企業内教育・生涯教育・カウンセリング
メインメニュー

感動的な講演会でした

 NPO法人心の笑顔サポートセンター設立5周年記念講演会が、12月6日四谷のルークホールで行われました。集客には苦労しましたが、お一人で10人を誘ってきてくださった人もあり、何とかガラガラ状態は避けることができましたが、もう少し大勢の人に来ていただきたかったです。

 私はいつもの仕事や勉強会の仲間ではなく、全く私が何をしている人かも知らないような、プライベートのお付き合いの人たちに声をかけて大勢来ていただきましたが、教えてもらわなければ、こんなチャンスには出会えないので良かったと素直に喜んでくださいました。

 講師の濱宮郷詞先生とは初対面でした。インターネットを検索していて偶然見つけてお願いしたのですが、高校生の時運動中に怪我をして、車椅子生活になられたのですが、そのあたりのことはもちろん、5歳の時自分の目の前で父親が倒れ、救急車で運ばれたけど、残念ながら亡くなられたというお話を、子どもの目に写った光景から話してくださいました。

 1時間半の講演は、笑いの場と涙の場とありましたが、本当に生き抜く決意をすると、人間はとても強いものだと思いました。
行きたかったけど、都合が悪くていけなかった人は、是非彼のHPを見てください。
またどこかで講演があるときには、チャンスをのがさないでもらいたいと思います。
現在悩んでいる多くの人に、聞いてもらえれば、悩んでいる今の自分は何なんだという気持ちになるのではないかと思いました。

 忙しい中、会場に来てくださった皆様、本当にありがとうございました。

 

Posted at 2008年12月08日 18時18分57秒

 
この記事へのコメント

心に残る話

普段は講演会などに行く機会がないので、今回の講演が1時間半と聞いて、最後まで集中して聴けるかなと思ったのですが、あっという間に時間が過ぎていきました。さり気なく話される濱宮先生のお話は、そこに行きつくまでの心の葛藤が想像され、ひとつひとつのことを時間をかけてお聴きできたら・・・と思いました。今度街で障害を持つ方を見かけたら、「お手伝いできることがありますか」と声をかけてみようと思わせてくださったり、ひとつひとつのエピソードが深く心に残りました。
Posted by Naoko at 2008/12/09 23:38:51

すばらしい講演会でした!

濱宮先生の講演会は心に響くとてもすばらしい講演会でした。
ご自身の体験からのお言葉一つ一つが心にしみてきて、終了時には本当に講演会に出席させていただいてよかったと思いました。
特に、大変だなと思う場面、つらい場面に直面したときは「見方を変える」ことが大切というお言葉が強く心に残りました。見方を変えると大変なことが実は自分にとっていい経験だったと思えることもあるんですよね。行き詰った時などはこの「見方を変える」ことで乗り切れるという前向きな姿勢・・・私も心にとめて過ごしていきたいです。
Posted by アップル at 2008/12/14 18:53:38

トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*