信楽焼の器は重くて荒くてちょっと、と思っていませんか。くりの器は軽くて丈夫。飽きの来ない色合い、信楽焼らしい温かみをそこなわずに使い勝手を考えています。
2009-11 の記事

深皿


スープなどに向いています。
2人前くらいのおかずにも向いていますね。
これの小さめタイプが根強い人気でときどき
補充に来られる方もいらっしゃいます。
今回大きめを作るにあたって赤ドットをラインナップに加えました。
お皿26僉■横悪僉■隠鍬僉
深皿16僉■隠貝僂肇織織虍弔砲茲
軽くて手作り感いっぱいのお皿シリーズがそろいました。
取り回しがよく毎日使えて料理が映えます。
画像は深皿16、1200円。


Posted at 2009年11月30日 22時11分58秒  /  コメント( 0 )

五五皿


五、五寸皿(17センチ)
取り皿として利用価値大いにあり。
新柄の赤ドットも登場。
悲しいかな在庫がありません。
紹介のみです。
秋と春のシーズンは作ってもそのしりから売れてしまい、
ネットに載せられません。
でもこれからのオフシーズンは
お客さんもがたっと減ります。
また新たに作って
ネット販売に注力するつもりです。
SEO対策も勉強中です。
これから勉強してネットでの売上をアップさせようと思っています。


Posted at 2009年11月29日 23時00分20秒  /  コメント( 0 )

絵変わり蓋物


祇園山玄茶へのお祝いに作った蓋物です。
3個は妹とカフェマリエのオーナーさんが費用を負担。
残り三個はくりが贈ります。
六個あればカウンターでみんながいっせいに蓋を開けて楽しむ
パフォーマンスもできますね。
内側は呉須絵に透明釉を掛け銀刷毛目を上絵しました。
外は信楽の火色をベースに色絵や金銀彩を使い
華やかさを出しました。
冬は温めて、夏は氷を詰めて一年中楽しめると思います。
大きさはプツプツライトのSサイズです。
実際に料理を盛り付けた画像が早く欲しいです。


Posted at 2009年11月28日 20時42分48秒  /  コメント( 0 )

Raja


くりのお店から車で約8分、
インド、ネパールレストランラージャへ来ました。
主にカレーが売りです。
インド人もネパール人もあまり分かりませんが、
いつもたくさんのおっちゃんがいます。

クリはチキンマサラカレーとテュッパ(ネパールのヌードル)
とナンを注文。
ナンは非常に大きく食べ応えがあります。
マサラカレーはスパイスがいっぱいの美味しいカレーです。
今回は前と少し味が違っていました。
少し甘くてコクが無い。
前の方がおいしかった。
これはたぶん料理人がビザ切れで帰ってしまい
新しい料理人になったせいだと
一人納得しています。
そのうちまたちがう人がやってまたちがう味になるのでしょう。

ナンは焼き立てでおいしくお勧めです。
このおじさんは日本語も出来ます。
お店の雰囲気はとてもちぐはぐで楽しいです。
ブッダのお墓の写真の横に藤の花の写真が飾ってあり
CDが飛んでいてもすぐにはわからなかった
甲高い女性の歌(実際飛んでいておっさんにとんでるよー
と注意した)とそばを通る大型トラックの地響きと
辛さがいやがうえにも汗を誘います。
座布団の上で食べる本格インドカレー。
なかなかいいですよ。
サラダとスープとチャイと、はおっさんがおまけしてくれました。
いろいろサービスはあるようです。
月に一回くらいは行きたいカレー屋さんでした。

RAJA 0748 84 0229


Posted at 2009年11月27日 20時52分30秒  /  コメント( 0 )

花器


料理屋さんに頼まれました二口の花器です。
野の草花を少しだけ挿して、控えめに風情を楽しむ、
そんな花器です。
面取りは荒々しさを演出し、細めに仕上げることで
節度を保ちます。
そのうちどちらかがお店に並びます。
二口面取り花器、3000円。


Posted at 2009年11月26日 21時35分10秒  /  コメント( 0 )

大皿


上絵付けをされた大皿です。(焼成前です)。
2号得意のはではで模様。
今まで地味な柄でお店に置かれていましたが、
一向買い手が現れませんでした。
それならと、目立つ柄にしてみました。
金銀赤を使い飾り皿としてひょっとしたら買い手が現れるかも。
明後日には色絵作品がお目見えです。
これでほぼ制作から焼成の山は越えました。
しばらくゆっくりと店番をしながら休養を取ります。
お店に来られたらコーヒーでも淹れてお話しましょう。


Posted at 2009年11月25日 20時38分20秒  /  コメント( 0 )

あかり


古民家の天井にぶら下がるそうです。
下には囲炉裏が切ってあり、魚を焼いたり燗をしたり
うらやましいお家です。
煤や油にも強い(目立たない)こげの笠。
秋から冬にかけての夜長、この明かりの下で
酒を酌み交わしながらの話は尽きないことでしょう。
こげ透かしペンダント型ライト、8000円。


Posted at 2009年11月24日 19時47分11秒  /  コメント( 0 )


左から26センチ大皿はディナープレートとして西洋料理に。
あるいは2〜5人家庭のおかずの盛皿に。
真ん中の20センチ皿は日本の家庭で各々への盛付けに適したサイズ。
右の16センチ皿は取り皿として便利なサイズ。
これで皿のバリエーションは一通りそろいました。
16センチ取り皿は30枚焼き上がりましたが、2日間で20枚売れました。
ネットに載せることもないうちに売り切れそうです。
26センチ皿、2500円。
20センチ皿、1500円。
16センチ皿、900円。
今年最後の3連休。
例年よりも多くの方に来店いただきました。
昨日も今日も一時は1万円セール中のユニクロ状態になりました。
ご存じの方多いと思います。
くりもパンツや靴下ヒートテックなど買いあさり、
抽選券をもらいはずれでした。
くりも1万円還元はできませんが、
来年の7月15日の10周年記念には
素敵なおまけを考えています。


Posted at 2009年11月23日 21時15分47秒  /  コメント( 0 )

めし碗


内側はうすい呉須。
外はピンクと緑のドット。
じつはこれ、2個しかありません。
めし碗としては浅すぎるため2個作ったところで生産中止。
幻のめし碗です。
焼き上がって眺めてみるとなかなかイケる。
相当浅めですが新鮮に感じられます。
色合いもなかなかシックかわいいですね。
明日お店に並べますが、
もし欲しい人は電話で申し込んでください。0748 83 8080
メールですとタイムラグでごめんなさい売り切れましたとなる可能性が大ですから。
幻のめし碗、1000円。2個限定。


Posted at 2009年11月22日 20時36分30秒  /  コメント( 0 )

くりコーヒーカップ


人気のくりシリーズですが、今回コーヒーカップを
二種類作りました。
右が従来の形、左が新しい形。
口の広がりが違いますね。
今日一緒に並べてさてどちらが売れるか。
結果は4対0、従来型の圧勝でした。
今日の結果だけでは判断できませんが、
やはりボリュームのある従来型が優勢なのは
否めません。
お店には窯出しほやほやの作品がいっぱい並びました。
正直もう店内は並べるところがありません。
12月になったら少し棚を増やそうかななんて思っています。


Posted at 2009年11月21日 21時08分21秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  | 次へ