特定社会保険労務士・行政書士事務所 所長の松田 隆です。 企業のサポート役として、よりよい人事・労務制度の構築、労働問題発生の未然防止、企業法務の対応等、強い組織・会社づくり、いきいきとした社員づくりのお手伝いをします。 主営業範囲(旭川市、富良野市、深川市、滝川市、砂川市、留萌市、士別市、名寄市及びその周辺地域)

社会保険労務士、行政書士試験について

社会保険労務士、行政書士試験について

今回は、私の生業の資格の試験についてのお話です。もちろん、両方とも国家試
験です。

まずは、社会保険労務士から 
試験は年1回、8月にあります。会場は、北海道であれば札幌のみです。
平成27年の試験の結果は、11月6日に発表がありました。
受検申込 52,612人 合格者 1,051人(合格率 2%) 
…つまり、100人受験の申込みをして、2人しか合格しないということです。
(受験者ベースの合格率 2.6%)
 …極端に難しく(合格率が低く)なっています。
合格率を受験申込みベースでみると平成26年…7.3%、平成25
年…4.2%、平成24年…5.5% となってます。平均で5%前後です。

 次に行政書士の試験です。同じく年1回で11月実施です。会場は、札幌の他
旭川市等、主な都市で実施されます。合格発表が先日1月27日にありました。
合格率は受検申込者ベースで …(受験を欠席するのは、多くは受かる可能性が低
い方かと思いますので)
平成27年(申込56,965名、合格者5,814名) …9.9%、平成26年 …6.5%
平成25年 …7.9% です。平均で8%くらいです。

 今回のテーマ、現在の私にとっても大いに関心があることです。実は跡取り
(次男)が両方受験しているからです。
 社会保険労務士、行政書士を目指している皆さん、早く合格して、是非、共に
精進し企業、市民のお役に立てるよう頑張りましょう。

 最後に、受験者の中に試験マニアのような方もいるかと思います。しかし、こ
の方々が合格することで、必死に合格・開業を目指しているのに落ちる方もいま
す。できれば、資格を有効に活用する方が受験することを期待します。

松田 隆 特定社会保険労務士・行政書士事務所
主営業範囲(旭川市、名寄市、士別市、富良野市、深川市、滝川市、
砂川市、札幌市、留萌市、紋別市、稚内市、東神楽町、東川町、美瑛町、
上富良野町、中富良野町、比布町、剣淵町、下川町、美深町、枝幸町
及びその周辺地域) 

Posted at 2016年02月13日 17時19分12秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*