信楽焼の器は重くて荒くてちょっと、と思っていませんか。くりの器は軽くて丈夫。飽きの来ない色合い、信楽焼らしい温かみをそこなわずに使い勝手を考えています。
2009-04 の記事

日野祭りと桟敷窓アート


日野祭りが5月2日3日と取り行われます。
それに合わせて桟敷窓アートも開催されます。
残念ですが参加者が少なくさみしい催しとなると思います。
でもくりの家はいつもと変わらずお客さんにお茶を出し、
ゆっくり寛いでもらいます。
くりは両日日野にいます。
ただ3日の午前中は渡御行列に参加するため家にいません。
一文字笠の紋付き袴で綿向神社から約5キロ歩きます。
春の桟敷窓アートはそれぞれの家が祭りで忙しく、会場も少なく
参加者も少なく残念ですが、その分お祭りを楽しめます。
食事を出すところが少なく困られるのではと思いますが、
幸い檜の会のみなさんが800円のお食事を用意されるようです。
家に来られたら場所教えます。


Posted at 2009年04月30日 20時53分03秒  /  コメント( 0 )

ときどき


去年の画像です。
今年も一本芽が出ました。
咲いてくれますように。
タイトルとは関係ありません。

今日はそれこそ時々来られるお客さんが何組も顔を出してくださいました。
とてもうれしいことです。
春のアートな歩き方のイベントとしてスタンプラリーが行われていますが、
くりのお店でやってみませんかとお誘いしても、
ここだけが目当てなの、もう帰ります、といったうれしいような、困るような
言葉がお客さんから帰ってきます。
長い方だと4〜5年前、あるいは1年に一回程度のお客様、
でも覚えていてくださってそうやって来てくださる。
単に買い物をするというより、売り手(作り手)との会話から
ちょっとしたロマン(物語)を作り出すことにお客さんは
楽しみを見出していらっしゃるのだと思います。
お客さんと作品の間に作り手が媒体としているのか
お客さんと作り手の間に作品があるのか
いずれにせよ三者の関係というのが重要なのだと思います。


Posted at 2009年04月29日 22時01分01秒  /  コメント( 2 )

陶器のブロック


久しぶりにホームセンターへ行って、買い物をしました。
目的があったもので。
例のお皿類、種類が多くスペースが足りないので二段の展示にする適当な
足を探しに行ったのです。(板は手持ちがありますので)
エクステリアスペースをうろうろすること10分。
ありました。しかしそれはディスプレイに使われていて値も付いていません。
しかしそういうときにくりはあわてません。
さっさとディスプレイをばらし、カートでレジへ。
値が付いてませんが何とか売ってくださいよ。
長年の経験からそれが不良在庫であることはお見通し。
おっちゃん、でんわで上司とやり取りしてそれでは一個200円でどうです?
口元の緩むのをかろうじて抑え、お願いします。
かくして一個200円で陶器のブロックをゲット。
うちで焼いたらいったいいくらかかるか。
5月から店の展示にお目見えです。


Posted at 2009年04月28日 23時34分43秒  /  コメント( 0 )

例のお皿

久しぶりに例のお皿を調達に行ってきました。
主にアメリカ向けということでずいぶんと注文が減っているとか。
しかしそれよりもっと怖いのが納品後倒産といった事態。
じつはここもほんとに危機一髪だったそうです。
世界的に有名なイギリスのウエッジウッドから大量の注文があり
2月に出荷予定だったのが、1月にニュースで倒産を知り、
急きょ生産をストップ。
イギリスからは早く送れと催促の電話。
ファンドがテコ入れしたから大丈夫、早く生産を再開し出荷してくださいと
頻繁に電話が入ったとか。
しかしあちこちと確認してみてやはりそれは危ないということで
そのまま生産をストップされたそうです。
また、フランスのリモージュからも大量のオーダーが入ってきて、
たくさんの成型型をこしらえてみたまでは良かったのですが、
リーマンショック以降、急に単価を半分にしてほしいとの電話。
それは体の良いことわりではありませんか。
この世界同時不況は世界的に有名なブランドも
簡単に信用してはいけない状態になってしまったようです。
どの業界も同じでしょうが、陶器業界もなりふり構わぬ醜態を
あちらこちらであらわしているようです。
このひどい状態がいつまで続くのか分りませんが、
今まで蓄積してきた技術を絶やさず残してほしいものです。

デッキの再塗装の写真です。
コンテナを車に積んできれいに塗りなおしました。
そこに新たに仕入れた例のお皿、結構人気のアイテムがありましたよ。
5月から店に並べます。
そして半額セールも4月で打ち切ります。


Posted at 2009年04月27日 21時21分23秒  /  コメント( 0 )

ガラスのペンダント


くりの店に置いてあるガラスのペンダント類、
鈴木さんの作品ですが、新しいアイテムが登場しましたので
紹介します。
チェーンの無いペンダント。
チェーンは皆さんお持ちのものと合わせてくださいということ。
値段も手ごろでお求めやすいと思います。

さて今日はちょっとややこしい質問。
実存主義という言葉をご存知ですか。
物理学の世界では実在主義というそうですが、
簡単に説明しますと人がいなくてもものはそこに存在しているという考え方です。
なにをいまさら、あたりまえじゃないですか、と多くの方はおっしゃるかも。
しかし実は物理学特に素粒子物理学の世界ではその考え方はどちらかというと
分が悪い、マイナーに属するそうです。
ということは人が見る、観測する、意識するということで初めてものはその形を現わす。
何かずいぶん直感にそぐわない考え方に思える人が大半だと思いますが、
コペンハーゲン派と呼ばれる科学者の考え方なのです。
そして仏教の方でも唯識という思想がそれにほぼ符合するそうです。
川端康成、三島由紀夫などが傾倒した思想です。
じつは恥ずかしながらくりもなんかそんな考え方に魅力を感じかけているのです。
皆さんいっぺんそんなこと考えてみてはどうですか。


Posted at 2009年04月26日 21時33分14秒  /  コメント( 0 )

とけい


遅れて登場。派手な時計。
ガラスの鈴木さんからもらい受けた余りガラスを文字盤に焼きつけたもの。
予定ではきれいに溶けてハートとかの形になるはずが、
とけたりとけなかったり、不揃いになり売るのはやめようかと思っていましたが、
在庫の数が残り少なくなってきたこともありやっぱり売ることにしました。
飾ってみるとこれはこれで結構面白いのではないかと思うようになってきました。

さて、気功の話ですが、
昨夜は気のDVDが信楽に行っていて見られず、仕方ないので
自分でその気になって寝ていたところ、
なんと先生の気無しで、自らの気で自発動が起きたのです。
これはまた大きな進歩ではないかと自信を持ちました。
すぐに他人に試すこともはばかられるので当分は自分の体を中心に
続けますが、気が熟したら他人へのアプローチもしてみようかな
なんて考えています。


Posted at 2009年04月25日 21時11分46秒  /  コメント( 0 )

蚊やり


家のペギーの薬の時期ですよと獣医さんから手紙がきました。
蚊の季節も間近です。
蚊と言えば蚊やり。
ほろ酔い地酒と酒器展に続きこの夏には蚊やり器展が開催されます。
酒器展に味をしめ蚊やり器展にも出展するつもりです。
またおかしな発想で隙間を狙います。
そういった分野が得意なくりです。
正統派は苦手です。
ご期待あれ。
本人が一番期待しています。


Posted at 2009年04月24日 22時03分56秒  /  コメント( 0 )

あわくり

昨日言ってました泡文字コップ。
くりの顔のコップ、持って帰ってさっそくビールを注ぎ待つこと2分。
出ました・・・・・・。

これは・・・・・〜〜〜〜〜。
言葉が無い。
おととし入院中に背中の手術跡がひどく化膿し、それを始めてみた時の
担当医と、研修医のごとく言葉を、思わず飲み込んでしまいました(ビールでなく)。
よく似た状況でしたのでつい変な例を持ち出しました。
まるで怨霊、背後霊、くりの腹の内?、心霊写真ならぬ心霊コップ。
ビールを注げばあなたの本性が泡となってあらわれますぞ〜〜〜。
しかしこれでは売り物にならない(一般向けとして)。
気を取り直して再チャレンジ。
と、今度は、でました!。

これならクリとわかります。
一安心。
今回の泡文字は、くりの顔と、人気の福、分りやすい吉、色即是空の空。

さて夕方、窯出しを終え一段落ということで、のんびりと難しい本を読んでいると、
オレンジ色の派手派手Eラジオカーが店の前に止まりました。
今日は陶芸の森からの実況中継で、べんぞーさん女性とお二人で立ち寄られました。
酒器展の会場からということでくりの変なとっくりも紹介してくださいました。
滋賀県中飛びまわっているべんぞーさん、今度は湖東地方にターゲットを絞ってみるとか。
日野も訪れるつもりだそうです。
何度もくりのお店紹介してくださってありがとうございます。


Posted at 2009年04月23日 21時36分41秒  /  コメント( 2 )


以前、くりの店の前の桜の話をしましたが、やはり足並みのそろわない桜たちでした。
1週間ほど前から何本かが咲き始め今も散らずに(受粉の最中かな)
葉桜に混じって控えめにではありますが、陶芸の森へのこみちに彩りを添えています。
陶芸の森が作られるときあちこちから寄せ集められた桜たちが勝手がってに咲いている。
へそ曲がりのくりとしては好ましく微笑ましい風情だとひそかに応援しています。

今日はゴールデンウイーク前の最後の窯焚きでした。
明日はよく売れているてのひらすっぽりサイズのボウルや、定番の水玉角皿や、
水玉深皿、そしてEラジオで評判になりほとんど売れてしまった泡文字コップの窯出しです。
くりの顔の泡文字コップも少し入っています。
うまく顔が出てくれたらここで紹介します。


Posted at 2009年04月22日 21時56分26秒  /  コメント( 0 )

くりボウル


てのひらすっぽりサイズのボウル。
カフェオレをたっぷり、抹茶をいただく、暑くなったら氷を一杯入れてアイスコーヒー、
寒くなったらぜんざいを、いつもくりといっしょ。
1000円。

さて久しぶりに006号より画像が届きました。
これは・・・・・。
失礼ですけどマイナーな国ですね。(知名度のことですよ)
それでは国当てクイズと行きましょう。



え、それって国?
なんて言わないで下さいよ。


Posted at 2009年04月21日 21時44分17秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  | 次へ