特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)

「囲碁の街旭川」の礎を築いた偉大な文化功労者:山岡 一暁 先生

「囲碁の街旭川」の礎を築いた偉大な文化功労者:山岡 一暁 先生

山岡先生は、日本棋院北海道本部副理事長、旭川支部事務局長、女性の囲碁愛好会:睦月会代表、旭川囲碁サロン代表取締役等を勤めていらっしゃいました。平成24年には旭川市文化功労賞を受賞されています。この時はお祝いを持って、囲碁サロンにおじゃましました。
旭川市を日本を代表する囲碁の街にしたのですが知っている方が少なく、山岡先生の亡き後は、その文化が急速に萎んでしましました。旭川市の無為無策が招いた、残念な結果です。

私が先生に初めてお会いしたのは今から46年以上前の話です。当時私は、北大の囲碁部に所属していましたが、バイト等で囲碁部へはあまり行けず、囲碁はあまり上達せず。たまに旭川に帰ってきて碁会所に行った時に山岡先生にお会いし、それ以来のお付き合い。
私の子供が小学校・幼稚園児の当時
道新文化教室 子供囲碁教室:講師4名 山岡先生他
私の子供達4人も、山岡先生に大変お世話になり、可愛がっていただきました。
・冨田さん→囲碁全道大会の常連で、何回の全道一になってます
・東君  →囲碁全道大会の常連。北大教養時代のクラスメートで50年近い付き合い
・私 →自称囲碁4段。他の人ほど強くはないが普段、本で勉強しているので碁は理論的
旭川の偉大な囲碁棋士
小林 光一 67歳:通算獲得タイトル数は歴代3位の59と、燦然(さんぜん)たる足跡を残したまさに「昭和後期から平成にかけての覇者」と形容するに値する大棋士。

趙治勲(ちょう・ちくん)二十五世本因坊は旭川出身ではありませんが、たまに旭川に来ることがあって、私の子供達も碁を打っていただいたことがあります。

山下 啓吾 1978年9月生まれ:日本棋院所属のプロ棋士。九段。旭川市出身。棋聖、名人、本因坊などのタイトルを獲得。張栩、羽根直樹、高尾紳路らとともに「若手四天王」「平成四天王」と称される。3大タイトル獲得数歴代6位タイ、棋聖位獲得数歴代4位。棋道賞最優秀棋士賞を2度・優秀棋士賞を6度受賞。

昔、子供達4人を囲碁の教室に通わせていたとき、囲碁サロンで熱心にプロの棋譜を並べていたのが印象的でした。その後まもなく、NHK子供囲碁大会・小学生の部で優勝しました。

山岡先生は、道新で紹介された通り、「旭川囲碁界の父」であり、大変優しく誠実であり、いつも相手を思いやる心で溢れている方でした。
囲碁はもちろん、アマで道内優勝の経験もあるほど強かったのですが、他にスキーも好きで、工業高校の先生で、野球の指導にも熱心だったと記憶してます。自分の好きなことをし、多くの方々から慕われていた山岡先生は、私にとって親のような、兄のような方であり、また人生のお手本・指南役でもありました。2014年1月に82歳で亡くなられました。なんとも残念でした。


Posted at 2020年04月21日 11時49分19秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*