企業内教育・生涯教育・カウンセリング
メインメニュー
2007-09 の記事

台風

 またも台風の影響を受け、鳥羽から帰りが1日遅れましたが、名古屋から指定席をとっていた電車が間引きされ、のぞみの自由席にも座れず、立ったまま新横浜まで帰りました。1時間30分立ったままは首都圏の移動でもしばしば体験しているはずですが、新幹線の1時間30分は辛いものがあります。お昼時でおいしそうに食事をしている人、気持よさそうにねむっている人。あぁ。

 その前日、予定通り仕事が終わって帰路につくかもう1泊するか? 仕事先の担当者ともインターネットで台風情報を見ながら迷いました。 名古屋までは大丈夫だけど、その先がどうなるか? 結論は1泊して翌日帰ったのですが、食事が終わってホテルの部屋に戻り、テレビを見て本当に良かったと思いました。新幹線が全部とまっていますし、ホテルも取れないという乗客の嘆きを見て、正しい決断だったと思いました。

 今月末は、7月の台風で延期になった仕事で長崎に行きますが、「どうか台風よ来ないでください」と言った心境です。

 


Posted at 2007年09月09日 14時44分38秒  /  コメント( 0 )

台風接近

 だんだんと雨脚も強くなってきました。昨日から鳥羽に出張中の所長から先程連絡が入り、新幹線が怪しくなってきたのでもう一泊されるようでした。
 本日は、NPO法人の交流分析勉強会の日でした。休み明けでも忘れる事なく、このお天気の中8名の出席がありました。すばらしい!!
 今日はアサーションの体験談を出し合い、失敗だと思った事例について話し合いました。日頃からAを働かせながら、自然に表現できるような練習が必要だと感じました。正論も言い方次第では、人を追い詰めたり、傷つけたりしますからね。特に、ご近所や子どもを通してのお付き合いの人とのやりとりは、難しいようでした。
 今日のファシリテーターはキャサリンでした。TA勉強会は毎月担当のファシリテーターがテーマを決め進めています。来月はラケット感情についてです。交流分析の基礎学習修了の会員の方は、どなたでも参加して頂けます。参加費500円。毎月第1木曜日1:30〜3:30です。ご参加ください。(YUMI)


Posted at 2007年09月06日 16時58分55秒  /  コメント( 0 )

ブログ

 このブログを始めるにあたって、どれだけの人に見て頂けるのか?書き込みがこなかったら?又中傷記事が沢山きたらどうしましょう?スタッフ日記に書く事ある?・・・と、あれこれ考えていたのですが、そんな心配は全くいりませんでした。
 ブログ開設以来、毎日想像以上のアクセス数ですし、皆さんからの書き込みもありますし(中傷記事は一度もありません)、所長に「毎日読んでます。」「楽しみにしています」と言って下さる方も増えています。なかなか会えない人とも、このプログでつながっていると思うと、とても嬉しいです。
 私の姪の一家が春からロスに転勤しているのですが、彼女がブログに子どもたちの様子を書いたり、写真や動画をのせているので、離れて寂しがっているバアバ(私の姉)の慰めになっています。私もプログを見ての感想や身近な出来事を姪にメールすると、携帯にすぐ返事がはいってくるので、離れて暮らしている実感がわきません。昔は外国からのコレクトコールとかがかかると、「高いから切るね」と言って慌しく会話したものですが・・・インターネットで、本当に便利になりましたね。(YUMI)


Posted at 2007年09月04日 16時19分36秒  /  コメント( 0 )

学会に出席

 福島県で開かれた日本産業カウンセリング学会の大会に土・日の2日間出席してきました。
前日にあった研修会には仕事と重なったため参加できませんでしたが、駅のそばの会場でホテルも駅の近くにあり、アクセスは申し分ない場所でした。

 メンタルヘルス、キャリアカウンセリングが2本の柱ですが、私は両方とも仕事と関係しているので、プログラムを見ながら、部屋を選びました。しかし食事のときなどに別の教室の評判を聞いたりしますと、あちらの方がよかったかしら?などと思う場面もありました。

 久しぶりに懇親会にも参加しましたが、この学会は比較的顔見知りが多いので、安心していられます。

 学会発表の内容も興味深いものから、えっ?というものまで様々ですが、一様にいえるのが、滑舌が悪く、早口なのでなかなか聞き取りにくい人が多く、これがカウンセラーと講師の違いかなと思いました。講師ははっきり伝えることが仕事ですので、声のトーンや歯切れには特に神経を使います。

 パソコンを使った笑顔を作る方法は、なかなかユニークで、おもしろいものがありましたが、機械を使わないでも、心からの自然な笑顔の人を増やすのが、私の仕事です。方法は違いますが、笑顔を取りあげたことは今までの学会にはないことでした。 形から入る笑顔のつくり方は依然抵抗があります。 心からの笑顔美人を目標にしましょうね。


Posted at 2007年09月04日 01時16分03秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2