信楽焼の器は重くて荒くてちょっと、と思っていませんか。くりの器は軽くて丈夫。飽きの来ない色合い、信楽焼らしい温かみをそこなわずに使い勝手を考えています。
2010-03 の記事

くりバナー


バナーを作りました。
バナーって何?
多分、アイコンの親玉みたいで、
戦国時代なら旗印かな。
どこかの誰かが使いだして
メジャーが使いだして
あっという間にウエブサイトの標準語になりました。
いままでくりはリンクについて無頓着でしたが、
信楽の全てを紹介するサイト
しがらきだらけドットコム
開設されそこにくりもバナーを載せてもらうことになりました。(有料)
そこで必死でバナー作りをしたのです。
イラストレーターはようわからんので
簡単なペイントを使いました。
シンプルで帰って目立つバナーだと思っています。
しがらきだらけドットコムは
参加者がまだ少ないですが
今後代表的な信楽の窓口として機能すると思います。
www.kuri-potter.com


Posted at 2010年03月31日 22時32分51秒

くり皿2


何百枚と同じ皿を仕上げていると
目が変になってきます。
何所がくりのてっぺんかわからなくなってきます。
その結果、このようなおかしなくりができてきます。
ムーミン型、ペコちゃん型、どんぐり型など
さまざまな変種が登場します。
かえってこの変種に人気が集まったりして。
 ちょっと脱線しますが、
人の感覚は結構曖昧というかよいかげんなもので
その感覚の上に乗っかった心も
これまたころころからの由来ということで
一定しないもののようです。
お釈迦さまもおっしゃっています。
感覚(五感)を信じてはいけません。
何かちょっと直観に反する気もしますが
深ーい思索と瞑想と身体の声から導かれた
真実のようです。
心は感覚に左右され
感覚も心のありようによってずれが生じます。
このテーマは深い意味を内包しています。
おいおい触れていきます。
そうそう
ちょっと普通ではない状況ですが
ヴァーティゴなんて言葉聞いたことありませんか?
飛行機を操縦していて
上向いてるのか下向いてるのか右も左も
わからなくなる状態のことです。
戦闘機ならともかく
旅客機でも経験したパイロットがいるようです。
極度の緊張の中で経験の浅いパイロットは
計器より自分の感覚が正確だと思いこんでしまい
惨事をまねくことさえあるそうです。
日常でここまでのステージはありませんが
感覚も、心もあまりあてにはならないものだという
ゆとりは持っていたほうが
パニックを防げると思います。
www.kuri-potter.com


Posted at 2010年03月30日 21時30分14秒

くり皿


くり工房からの報告です。
というよりお店も巻き込んでの報告です。
4月も目前というのにまるで寒波のような今日の天気。
ここ信楽は、晴れては曇り、曇ってはふぶき、
めまぐるしい天気の中、
くりはこの天気に翻弄されながら、
くり皿作りに勤しんでおります。
乾かす場所がなーい。
危険を承知で外のデッキに並べ、
お日さまに当てているとあっという間に全天かき曇り
パラパラと霰がお皿に積もります。あわてて取り入れ
しばらくするとまた明るい日差しが戻ります。
またもや外へ運び、またあわてて取り入れ、
それの繰り返しをしながら
今日は108枚作りました。
くり皿は赤土で作ります。
赤土というのは粒子が細かく乾きにくいのです。
いくら薄手でもよほどしっかり乾かさないと
切れたりします。
今日も帰りしな画像のような感じに
ずらーっと並べました。
素焼きのお皿に入っているのは
半乾きで取り出します。
奥にあるのが型から取り出した完成品。
いまごろはくりのお店のシーリングファンに
風を送られていることでしょう。
www.kuri-potter.com


Posted at 2010年03月29日 21時53分41秒

一文字皿


2号作、一文字金銀赤絵角皿。
2号お得意の派手派手模様。
渋めもありましたが紹介はこの5種だけです。
すでに大半が売れまして、
現在は3枚店頭に並んでいます。
20センチ角で手の込んだ模様。
2000円はお買い得と思います。
こんな皿にケーキでも載せて出したら
お皿がケーキを食ってしまいそう。
良いのか悪いのか。

工房の状況をしばらく報告していませんが、
ここ1週間ほどひたすらひたすら作り続けています。
お父さんめし碗、丸い湯呑み、丸いめし碗、そして
極めつけ、くり皿。
7月の10周年の景品作りです。
500枚用意します。
半分ほどできました。
これからしばらく制作モードで行きます。
突っ走る気持ちを抑えながら。
www.kuri-potter.com


Posted at 2010年03月28日 22時23分13秒

特大どんぶり3


左は黒っぽい艶消しの釉薬で
今までにあまり見かけないタイプ。
右は呉須と鉄で線紋。
よく見かけるタイプ。
それぞれ2個ずつお店に並んでいますがそれでおしまい。


アラジンを使っていなかったので、
トースターもないし
ふと思いついて
簡易トースター。
くりの発想の冴え。
このパンは、前に話しました
耳をくれるパン屋が急に来なくなり、
ふと思いついて(よく思いつく)
○△□(まるさんかくしかく)というパン屋さんに
配達してもらったパンなのです。
信楽にあり娘さんがきちんと作っているパンなのです。
変なものは入っていません。
最初からこれにすればよかった。
信楽へ来られるお客さんの間でも結構有名なパン屋さんです。
余談ですが、このパンにも耳付いていました。
www.kuri-potter.com


Posted at 2010年03月27日 22時46分12秒

特大どんぶり2


これが赤と緑の鳴門巻柄どんぶりだ!
ラーメン鉢風でもありますね。
チキンラーメンなら4個くらい入ります。
あと2個ずつ位あります。
見ていておかしみを感じますね。
昔の瀬戸物屋さんの軒先に並んでいそうな
楽しい特大どんぶり。
2000円。


Posted at 2010年03月26日 21時48分21秒

特大どんぶり


ごくありふれたどんぶりの写真。
これが実は恐るべき大きさであることは
お釈迦様でもご存じない。
隠れて見えないが、
具の下にはうどん二玉がとぐろを巻き
その上におもち、つくね、じゃがいも、
玉ねぎ、にんじん、エノキダケ、ごぼう、
三つ葉などが並んでいる。
これを軽く平らげられるのは
ギャル曽根か、家のペギーくらい。
そうそう、こんや9日ぶりに退院してきました。
毛を剃られおむつ姿での帰還。
肥満のため立ち上がるのに
3ヶ月くらいかかるそうです。
それまでこまめにリハビリしましょうとのこと。
話がそれてしまいましたが、
特大どんぶり、
一家に一つくらいあってもいいと思いますが。
肉じゃが5人前とか
かぼちゃの焚いたのにも使えますよ。
お買い物では火色しか乗せてませんが
店にはほかにこのこげ茶色や
赤に鳴門巻柄や緑に鳴門巻柄とか
呉須鉄線紋などが少しずつあります。
特大どんぶり 2000えん。

kuri-potter.com


Posted at 2010年03月25日 21時37分47秒

キノコ壁紙


なかなか素敵な壁紙でしょう。
待ち受けですとちょっとケバいので見づらいかな。
大型が混じっていますが、
これは特注サイズで店頭販売はいたしておりません。
え〜それほしい〜
そんな方のために受注生産の道が用意してあります。
高さ10センチくらいでしたら
1000円くらいでお受けいたします。
でも今度の上絵窯までお待ち願います。


Posted at 2010年03月24日 20時50分30秒

きのこ


春ですがキノコの人気は落ちません。
この間の色絵窯からも100個ほど出ました。
この画像では無理ですが
上から撮った画像ですと
素敵な壁紙になります。
くりの名刺もキノコの分だけ早くも無くなりました。
明日それ向きのキノコの画像をアップしますから(大きめに)
良かったら取り込んで使ってください。
今日は一日
めし碗(大)を作りました。
明日もロクロの一日です。


Posted at 2010年03月23日 20時46分38秒

酒器展7


酒器展シリーズ最後は
ヨイヨイ盃。3000円。
ずいぶん高いじゃないの。
すみません。
事情がありまして。
でもこれは結構お手間入りで、
独特の揺れが酩酊状態を表わしていて
珍しもん好きには魅力の品かと思いますが。
4月の3日にはこれらの酒器と
滋賀の蔵元が集合し
試飲やり放題。
勿論買えます。
一杯(イッパイ)のんで天気が良ければ
外の芝生で寝転がれば天国極楽でしょう。
そのまま車で帰れば多分地獄行きでしょう。
ほろ酔い器と地酒展


Posted at 2010年03月22日 20時53分52秒

 1  2  3  4  | 次へ