特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)

一番見る、大事なテレビ番組 モーサテと『WBS』 コロナ禍で町内会に団体接種の案内

一番見る、大事なテレビ番組 モーサテと『WBS』 コロナ禍で町内会に団体接種の案内

テレビの番組で一番見る、大事なテレビ番組は、早朝のモーサテと『WBS』です。
経営者と話すのに必要な経済番組ですし、投資の関係で非常に重要な番組です。

一方、お蔭様で、毎日仕事の関係でフル稼働です。そんな中、多くの番組はビデオを撮ったのを見ます。宣伝部分をとばすのと、ここ1年以上毎日のように報道されている、コロナ禍の番組もほとんどとばします。

いい加減な専門家、芸能関係のいい加減な個人的見解 全てとばします。これらをとばすと1時間15分の番組が、30分くらいで終わることがよくあります。忙しい私には、助かることです。

毎日のコロナ禍の番組は、100分1くらいしに圧縮してちょうど良いくらい、いい加減で、意味のないものが多いと感じます。

その証拠に、今になって分かるのは、日本が先進国の中で一番ワクチン接種が遅れていること、ワクチン接種が進んでいる国は、コロナ禍が収まり、経済の本格的復興が進んでいることです。つまり、ここ1年数か月で、一番重要なことはワクチンの確保と早い接種だったことです。

なぜ遅れたのか? 政治家と国民が、目の前のことにのみとらわれて、緊急事態だの「休業にともなう保証をすれ」だのにのみ、目を奪われてきたからです。
つまり、日本は政治家も国民も危機管理意識、能力が低いと言わざるを得ません。

ところで、つい先日、旭川市から「町内会等での団体接種に係る希望調査表」なるものが送られてきました。
早速、緊急の4役会(会長である私、副会長2名、総務部長、経理部長)を招集し、町内会で申し込むことにしました。

今後、「旭川でのコロナワクチンの接種がどのように進むのか」関心のあることです。
写真は、町内会として団体の接種を希望することの回答書です。




主営業範囲(旭川市、札幌市、名寄市、士別市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、
留萌市、紋別市、及びその周辺地域) 

主要業務
個別労使紛争の予防、解決
各種助成金申請・社内活性化・コンプライアンス(法令遵守)
給与計算・社会保険・労働保険の諸手続
就業規則・給与規程・退職金規程他各種規程の制定
建設業等許可・経営審査、記帳会計
取次申請(出入国管理手続き)
会社設立(ご希望の会社設立のお手伝いをします)

Posted at 2021年05月08日 16時43分53秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*