東京都小金井市の古川工務店は、新築、増築、改築、リフォーム、修理を行っています。
メインメニュー
2011-05 の記事

梅雨入り




今年は、例年より早い梅雨入りとか・・・

今の日本には、踏んだり蹴ったりです。

大雨による、土砂災害や浸水など 心配事が山積み。

東北の皆様、くれぐれもお気を付け下さい。



日々のニュースは、原発のその後を伝えています。
先の見えない毎日、東北の被災者の方 現場で作業にあたっている東電関係者の方
本当に御苦労さまです。
長いスパンで物事を考えなければならない状況の中
健康こそが頼りですね、梅雨のじめじめになど負けないで頑張ってください。



素人なりに 新しい発電について考えました。
たわごとと思って聞き流してください。

家庭には、家電製品が沢山あります。
したがって、消費電力はなかなかゼロにはなりません。
しかし、逆を言えば、そこから生み出されるエネルギーも沢山あるのです。
ホンダが開発する蓄電池を備えた新時代の住まいについては
素人ながら私も似たようなことを考えていました。

電気の蓄電は、非常に難しいそうです。
蓄電できる容量に限りがあり、実際に電気として生活で
家電を動かすだけの電力を蓄えるには相当の大きさと
がいるということです。

私は以前日当たりの良い2階のベランダと駐車スペースの屋根に
パネルを設置しようと思ったことがあります。
その際、夏場のエアコンぐらい動かせるかしらと素人考えを巡らせていましたが
調べてみると、駐車場の電球一つくらいしか発電効果はないとのことでした。
正直・・・何ん百万円も先行投資して、
       電球一つでは全然魅力がなくなってしまいました。


そこで、効率のいい蓄電池を開発していただいて、
そこに貯めるエネルギーは
家庭には沢山あるじゃない・・・!!!
素人は、あり得ないことをまことしやかに考えるのです。


 \濯機や乾燥機、エアコンの室外機のファン、扇風機、
    電子レンジ、換気扇の回転エネルギ  ーを コンセントへ戻し蓄電池に蓄える。

   家電には2本のコードを付け、1本は電気を供給する。
   もう一本は、蓄電池に発電したエネルギーを戻すためのものとする。
   コンセントには IN とOUT の口を付ければ無駄なく取り込める。

◆〕畫紊愧めるお湯の熱、室外機から出る熱気、
         夏場の気温を建物の表面でエネルギーに変える。

   今は、断熱材で熱を遮断しているが、断熱材で暖まった熱エネルギーを電気に変え蓄電


 太陽光パネルによる蓄電。もちろん風力や水道から水が出るときの水圧だって
                    人間が部屋を歩くエネルギーだってあります。


* 日々の生活中には 沢山のエネルギーが無駄になっていると思うのです。


 

  たとえば素人は、二酸化炭素だって、エネルギーにできないものかと思うのです。
  

   光合成すればいいのです。そうすれば酸素が生まれるわけですし、
   極論では、今の放射能をエネルギーと考えて
               何かにできないものかなんて思うのです。


非現実的な考えですが、発明ってこういう素人的な物の考え方から
始まるんじゃないでしょうか。


   研究者の方々
        既成概念にとらわれることなく
                柔軟な脳味噌で 宜しくお願い致します。



      大きな災害で大変な時ですが
                   科学の進歩に期待しています。









東京都小金井市のの住まいのことなら 蠍点邱務店にお任せください。


Posted at 2011年05月30日 15時18分50秒  /  コメント( 0 )

ご無沙汰致しました。...






決算等で忙しい毎日を過ごし4月はあっという間に終わってしまいました。
気がつけばもう連休も終り、梅雨ももうそこまで来ているような天気。
東日本大震災から早2か月が過ぎ、ニュースでは少しずつちがう事柄も取り上げられていますが、
決してこの大惨事を忘れることなく、教訓として前向きに今後の災害に備えていかなければいけないと思います。
何ができるかと、自分に問いかけた時もあります。
写真を洗うお手伝いなら私にもできるかしら とか
義援金を募金するとか
東北地方の食品を購入するとか
旅行に行ってみようかとか・・・
新しい発電方法を素人なりに考えるとか。
海外からの応援に感謝するとか。


でも、やっぱりその場しのぎの感情では続かないことに気がつきました。
無理をすることなく、自分たちの出来ることを継続して積み重ねていくことが
最善の応援だと思うのです。
現地の方々はまだ災害の真っただ中にいらっしゃいます。
私たちは、その場にいるわけではないので被災者の方々の苦労を
すべて共有することはできません。


私は、東北の食材を選んで買いもとめます。
被災地の新聞記事は選んで読みます。
節電に心がけます。
落ち着いたら、東北に出かけてみようと思います。
直接御力にはなれませんが
出来ることを積み上げて支援できたらと思います。


無理はできませんが、コツコツと続けていこうと思います。


Posted at 2011年05月11日 16時21分52秒  /  コメント( 0 )