企業内教育・生涯教育・カウンセリング
メインメニュー

自分へのご褒美

 今私はプラハにいます。
26日に成田から飛び立ち、フィンランドを経由して長旅の末ようやく到着しました。
まだクリスマスの余韻の残っている町の飾りがとても楽しいです。

 今日からが本格的に観光がはじまりましたが、モーツアルト・ドボルザーク・スメタナなどが代表的なプラハです。それぞれの記念館を訪ね、冬枯れのどんよりした町を、それでも週末で賑わう町を歩いて楽しみました。

 滞在型のツアーに一人で参加しましたが、夫婦が4組とあとは一人参加の女性ばかりです。
今日は早速近くのスーパーに行き、食糧を仕入れてきて、相部屋の相棒とドボルザークのCDを聞きながら、早速デジカメに収めた写真を眺めながら食事をしました。
明日からは、連日御馳走づめなので今日は質素に気楽にすませることにしました。
そういうことの感覚が合う人だったので良かったです。

 3年くらい前、ウイーン・ザルツブルグ・ザルツカンマーグートに行った時、プラハは時間的に厳しいのでカットし、それぞれ2−3泊ずつしましたので、今回のプラハ5泊と1日郊外に泊まるこのツアーは大変魅力がありました。

 長年頭の片隅にあった出版の重荷が下ろせたご褒美の旅行なのです。

Posted at 2008年12月28日 05時26分53秒

 
この記事へのコメント

うらやましぃ!!

小山田先生、プラハからのブログ、ありがとうございます!!まだクリスマスの余韻が残っているというプラハ、うらやましい限りです。(同室の方もよい方だったようで安心しております。)デジカメに収まるプラハの街並みを見せていただくのが楽しみです。どうぞよい旅をお続けください。
私はあと半日働いてまいります。(今年の年末年始のお休みは大型連休の方が多いようですが、私の休みは30日午後から4日までとあっという間です・・・(;O;))
Posted by Naoko at 2008/12/29 22:25:49

トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*