企業内教育・生涯教育・カウンセリング
メインメニュー
小山田治子の笑顔日記

20数年ぶりの上高地

 7月19-20日、紫蘭会の山行で上高地から徳本峠(とくごうとうげ)に行き、徳本小屋で1泊し、そのまま下山してきました。

 4月に行った韓国の海外トレッキング後初めての山行で、しかも4月半ばから膝を痛めて治療の途中、今月に入ってこともあろうか道路で派手にダイブをしてしまい、擦り傷は治ったものの膝の内部の痛みと胸の痛みはまだ完治しないままの山行でした。

 山小屋に泊まるのは苦手なので、ほとんど山行は日帰りなのですが、今回は行きたいと願っていた上高地なので、仕事のスケジュールを調整し、参加してきました。
ほとんどの方が山のキャリアも長く、相当な山々を歩いてきた人たちなのですが、その中に入った私は何せ一番素人なのに一番荷物が重いのです。

 「汗に濡れたものは着干しが一番」「生乾きでもそのまま着るのよ」と聞きますが、私には無理!!  せめて汗は拭きたいし、乾いたものを着たい。もし寒くても対応できるように・・。 それで荷物が増えるのですが、着ないままのシャツもありました。

 峠というので、それほどの山とは思ってなかったのですが、なんの何の!
結構険しいところもありました。
でも峠からの景色は素晴らしく、ほんのわずかな雲の切れ目に奥穂高も見え、同じ目線で連山が見えるのは、やはり高いところまで登らないと味わえないものでした。

 初日の上りは山行日和といえましたが、翌早朝宿を出発し9時ころには下山をして、明神館でコーヒーを飲み、明神池から河童橋に向かうころから雨が降り始め、次第に雨脚が強くなってきました。野外学習の中学生や大勢のツアー客とすれ違いましたが、せっかくの上高地が大雨では気の毒と思いました。幼児連れの家族も結構出会いました。帰宅して録画したものを見ましたら、松本地方に大雨警報がニュース速報で入っていました。あの土砂降りは異常でした。

 20数年前に夫と行った頃は車の規制もなく、マイカーで大正池や帝国ホテルを見て、河童橋まで行き、そこから有名な景色を眺めただけでしたので、ぜひゆっくり歩いてみたいと思っていました。次はぜひお天気の良い時に、河童橋と明神池の間の森林をゆっくり味わいながら歩いてみたいと思います。

 上高地⇔横浜間の直行バスが定期運行されていることを知り、帰りはバスで帰ってきましたが、次回は往復利用して上手に遊びたいと思います。
どなたかご一緒しませんか?

 今日は久しぶりに全身筋肉痛です。また治療に行きます。

    
 峠から見た前穂高(雲の中が奥穂高)   神秘的な明神池 
 
 明神橋を渡るメンバー


Posted at 2012年07月21日 14時32分30秒  /  コメント( 0 )

交流分析学会の年次大会

 7月15-16日 真夏のような暑い2日間、交流分析学会の年次大会に出席してきました。
最近は地方で開催されるときは出かけないのですが、首都圏の場合はほとんど出席しています。

 3年前の横浜での開催時には、交流分析の普及のために紙芝居を使った活動をまとめてポスター発表しましたし、シンポジストの一人として、研修の場でどのように交流分析を活用しているかパワーポイントを使って発表しました。同業の講師の方々から参考になったと感想をいただきましたので、私が開発したストローク交換を研修に取り入れた人があるかもしれません。

 20数年前から学会には参加していますが、なじみの顔が減って見知らぬ人たちが増えたことに驚きました。もともとこの学会は医師が多く、産業界の人は少ないのですが、同時に開催された評議委員会でも見知らぬ顔が増え、時代の変化を感じました。特に以前は女性が本当に少なかったのですが今回は評議委員にも女性がすごく増えていました。

 発達障害をテーマの特別講演もありました。最近特に増えているテーマで、私もできるだけ勉強会には出席していますが、可能な限り幼いうちに発見し理解をして関わりに気をつければ、本人の苦しみは減るそうですので、気になる場合は早めに専門家に診ていただくことだと思います。

 大津のいじめ自殺の問題がクローズアップされていますが、交流分析の普及が広まれば、こうした苦しみを生む土壌も改善されるのではないでしょうか?


Posted at 2012年07月17日 15時25分23秒  /  コメント( 0 )

済州島トレッキング

 4月7日〜12日まで、韓国済州島と慶州にトレッキング旅行に行ってきました。
韓国ドラマが次々に入ってきて、韓国が想像以上に近代国家だということはわかっていましたが、初めての韓国が済州島でした。

 この島は日本でいえば沖縄にあたるような、もともと1つの国で、文化も言葉もちがっていたそうです。今や韓国の人たちのリゾート地としても有名ですし、数々のドラマの舞台にもなりロケ地もたくさんありました。

 火山の島で真ん中にある漢拏山(ハルラサン)は島のどこからでも見られ、雪ものこっていました。この山に登るのが今回の目的です。お天気は最高。風が強いのは有名ですが、でもすごかった! 頂上でお弁当を開くとドラマでもよく出てくる<海苔巻き>です。酢飯ではないのですが、具の方が多くってとてもおいしかったですよ。

 行ってみて一番感動したのは、満開の桜並木です。日本の桜の名所も負けてしまうくらい、規模が違いました。しかも済州島だけでなく、次に行った慶州も同じです。韓国中が桜? と思えるほど、あちらもこちらも桜・さくら・サクラ・・・・。

 その他モクレン・こぶし・レンギョウ・菜の花・・・・・。日本が寒いので少しお花には早いかなと余り期待もなく行ったのですが、それはそれは最高の時期でした。

 

海苔巻き2本は多すぎた       頂上はまだ先         2度と歩きたくない絶壁の上

アップしたい写真は規定よりオーバーでアップできないのが残念!


Posted at 2012年04月30日 11時57分50秒  /  コメント( 0 )

S先生の卒寿を祝うイベント

 私たちCHR研究所でご指導いただいている、S先生の卒寿を記念して「S先生とカウンセリングを語る会」が私の所属している一言塾主催で21日に神田のレストランで行われました。

 昨年末企画発案者から打診があり、何度か打ち合わせをしながら準備してきました。
事務局は私が引き受けることになり、従ってスタッフのIさんも忙しくなったのですが、先生はパワーポイントを使って、90年の人生を振り返って様々な写真を見せながら、語ってくださいました。その後TAの世界では今や第一人者のT.S先生がインタビュアーとなり、話をひきだしたり、フロアーからの質問を入れて、サロン形式で進行しました。

 その後フルートのミニコンサートがあり、続いて懇親会ではベルギービールを飲みながらベルギー料理を食べて、みなさんとても和やかで温かい雰囲気の会が催されました。
私は総合司会を務めましたが、こうした役割は滅多にしないので、とても「まかして!」とは言えないのですが、それでも終わったあと、「CHRの雰囲気でとてもよかった!」といわれたり、「和やかで温かい雰囲気で参加者に入れてもらって感謝してます」とお礼が届いたり、50人限定の参加者でしたが、みなさんからとても喜ばれ、S先生の満足そうな表情で、大成功と言える会でした。

 特別講座の6人も参加しましたが、写真撮影、ビデオ撮影、受付など手際よく、さすがCHRのメンバーと思いました。安心して任せて私は自分の任務に集中することができました。


Posted at 2012年04月23日 17時59分22秒  /  コメント( 0 )

楽しい夜でした

 3月14日の夜、久しぶりに横浜シェラトンホテルの28階にあるラウンジに都合のつく人たち7人と行き、常連のKさんのお陰でいつものロイヤル席で楽しい夜を過ごしてきました。

 CHR研究所の20周年パーティーを、この会場を借り切って、80数名の方々を招待して開いたのも早いもので2年前になってしまいました。

 17時からのバイキングでお腹もいっぱいになった頃、お目当てのハーモニーのファーストステージがはじまりました。 私の家庭に軽音楽が流れることがなかったので、ほとんどわからないのですが、それでも「聞いた事があるわ」という曲もあり、若い人たちはのりのりでした。
知らなくてもこの兄妹の実力の素晴らしさはわかります。

 セカンドステージまで見て帰りましたが、夜遊びとは縁のない私達にとって、1年に1度あるかないかのこうした楽しい時間を過ごせることが幸せです。

 興味のある方は一言「今度のチャンスに声をかけてください」と申し出てくださいね。
毎回7―8人で行くのですが、「誰に声をかける?」と迷いながらお誘いしているのです。

 
 

 


Posted at 2012年03月16日 11時54分17秒  /  コメント( 0 )

樹氷ツアー

 10年前に樹氷を見に蔵王に行きましたが、猛吹雪のためロープウエイが運休でライトアップを見ることは断念。翌日吹雪の中頂上まで行ったものの視界がほとんどない状態で、とても残念な思いをしました。

 10年後リベンジを目指して今度はツアーで行きましたら、ガイドさんも地元の人たちも「こんな恵まれた日はない」といわれる位、本当に素晴らしい光景を見ることができました。ゴンドラも新しくなっていて美しい雪景色と夕日、そして暗くなってからのライトアップ。幸せ!!

 もう一つの幸せがありました。
ホテルについて部屋に行くエレベーターを待っているとき、「10万円のスイートルームを特別に1万円で泊まれます。残り1部屋」の声に乗った私達。4人で1万円。更に値引いて1人2000円。
ロイヤルスイートルームはおそらく私達の人生最初で最後でしょう。それはそれは素晴らしい部屋でした。
  


Posted at 2012年03月10日 17時00分21秒  /  コメント( 0 )

姪の結婚式

 近くに住む姪の一人が結婚しました。今の時代らしく晩婚です。
目黒の雅叙園での結婚式は、羽織袴の新郎と白無垢綿帽子の新婦という、最近めずらしくなった昔ながらの装いで、笙の音も厳かに行なわれました。

 昔との違いで驚いたことは、結婚式に両家の親族のみでなく友人も列席し、しかも記念撮影まで親族以外に大勢の友人が入ったことです。 これにはびっくりしました。
これが最近のやり方なのでしょうか? 一人の親族の気持ちとしては、親族だけにしてもらいたかったです。

 雅叙園は結婚式場として有名で、毎年母校の同窓会が行なわれるところでもあるのですが、当番期以外は出席もせず、2年前の当番期は仕事と重なったのでチャンスを逃し、今まで入る機会がありませんでした。

 素晴らしいつくりで、ゆっくり時間をかけて鑑賞してまわりたいと思いました。
お食事とセットになったツアーもあるようです。今はお雛様の鑑賞ができます。

 ここには書けないアクシデントを体験し、職業上の見方をすると問題点はたくさんありますので、建物の造りだけでなく、働く人たちの人間性も含めて誇れる雅叙園になってもらいたいと思いました。


Posted at 2012年02月15日 14時47分44秒  /  コメント( 2 )

才女のH.Tさんに拍手

 先日電話当番で来られたTさんと何気ない会話をしていて、人生やキャリアの話に及んだとき彼女から素晴らしい話を聞きました。

 OLさんを続けながら工業英検にチャレンジし、見事に1級に合格されていたのです。しかも1級でも最高点で、ということは受験者中1番の成績で、3月には文部科学大臣奨励賞を授与されるそうです。

 こうした話はご自分からは話しませんので、偶然の会話から出てきた話で、とても嬉しく思いました。 是非皆さんも彼女におめでとうと言ってあげてくださいね。
カウンセリングとはかけ離れた世界での活躍も期待されます。


Posted at 2012年02月06日 17時27分49秒  /  コメント( 2 )

連日のお楽しみ

 2月4日は恒例のベルギー料理とアカペラコンサートを楽しむ会に行ってきました。
ジョリー・ラジャーズというグループですが、昔グリークラブで歌っていた人たちが集って結成されたグループで、ほとんど毎年行ってますので、何回目かわからなくなってしまいました。
 
 職業も様々な人たちで、すでにリタイアされた人もありますが、毎週集って練習をし、9月にオペラシティーでコンサートもするのですが、これが満席なのです。プロでもなかなか集客は大変な時代にアマかセミプロのジョリーのファンは多く、コンサートは昨年初めて行ってびっくりしました。

 ベルギー料理もおいしく、ベルギービールが飲み放題です。今年は私の関係者が9名で申し込みました。初参加者の方が多かったのですが、みなさん大満足してくださいました。
お店は神田のシャン・ドゥ・ソレイユです。交流分析の勉強会で出会ったHさん(故人)がオーナーで息子さんがシェフで18年前にオープンしました。CHRの15周年も、杉溪先生の喜寿の祝いもこちらでお世話になりましたし、今春には先生の卒寿を祝うイベントをすることになっています。

 翌5日は県民ホールでレ・フレール(ピアノの兄弟デュオ)のコンサートに行きましたが、これがまた素晴らしいコンサートでした。テレビで見て是非1度と思って行ったのですが、何回でも行きたくなるのがわかりました。クラシックのコンサートばかり行っている私が、全曲のめり込んで楽しんできました。多分全曲彼らのオリジナルの曲だと思いますが、情感豊かな静かな演奏から会場を巻き込んでの演奏まで、最後はスタンディングオベーションです。 大満足の夜でした。 2晩楽しんで私の免疫力は確実に活性化したはずです。


Posted at 2012年02月06日 17時17分25秒  /  コメント( 0 )

風邪にやられました

 インフルエンザが流行り始め、今日もある小学校で学級閉鎖になったと知りました。
CHRも風邪にやられています。スタツフのYさんは2度目の風邪で欠勤中です。
私は1月20日からのどが痛くなり、微熱つぎに咳と鼻にきて、結局2週間くらい完治するのにかかりました。最後はいつまでも鼻声状態でした。
 
 その間、私は記念すべき誕生日を迎えましたので、風邪を吹き飛ばそうと一人で奥湯河原の温泉につかってきました。 奥湯河原の旅館は一人ではなかなか泊まれないのですが、運よくインターネットで一人旅を見つけ、すぐに申し込みましたが、本当に幸せな時間でした。

 インターネットで一言「自分へのご褒美」と書き込みましたら、お部屋がグレードアップされていて、露天風呂付のお部屋が待っていました。 感動です。
エステをして、温泉に計5回も入って、部屋食の会席料理を食べて、幸せでこれはやみつきになってしまいそうです。

 お祝いに家族で温泉旅行に行くことになっているのですが、日程がなかなか決まりません。
全員の日程を合わせるのって本当に大変なことです。 それで29日の誕生日に一人で決行となった次第です。


Posted at 2012年02月06日 16時50分24秒  /  コメント( 1 )

前へ |  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  | 次へ