東京都小金井市の古川工務店は、新築、増築、改築、リフォーム、修理を行っています。
メインメニュー
2011-10 の記事

キッチンの床を上げる

お久しぶりです!
いつのまにか 朝晩が肌寒くなってきましたね。
今日は、なぜか暑いですが・・・


私の家は、二世帯住宅です。

私の世帯は2階に対面式にキッチンをつくりました。
私の身長に合わせて、やや高めのトップにしました。


反対に、親世帯のキッチンはI型の、やや低めのキッチンにしつらえました。
(母は現在140センチくらい、当時は145センチ位でした)
新築して16年が経ち
母も年をとりました。
聞いてみると身長も縮んできた様です。


たとえば、4ドア冷凍冷蔵庫の冷蔵室(上の段がだいたい冷蔵室だと思うのですが)
一番下の段しか使えません。
それより上の段は、見上げることになるので何があるかわからないとのこと。


使い勝手がいいようにと、何軒も家電店を見て回りましたが
丁度良いものには巡り合えませんでした。


キッチンのトップも今ではみぞおちあたり
包丁を使う際には、肘を持ち上げるようです。

炊飯器からご飯をよそる際には背伸びを
ガスを使う際には鍋に触って、軽いやけどをすることもありました。

そこで、構想2年。
キッチンに可動式(必要ない時は移動できる)のスノコを
つくってもらいました。
スノコといっても、床を上げたような形状です。


写真をアップします。














全体像は写っていませんが、これで冷蔵庫のつかい勝手も
よくなりました。


ただ、困ったことは
ルーカスもキッチンのトップに手が届くようになりました。






そこまで気が付きませんでした。




ユニバーサルデザインとか

高齢者仕様とか 

いろいろありますが、

身長が縮むことについてのフォローはまだ無いようです。





 東京都小金井市の住まいのことなら 蠍点邱務店にお任せください!


Posted at 2011年10月25日 15時02分10秒  /  コメント( 0 )