土木・ビル建設用仮設資財の加工、販売 合板足場板のリース 各種型枠用材の加工、製作、販売

つけの先送りの限界

     今年の始めの管さん降ろしから始まった、政治機能不全は3・11
     で「無能な政治家」が目覚めると期待したのですが、案の定現在も
     変わらず、日本ばかりではなくユーロ諸国へ「無能政治家病」が「
     バブル崩壊病」ともに伝染しています。
     同じ事の繰り返しですが、グローバル経済・自由経済の行き先は上
     記の病気の伝染とともに国家破綻の道しか残されていないようです。
     原子力を手に入れる以前の世界は、戦争で破壊と創造を繰り返して
     こられたのですが、それはできる事ではなく、またしてはならない
     事で、来年はユーロ諸国の一部に「国家破綻」がでるのでしょう。
     草食人種の私達日本人は、戦後米国からハンバーガーなどのファー
     ストフーズをはじめ牛肉などの肉食を取るようになりましたが、何
     千年の伝統と様式で育まれた体は、簡単には変わりません。
     身の回りの余分な「贅肉」で病気になるよりは、シンプルな伝統食
     のほうが体に合っているのです。
     同様に、肉食民族のグローバル経済と草食民族の経済の相互融合は
     これから限界をむかえる時期です。


                           2011/11/17
                            眞田文宏

Posted at 2011年11月17日 14時47分41秒

 
トラックバック一覧