特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)

旭川信金での最後の勤務 総合企画部  ナレッジマネジメント他

私は大学卒業後26年間、旭川信金に勤務し、2003年3月に退職・翌月の4月に49歳で脱サラ=独立開業しました。26年勤務の内、最後の11年間の勤務が特に今の私がある、きっかけになりました。

まず38歳の時、4年間、出向で北海道でただ一つ「旭川」が指定された頭脳立地構想推進の螳粟郢唆塙眦找愁札鵐拭爾烹看間勤務しました。
国、道、旭川市、商工会議所の方々と一緒に仕事をする、貴重な体験をさせて頂きました。この時の経験を基にまとめたのが、「メディアあさひかわ2020.9月号」の5ページもの特集「ポストコロナの旭川のまちづくり あらためて問われる各界関係者の知恵」です。

次に42歳の時に旭川信金に戻り、4年間人事部に配属になりました。職員400名の研修(人材開発)担当でした。これは今の業務そのものですが、さらにこの時の色々な方との出会いで、社会保険労務士・行政書士の仕事に関心を持ちました。

最後に、46歳の時から3年間総合企画部勤務でした。総合企画部での私の担当業務は
1.社内ランの責任者=通達等の管理、営業店等のネットの不具合への対応
2.職員(約400人)の職務分掌作成、管理
3.景況リポート作成
4.長期・短期経営計画作成の補助
5.ナレッジマネジメントの構築

3の「景況リポート作成」は、今でも経済に関する本を沢山読み、テレビでみるのは経済関係の番組中心ですし、経営者の方に経済の話しをするのもこの時の経験からです。

2の「社内ランの責任者=通達等の管理、営業店等のネットの不具合への対応」、
4の「長期・短期経営計画作成」では、情報の共有の問題がメインです。会社の経営計画、経営理念の確立、社員全員での情報の共有等、どの会社にとっても最も重要なテーマです。

2の「職員(約400人)の職務分掌作成、管理」も、今の業務そのものです。給与を頂きながら、非常に貴重で重要な勉強・経験をさせて頂きました。

最後に、5の「ナレッジマネジメントの構築」は難しすぎて未完に終わりました。
「ナレッジマネジメントの構築」は、膨大なテーマです。各人の持っている経験、知識をマニュアル化して、その方が辞めたり、配置換えで担当が変わっても、スムーズにバトンタッチできる仕組みをつくることです。

一人の方だけ、長く同じ仕事を担当するのではなく、違う人もその仕事ができる仕組みも重要です。忙しい時に助け合う、有給休暇を取りやすくする 等会社にとって有効なことが沢山あります。

よくある例が、経理担当等の古い社員が、若い社員が入社しても業務を教えないでいじわるし、せっかく採用しても、すぐに辞めてしまうケースです。「ナレッジマネジメント」を推進すれば、このような困った例もなくなります。

また、困った事例、顧客のとのトラブル・クレーム等も、事例の内容、対策等をまとめてマニュアル化すれば、同様の問題解決の「会社の知恵」になります。

このように、「ナレッジマネジメント」は非常に重要なテーマです。写真は、昔担当した特に読んだ本の一部です。「よくわかる ナレッジマネジメント」と「ナレッジ・イネーブリング」です。




主営業範囲(旭川市、札幌市、名寄市、士別市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、
留萌市、紋別市、北見市及びその周辺地域) 

主要業務
個別労使紛争の予防、解決
各種助成金申請・社内活性化・コンプライアンス(法令遵守)
給与計算・社会保険・労働保険の諸手続
就業規則・給与規程・退職金規程他各種規程の制定
建設業等許可・経営審査、記帳会計
取次申請(出入国管理手続き)
会社設立(ご希望の会社設立のお手伝いをします)

Posted at 2022年01月18日 17時07分19秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*