特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)

令和3年度 労働委員会「職場研修」参加、北海道行政書士会 久しぶりに挨拶で訪問

令和3年度 労働委員会「職場研修」参加、北海道行政書士会 久しぶりに挨拶で訪問

今日も家内が、旭川駅まで車で送ってくれました。
札幌に行くにあたり、手土産を買ったり、食堂に寄ったりで旭川駅の土産店、「旭川観光物産情報センター」に寄ったりしました。食べたのは、ラーメン・ミニチャーハンセット(690円)。

札幌に着いてまず、数年ぶりに北海道行政書士会会館に挨拶に行きました。以前、旭川支部及び北海道会で役員をしていて、当時は定期的に会館に行ったものです。
宮元会長、菊地副会長、横内副会長、成田副会長 いつもお世話になります。

次にかでる2・7に行き、北海道労働委員会の「令和3年度 職場研修 テーマ・労働委員会制度の直面する課題」に参加しました。

会場は、かでる4階の大会議室。事務局=道庁の職員が約40名、委員が数名欠席で約20名参加で、計60名の参加でした。コロナ対策で3人掛けの机に一人で座るスタイル。

講師は、北大名誉教授の「道幸 哲也」先生で、論文紹介、意見発表は事務局=道庁の職員でした。司会進行は、公益委員で小樽商大教授の國武先生でした。

道幸先生のお話は久しぶりで、あいかわらずお元気な様子でなによりでした。

ワークルール検定があり、労働関係の非常に有名な検定試験で受験者も増加しています。実は本を主に執筆されているのは、今日ご参加の道幸先生と國武先生です。
初級と中級があります。グローバル化による企業間競争の激化や労働法の規制緩和、働き方の多様化などの中、労働者と使用者が知っておきたい労働法の知識を身につけるための検定です。

写真は、労働委員会「職場研修」次第、北海道行政書士会会館、最後が旭川駅の中にある「旭川観光物産情報センター」です。旭川観光コンベンション協会で運営していて、仕事がら、何をしているのか、従業員の勤務態度が気になって写真を撮りました。






主営業範囲(旭川市、札幌市、名寄市、士別市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、
留萌市、紋別市、北見市及びその周辺地域) 

主要業務
個別労使紛争の予防、解決
各種助成金申請・社内活性化・コンプライアンス(法令遵守)
給与計算・社会保険・労働保険の諸手続
就業規則・給与規程・退職金規程他各種規程の制定
建設業等許可・経営審査、記帳会計
取次申請(出入国管理手続き)
会社設立(ご希望の会社設立のお手伝いをします)

Posted at 2021年12月01日 01時31分25秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*