特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)

茶の子 …我が家のルーツ:広島県大竹市から香典返し

茶の子 …我が家のルーツ:広島県大竹市から香典返し

茶の子 …私は初めて聞く言葉です。ネットで調べると以下のようです
 茶の子の一般的な意味としては、お茶請けのお菓子という意味がありますが、仏事での「茶の子」はまた違った意味で使われます。
 主に中国地方、四国地方、九州地方の一部地域で使われている呼び名であり、四十九日の前後に渡す法事のお返し又は葬儀の香典返しのことをいいます。

我が家のルーツ:広島県大竹市の総本家・松原さんから香典返しが送られてきました。
我が家は、曾祖父が今から130年くらい前に、松田家総出で大竹市から屯田兵として当麻町に移民したものです。先日、50回忌の法要をした私の祖母も、大竹市から嫁入りしました。

私は、何回も我が家のルーツの大竹市に行っています。まず、記憶にはありませんが2歳くらいの時に、祖母の親戚の見舞いに、子守がわりに祖母と一緒に行き、そのまま半年くらい滞在したそうです。
そんな訳で、大竹市では私の小さい頃のことをよく覚えていてくれ、大きくなってからも、「隆、隆」と言って非常に可愛がってくれました。

その後、二十歳の大学生の時に半月掛けて本州、四国を旅で回った時も寄りました。松原さん宅で、親戚中が集まる、大宴会をしてくれました。

28歳の時、新婚旅行で九州の熊本、長崎を行った後、大竹市に寄りました。また、松原さん宅で、親戚中が集まる、大宴会をしてくれました。家内も、大歓迎されました。

最後は8年くらい前、広島県での末っ子の学校の卒業式に出席した折、大竹市に寄りました。主な親戚回りをしたり、菩提寺の「「顕徳寺」にお参りしました。松原さんのお子さん夫婦二組が観光案内もして下さり、山口県岩国市の居酒屋で食事をし、ここの地元の「獺祭」(今では世界的にも有名になりましたが)を沢山いただきました。

写真は、この度送って頂いた「茶の子」と我が家の仏壇です。左にあるのは、先日、長男が沖縄旅行に行った折のお土産「泡盛」です。仏壇はなるべく毎日お参りしています。
仏壇の写真は、左が母、右が父です。いつも、ご先祖様に守って頂いてます。
心から感謝、「南無阿弥陀仏。南無阿弥陀仏」を唱えます。



主営業範囲(旭川市、札幌市、名寄市、士別市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、
留萌市、紋別市、及びその周辺地域) 

主要業務
個別労使紛争の予防、解決
各種助成金申請・社内活性化・コンプライアンス(法令遵守)
給与計算・社会保険・労働保険の諸手続
就業規則・給与規程・退職金規程他各種規程の制定
建設業等許可・経営審査、記帳会計
取次申請(出入国管理手続き)
会社設立(ご希望の会社設立のお手伝いをします)

Posted at 2021年05月08日 16時41分52秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*