土木・ビル建設用仮設資財の加工、販売 合板足場板のリース 各種型枠用材の加工、製作、販売

消費税

    昨日(06/26)に衆議院で社会保障一体改革の消費増税が可決
    されました。
    私個人としては、増税賛成で良く野田首相は貫き通したとして
    評価しています。
    先進国の社会保障での財政破綻は、加速度を増す状態のなか、
    日本は類を見ない国債など謝金漬けながらも、経済状況は好調
    と推移するなか、今回の増税はデフレの一番根幹である土地の
    下落に歯止めをかけ、高額である土地資産のインフレを招くで
    しょう。
    バブル崩壊の象徴である土地神話が崩れ、全ての経済活動が収
    縮から資産価値向上期を迎えれば、個人資産から銀行担保価値
    まで、「含みの余裕」が生まれ経済の新陳代謝が起こり、デフ
    レ終焉と新たな成長期に入ります。
    もちろん、過去の高度成長期やバブル経済のような事にはなら
    ないでしょうが、多少の土地価格上昇は国家発展と経済成長に
    は必要です。

                    2012/06/27
                     眞田文宏 

Posted at 2012年06月27日 17時19分24秒

 
トラックバック一覧