。
それより気がつきませんか?
左の草むらに小さなピンク色。
今年初めてのかわら撫子です。
こちらも開花が遅れているようです。

そうそうひとつお知らせがあります。
例のアレ。
来週の月曜日にとりに行く予定でしたが、
メーカーさんからの親切なアドバイスで
その次の週の月曜日(7月5日)に延期しました。
そのほうがいろいろそろうそうです。
こんかいのアレは期待してよさそうです。
もうひとつありました。
勝手ですがメルマガ登録を削除しました。
せっかく登録された方
ほんとに申し訳ありません。
近いうちに手作りお知らせメールを計画し
メンバーを募ります。
それから月一くらいで配信する予定です。
よろしくお願いします。
www.kuri-potter.com


Posted at 2010年06月23日 21時16分43秒

くり皿


ついにくり、キュービズムに挑戦。
きょうでやっとくり皿の掃除が終わりました。
500枚中ペケが3枚。
これは驚異的な数字です。
セラミックスの田村製作所だってびっくり。
ただしこのキュービズム作品は○品としました。
どこかの物好きさんが指定されるかもしれません。
チョーレア品として高値がつくかも。
あともう2回窯焚きして、
例のアレを取りに行って、
キノコライトを組み立てて、
風鈴を組みたてて(部品大幅に遅れているとか)
ポスターを作って。
まだ結構仕事残っているんですね。
でもまだ一週間あるから大丈夫。
笹ゆりが(シカから生き延びた一本)
今日咲きました。
去年より一週間遅れ。
www.kuri-potter.com


Posted at 2010年06月22日 21時30分23秒

コーヒーカップ、ソーサー


これが前にあれこれ薀蓄をたれていた
コーヒーカップとソーサーです。
さりげない色合いですが、味わい深い表情です。
灰釉のもつ微妙な変化が飽きの来ない質感となっています。
手にとって見ると意外なほど手取りが良い。
重く感じないということです。
コーヒーをたっぷり入れてちょうどの重さとなるよう
心配りされています。
ハンドルは太目の指を持つ男性でも
しっかり通ります。
ソーサーは深めで見込みに落としこみがあり
ソーサーをもって移動してもカップがずれない安心感があります。
これは使ってみてそのよさがわかる
まさに違いのわかる大人のためのコーヒーカップとソーサーです。
カップのみの販売も予定しています。
たぶん7月にあわせての販売となります。
カップ 1500円。 ソーサー 1000円。
www.kuri-potter.com


Posted at 2010年06月21日 22時05分37秒

 1  2  3  | 次へ