『美と健康 そして 地球環境浄化』をテーマに、地球とみなさんの未来のため、私たちは頑張っています。 〒891−0113 鹿児島県鹿児島市東谷山2−6−3第2山口ビル2F TEL 099−260−3741  フリーダイヤル 0120−603741   FAX 099−267−5575 Email dress765@yahoo.co.jp
メインメニュー
ブログ

変化の予感?


2,007年9月以降、地球の次元上昇が以前よりスピードアップするんですって。
いろんなサイトを見てみると、9月11日とか、9月18日とか、そこらへんあたりで、
ポータルがシフトするとか・・なんとか、書いてあるのもありますが、どうなんでしょう。
んで、エネルギーが高くなるので、敏感な人は、ねむくなったり、頭がいたくなったり、
だるくなるとか、体調が悪くなったりする人もいるんですって。
あと、思考の、現実化のスピードがどんどん早まるとか。
確かに、ここ2〜3日、なんか妙に眠たかった気が。ただ、疲れがたまってるだけかなぁ?

あとね、それと、関係あるかどうかわかんないけど、ここ何日かで、立て続けに、
お店の電化製品が、故障しちゃったの。
FAX,プリンター、レジ、洗濯機、携帯電話。
携帯電話は、私のではなく、hideshiさんのやつ。私のは、まだ無事。
新しい携帯とかみると(ワンセグとか)、私も買い替えたくなるけど、
この前電池パックを変えたばかりだし、もうちょっと我慢します・・。

なので、毎日のように、電機屋さんに、修理依頼&買替えしてました。
ないと、仕事に差し支えるからね〜。
プリンターは、とりあえず、家で使ってるものを、代用したんだけど、
FAX,携帯は、買い替えるはめになりました。
(洗濯機と、レジは、地球の応援団シール貼ったら、復活!したので、今のところは無事)

それから、しばらく音沙汰がなかった人から、これも立てつづけに連絡がきたり、
静かだけど、いろーんなことが、起こり始めてる気がします。

また、9月は、BSCアカデミーとか、北海道イベントとかあるしね。
これから、なんか大きな変化があるような予感がします。
しっかり、地に足をつけとかなきゃね。

ということで、(どういうことでしょう)、明日、明後日は、BSCアカデミーがあるので、
名古屋まで、行ってきます。

たぶん、すごいエネルギーが流れると思うので、スケジュール的には、ハードみたいですけど、楽しみです。
私は、育毛コースを受講するんですけど、ドレスでも、10月ぐらいから、本格的に、育毛や、頭皮洗浄のメニュー化をしていきますので、楽しみにしていてくださいね。

11日(火)は、鹿児島でも、アーバンポートホテルで19:15から、ビーワンのB講習もあるので、こちらも、興味あるかた、ぜひ、来てくださいね。一般の方、大歓迎ですよ。もちろん無料です。
このエネルギーの流れにのっかっちゃってください。


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックよろしくお願いいたします。
感謝してます。

         ↓

人気blogランキングへ



Posted at 2007年09月09日 15時15分20秒  /  コメント( 0 )

醤油の材料に頭髪?



2007年6月30日、中国の食品監督部門が行なった一斉調査で、
180か所の食品加工工場に重大な違法行為があったとして、工場閉鎖命令が出された、
と海外メディアが報道した。

これらの工場では、中国では使用が禁止されている添加物や化学薬品を使用しており、
菓子や粉ミルク、海産物、調味料などから有害物質が検出されている。

とてもにわかには信じられないことだが、香港の食品分析機関によると、
ある工場では大豆の代わりに人間の頭髪を使って醤油を生産していたという。
この頭髪醤油、味は大豆醤油と変わらないそうだが、人間の頭髪には鉛をはじめとする有害な重金属が含まれており、これを摂取することは人体に重大な危険を及ぼすと警告している。

このようにでたらめな食品加工工場が実際に多数存在することについて、
グリーンピース北京支部の関係者は食品監督部門と業者との癒着が原因だと語り、
役人の腐敗を正さなければ食の安全は守れないと指摘している。(翻訳・編集/本郷智子)

なんだそうです。

この前も、食品工場などの油を含んだ下水を再加工して作った「下水溝油」を利用した
偽即席ラーメンがほんものそっくりのパッケージで、格安に出回っていて、それを食べた学生二人が中毒死したってニュースや、有害物質が混入した中国製の歯磨きが、日本でも売られていたってニュースがでてましたね。

それから、「病死した家畜の肉を使用した加工食品」、
豆製品にオキシドールを使用、水産化ナトリウムや塩酸を使い鶏肉などを加工していた事例、
悪質なケースでは「工業用の漂白剤と染料使用し発酵過程を経ていない醤油」
「鍋に使うみその中にパラフィンを混入」「防腐剤などの原料として使われる材料を入れた肉団子などの加工食品」「染色のため工業用材料が使われた茶葉」

などなど、あげれば、きりがないみたいです・・・。

安全よりも、経済を優先してしまうと、こうなってしまうんでしょうか。
それにしても、あんまりです。
それらが、どんなルートで、日本に入ってくるかもわからないし、
今、市場に出回っているもので、絶対に安心だって、保証は、どこにもない気がします。

あとは、自分や、家族の安全は、自分で守るしかないですね。
ますます、カルシストX、手放せなくなります。


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックよろしくお願いいたします。
感謝してます。

         ↓

人気blogランキングへ



Posted at 2007年07月04日 23時34分22秒  /  コメント( 0 )

ちびさん本


在庫切れしていて、しばらくお店になかったちびさん本ですが、
やっと、入荷しましたよ。
お問い合わせいただいてた方、お待たせしました〜。



ちびさん本とは、

ちびさん本は、路上詩人のてんつくマンのNGO MEKE THE HEAVENからでた本です。

この本は、☆誰でもちびっ子サンタクロースになれちゃう
       ☆年中無休       ☆孤独感を減らして、元気と感動を増す本
       ☆書店では販売していません

またHappyルールがあります。
         ===100%プレゼントのための本===
         ===絶対に自分の名前を名乗ってはダメ===
         ===こっそりと届ける===
         ===届いた人が喜んでいる姿をみてにんまりとたのしむ===

こんな人へ届けよう!!
     ♪学校でいじめられている友達の机の中へこっそり。。。
     ♪愛する人へわざわざ郵便で送る
     ♪頑張っている部下の机の中にこっそり
     ♪おつかれモードの同僚や上司の机やカバンのなかにこっそり
     ♪入院が長くてお見舞いが減っている人がトイレへ行っている間に布団の中にこっそり
     ♪大好きなタレントさんやスポーツ選手にこっそり
                                    などなど・・・




詳しくは てんつくマンhp http://tentsuku.com/ を見てね☆

1冊 1,000円 です。

ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックよろしくお願いいたします。
感謝してます。

         ↓

人気blogランキングへ



Posted at 2007年04月24日 10時48分00秒  /  コメント( 0 )

☆書下ろし☆


今、鹿児島山形屋で、てんつくさんの個展が
開かれてるんで、昨日の夕方、ちょこっと行ってきましたよ。
んで、書き下ろし、してもらいました。
書いてもらったのは、今度で2回目。
前回の言葉とは、ちょっと違った感じで、
なんかね。うん。元気もらいました。

これは、書いてもらった書き下ろしです。



京子は十分がんばっているから
あとは必要なのは
ほめること
京子が京子をほめること




ワハハハハハ
ワハハハハハハ
声に出して秀司が
ワハハハハハハ
そんなことなんだ
そんなことだった




忘れないで
恵と
同じ思いの仲間が

この星にいっぱい
舞い降りている
さあ今こそ
天使の出番



ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックよろしくお願いいたします。
感謝してます。

         ↓

人気blogランキングへ



Posted at 2007年03月24日 11時15分11秒  /  コメント( 0 )

父は空  母は大地



150年前、土地を追われることになったアメリカ先住民・シアトル首長が、
ときの大統領に伝えてほしいと語った言葉です。

      シアトル首長の手紙より

「ワシントンの大首長へ  そして 未来に生きる すべての兄弟たちへ」


寮 美千子 編・訳 篠崎正喜 画 パロル舎


はるかな空は 涙をぬぐい
今日は美しく 晴れた
明日は 雲が大地を覆うだろう
けれど 私の言葉は 星のように変わらない

ワシントンの大首長が
土地を買いたいと言ってきた

どうしたら 
空が買えるというのだろう?
そして 大地を
私には わからない 
風のにおいや 水のきらめきを
あなたはいったい
どうやって買おうというのだろう?

すべて この地上にあるものは
私にとって 神聖なもの
松の葉の 一本一本
岸辺の砂の 一粒一粒
深い森を満たす霧や
草原になびく 草の葉
葉陰で羽音をたてる
虫の一匹一匹にいたるまで
すべては
わたしたちの遠い記憶の中で
神聖に輝くもの

私の体の中に 血がめぐるように
木々のなかを 樹液が流れている
私は この大地の一部で
大地は 私自身なのだ

香りたつ花は わたしたちの姉妹
熊や 鹿や 大鷲は
わたしたちの兄弟
岩山のけわしさも
草原のみずみずしさも
子馬の体のぬくもりも
すべて 同じひとつの家族のもの

川を流れるまぶしい水は
ただの水ではない
それは 祖父の
そのまた祖父達の血

小川のせせらぎは 祖母の
そのまた祖母たちの声
湖の水面にゆれる ほのかな影は
わたしたちの 遠い思いでを語る

川はわたしたちの兄弟
渇きをいやし カヌーを運び
子供達に
惜しげもなく食べ物を与える

だから 白い人よ
どうか あなたの兄弟にするように
川に やさしくしてほしい

空気はずばらしいもの
それは すべての 生き物の命を支え 
その命に 魂を吹き込む
生まれたばかりの私に
初めての息を
与えてくれた風は
死んでゆく私の
最後の吐息を うけいれる風

(中略)

私には あなたがたの望むものが
わからない
バッファローが
殺し尽くされてしまったら 野生の馬が
すべて 飼いならされてしまったら
いったい どうなってしまうのだろう?
聖なる森の奥深くまで
人間の匂いがたちこめたとき
いったい 何がおこるのだろう?

獣たちが いなかったら
人間は いったい何なのだろう?
獣たちが すべて消えてしまったら
深い 魂のさみしさから
人間も死んでしまうだろう

大地は わたしたちに属しているのではない
わたしたちが 大地に属しているのだ

たおやかな丘の眺めが
電線で汚される時 藪はどうなるだろう?
もう ない
鷲は どこにいるだろう?
もう いない
足の速い子馬と
狩に別れを告げるのは
どんなにか つらいことだろう
それは 命の歓びに満ちた 暮らしの終わり
そして ただ 生き延びるためだけの
闘いがはじまる

最後の赤き勇者が
荒野とともに消え去り
その記憶をとどめるものが
平原のうえを流れる
雲の陰だけになったとき
岸辺は 残っているだろうか
森は 繁っているだろうか
わたしたちの魂の ひとかけらでも
まだ この土地に残っているだろうか

ひとつだけ 確かな事は
どんな人間も 赤い人も 白い人も
わけることはできない ということ
わたしたちは 結局
おなじひとつの兄弟なのだ

わたしが 大地の一部であるように
あなたも また 大地の一部なのだ
大地が わたしたちにとって
かけがえがないように
あなたがたにとっても
かけがえのないものなのだ

だから白い人よ
わたしたちが 子供達に 伝えてきたように
あなたの子どもたちにも
伝えて欲しい
大地は わたしたちの母
大地にふりかかることは すべて
わたしたち 大地の息子と娘達にも
ふりかかるものだと

あらゆるものが つながっている
わたしたちが
この命の織り物を織ったのではない
わたしたちは そのなかの
一本の糸にすぎないのだ

生まれたばかりの赤ん坊が
母親の胸の鼓動を したうように
わたしたちは この大地をしたっている
もし わたしたちが どうしても
ここを立ち去らなければならないのだとしたら
どうか 白い人よ
わたしたちが 大切にしたように
この大地を 大切にしてほしい
美しい大地の思い出を
受け取った時のままの姿で
心に 刻み付けておいてほしい
そして あなたの子供の
そのまた こどもたちのために
この大地を守りつづけ
わたしたちが愛したように
愛して欲しい いつまでも

どうか いつまでも

ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックよろしくお願いいたします。
感謝してます。

         ↓

人気blogランキングへ



Posted at 2007年03月20日 14時50分16秒  /  コメント( 0 )

小林正観さん5時間講演




この前の月曜日は、小林正観さん5時間講演にいってきました。
生の正観さんは、2回目、5時間講演は、はじめてでした。
あ〜っという間の5時間でした。楽しかったです。
相変わらずだじゃれのオンパレードでしたけど。
5時間講演の場合、録音は、不可というきまりがあるみたいで
正観さんもおもいっきりしゃべれるらしく、大きな声では?
いえないような話や、実名なんかも出てきて、とてもおもしろかったです。
正観さん、2007年と、2008年は、すでに、700日全部、講演会が詰まってるそうです。
すごいですよね。

全体的に今回は、あの世の一歩手前の世界(3.5次元)の話が多かったかな。
よく、臨死体験をした人の話の中で、お花畑の話とかがありますよね。
そのお花畑が、自分の好きな花ばかりだったら、もう死んじゃってるそうです。
でも、自分のあまり好きではない花も、混じってるような時は、まだ帰れるそうです。
でも帰るには、帰るための強烈な動機がいるそうですけどね。

そして、その先に、大きな河があって、向こう岸(彼岸)があるそうなんですけど、
どんなに、大きな河でも、一歩で、(後ろ足を離したら)ひょいっと渡れるそうです。
でも、向こう岸にいって、戻ってきた人はいないそうです。
んで、向こう岸には、人によって違うけど、6人から15人ぐらいお迎えが来ていて、
そのお迎えに来ている人は、生前、その人をただただ無条件にかわいがってくれたような
人たちなんだそうです。
思い当たる方いるんじゃないでしょうか。

でも、正観さんといったら、やっぱり「ありがとう」ですよね。
この「ありがとう」のパワーにまつわるいろんなお話ききました。
たとえば、「ありがとう」で、雑霊が、1こ消えるそうです。

実際、いつも、金縛りで苦しんでた人が、正観さんのこの話をきいて、
実際やってみたら、本当に、霊が、光になって消えていったのを見た体験をした人がいるそうです。
「ありがとう」で、昇華しちゃったんでしょうね。
この世に生まれてきたのは、よろこんでもらうため。
なので、一度も、「ありがとう」といわれたことのない霊は、帰れないでいるそうです。

今回、5時間講演だったので、他にも内容も盛りだくさんで、とてもここには、
書ききれないですけど、面白かったお話は、機会があれば、ちょっとづつ書いて
いこうかなぁって思ってます。(でも、半分は、ダジャレだったような気が・・・)

最後に、本に、サインしてもらったんですが、
そのときに、正観さんから、「あなた、いっぱい笑ってくれてましたね。
笑ってくれてありがとう」って、言われたんで、とってもうれしかったです。


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックよろしくお願いいたします。
感謝してます。

         ↓

人気blogランキングへ



Posted at 2007年03月07日 19時26分38秒  /  コメント( 0 )

足跡


素敵なお話を見つけました。


l『足跡』−作者不明―

ある夜、私は夢を見た。

私は、神様とともに砂浜を歩いていた。

振り返ると、砂浜には二人分の足跡が残っていた。

一つは私のもので、一つは神様のものだった。

これは、これまでの人生の足跡であった。

足跡を見ていると、私の人生の様々な場面が、走馬灯のように思い出された。

よく見ると、これまでの人生の中で、足跡が一人分しかないときが、

何度もあることに気づいた。

それは、私が辛く悲しい思いをしていた時期ばかりだった。

ああ、あの時は、信頼していた友だちに裏切られた時だ。

ああ、あの時は、失恋をして落胆していた時だ。

ああ、あの時は、事業で失敗した時だ。

私は神様に尋ねた。

「神様、あなたはずっと一緒にいてくれるものと思っていまいた。
しかし、私が辛かった時期には、一人分の足跡しか残っていません。
 あなたを最も必要としていた時に、どうして私をお見捨てになられたのですか?」

すると、神様は答えておっしゃった。

「愛おしいわが子よ。
 私は、愛するお前を決して見捨てたはしない。
 お前をひとりぼっちにしない。
 一人分しかない足跡は、お前の足跡ではないよ。
 その足跡は、私の足跡だよ。
 悲しみに打ちひしがれるお前を背負って歩いた 
 私の足跡なのだよ…」

http://www.tentsuku.com/
ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックよろしくお願いいたします。
感謝してます。

         ↓

人気blogランキングへ



Posted at 2007年03月04日 20時26分22秒  /  コメント( 0 )

江原啓之さんスピリチュアル講演会


一昨日は、江原啓之さんのスピリチュアル講演会にいってきました。  

生の江原さん見てきました〜。

鹿児島での講演は、初めてだったそうです。

やっぱ、いろいろテレビに出てるだけあって、トークはとっても

楽しかったです。オーラの泉も今度から土曜日の8時からのゴールデンにうつるみたいですね。

最近は、JPOPデビューもして、いろんな番組に出てるし、

(この前は、堂本兄弟に出てたな)息子さんに、お父さんは、どこに向かっていこうとしてる

の?って聞かれちゃったそうです。


で、この講演会のテーマは「幸せになるために」。

どうして、この世の中は、苦しみがあるのか。

本当の幸せとは・・・

「何も恐れるものがないこと(状態)」だそうです。

この、恐れとは、失うことの恐れだそうです。

そして、それは、すべて、物質的なこと。

健康も、肉体も、お金も、地位も、名誉も、愛する人も・・・。

それに執着すればするほど、苦しみも大きくなってしまう。

それを、手放したときに、失うことの恐れがなくなり本当の自由になって、

そうすると、また、新たなものが入ってくるそうです。

ん〜。出せば入る、まさしく中心原理ですねぇ。


あの世と、この世の違いは、非物質界と、物質界ってこと。

この世は旅のようなもので、いろんな「経験」と「感動」をするために、

生まれる前に自分で、カリキュラムを組んでくるんですって。

どこの国で、どんな親で、体はこんなで、そして、こんなことがあって、

あんなことが起きて・・・etc.

で、生まれちゃったらその記憶はすっかりなくなるんですね。

あらかじめ、わかってたら、感動も、半減しちゃいますもんね。


宿命は、生まれる前に、自分で決めてくるんで、変えられないんだけど、

運命は、いかようにも変えられるそうです。

宿命は、素材。運命は、料理。だそうです。

この素材を、いかにいかして、最高の料理にするかが人生。

だから、いちばん不幸なのは、人と比べること。

大根は、大根でしかないんだから、・・・。

ジャガイモにはなれないの。

(しかも、自分で決めてきたんだし)

なので、大根は、大根なりに、どんなものにも負けない、

最高の大根の料理をつくるればいいってこと。


なんですって。

江原さんの講演だから、霊の話とかばんばんでてくるのかなって思ってたんですけど、

(もちろん、守護霊さんの話とかもありましたけど)、そんなこともなくて、

うん、とってもよかったです。


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックよろしくお願いいたします。
感謝してます。

         ↓

人気blogランキングへ



Posted at 2007年03月02日 10時53分56秒  /  コメント( 2 )

冷え性20〜30代の8割が自覚


こんな記事見つけました。

冷え性:20〜30代の8割が自覚 「ライオン」が働く女性対象にネット調査
 20〜30代女性の約8割が冷え性と自覚し、約6割が冬の寝付きの悪さを感じている−−。
ライオンが行った調査で、若い女性が冷え性に悩む姿が浮かび上がった。
それぞれ、湯船につかるなどの工夫をしているが、冷え性を解消できるまでには至っていないようだ。
調査は昨年12月、20〜30代の仕事をしている女性200人に、インターネットを通じて行った。

 「自分を冷え性だと思いますか」の問いに対して79%(158人)が「思う」と回答。
「冷え」を感じる季節(複数回答)は冬(99%)が最も多かった。
「冬の冷えで困る時」(同)については、「布団に入って寝付くまで」(61%)がトップで、
「帰宅時」(39%)「夜、入浴前まで」(38%)の順だった。

 「冷え性だと思う」と回答した女性の83%が「冬は湯船につかる」と答えた。
だが、約6割の女性が「寝付きの悪さ」を訴え、約4割が「夜中の目覚め、
グッスリ感のなさ」を週1回以上感じていた。

 入浴から寝るまでの時間は、1年を通じてほぼ変わっておらず、
同社は「冬は入浴後早めに寝ないと手足が冷えるので、
せっかく入浴しても効果が出ていないのではないか」と話していた。【柴田真理子】

毎日新聞 2007年2月14日 東京朝刊

なんですって。 

冷え性の方、ほんとに多いですよね。あと、平熱が36℃ない、低体温の方も・・・。
うちでも、新規でこられる方に、聞いてみると、8割以上の方が冷え性って、答えられます。

ビーワンサロンには、冷え性には、頼もしい味方がいっぱいありますよ。
まず、プレ処理で、頭皮にお水を入れることで、体がポカポカしてくる方もいらっしゃるし、
(足湯もありますよ♪)

おうちでは、お風呂に、エルフィン、または、コライユ入りのお風呂、ぜひおススメします。
体がスッゴクあったまります。また、デトックスもできて
さらに、体から、ミネラル補給バッチリです。
もちろん、ビーワンオールいりのお風呂もおすすめです。

それから、「カルシストX」。なんたって、有機ゲルマニウム入りなので、
これをのむと、体がポカポカしてくる方もいらっしゃいます。

「冷え」は、万病のもとと言われます。
ビーワンお役に立つと思いますよ。

ブログランキングに参加しています。
ここはひとつ、ポチっとクリックよろしくお願いいたします。
感謝してます。

         ↓

人気blogランキングへ



Posted at 2007年02月18日 11時56分48秒  /  コメント( 0 )

全力で伝えてください


こんな記事を見つけました。

子ども兵解放宣言を採択 国際会議「戦争の子を救え」
2007年02月08日01時19分
 アフリカやアジアなどの戦場で利用される子ども兵の問題を討議する
国際会議「戦争の子を救え」が5、6両日、パリで開かれた。
問題が深刻なスーダンやウガンダ、コンゴなどを含む58カ国政府が参加し、
子ども兵の解放をうたった共同宣言「パリ規約」を採択した。
 中略
 会議は、フランス政府や国連児童基金(ユニセフ)が呼びかけた。
戦争で徴集される子どもたちが世界で25万人いると推計、
集団によってはそのうちの4割が少女の場合もあるとしている。
01年以降9万5000人の元子ども兵が国連などの社会復帰プログラムを利用しているとの報告もあった。

参照
http://www.asahi.com/international/update/0208/002.html?ref=rss

この記事だけでは、正直、実態があんまり伝わってきませんよね。

あるところからこんなメッセージが回ってきました。
全力で伝えてくださいと。
以下のせます。


先月、2007年1月、
アフリカの国、ケニアで、
1人のウガンダ人の女性が死んだ。

彼女は、ママ・アリス、または、
アリス・ラクウェナ(Alice Lakwena)と呼ばれていた。

1980年代、
ウガンダ北部のアチョリ(Acholi)の人々は、
ウガンダの中央政権から虐げられていた。

そんな中、アリスは、アチョリの人々にこう言った。

「わたしは神から啓示をた。
 わたしの、この『聖なる香油』を用いれば、
 あなたがたは、
 敵の銃弾にも倒れることはない」と。

彼女の言葉を信じたアチョリの人々は、
棒切れと石ころで武装し、
ウガンダの政権に立ち向かった。

1988年、アリスが率いた反乱軍は、
ウガンダの首都カンパラから
130キロメートルまで来たところまで進軍した。

そして、ウガンダの政府軍の攻撃で壊滅した。

アリスは、ケニアに逃げ、
そこで、先日、死んだ。

だが、この話は、これだけでは終わらなかった。

アリスの"いとこ"と言われる
ジョセフ・コニー(Joseph Kony)が、
アリスの力と『聖なる香油』を受け継ぎ、
再び反政府軍を組織した。

彼らは、自らを
「神の抵抗軍(Lord's Resistance Army)」と名乗った。

それから20年以上…そして今も…
「神の抵抗軍」は、
ウガンダで内戦を続けている。

この「神の抵抗軍」を世界的に有名にしたのは、
「子ども兵士」たちだ。

ジョセフ・コニーと「神の抵抗軍」は、
ウガンダやスーダンで、子どもを誘拐し、
兵士に、労働力に、
自分たちの盾に、
そして、性的な奴隷としている。

その数は、1−3万人。

「神の抵抗軍」の
構成人数の90%とも言われている。

国際的な人権保護団体「Human Rights Watch」のレポート、
http://www.hrw.org/reports97/uganda/
THE SCARS OF DEATH
Children Abducted by the Lord's Resistance Army in Uganda の中で、
ある16歳の少女は、こう証言している。

「1人の男の子が、逃げようとしました。
 でも、捕まりました。

 兵士たちは、その子の口に、
 唐辛子を詰め込み、
 5人で、その子を殴りました。

 そして、兵士たちは、わたしたちに、
 棒で、その子を殺すように言いました。

 わたしは、できないと答えると、
 彼らは、わたしに銃口を向けました。

 その子が、わたしに言いました。

 『どうしてそんなことをするの』

 わたしは、他に選択はないのと答えました。

 わたしたちが、その子を殺すと、
 兵士たちは、わたしたちに、
 その子の血を塗り付けて言いました。

 『お前たちは、死を恐れることはないぞ。
  逃げ出そうとしなければな。』…

 …わたしは、今も、その子の夢を見ます。

 夢の中で、その子は、わたしに言います。

 『おまえは、何もしないぼくを殺した。』と。」


このレポートに限らず、
「神の抵抗軍」に誘拐された子どもたちは、
恐ろしいほど同じことを語る。

 兵士に、連れて行かれた…

 たくさん歩かされた…

 とても怖かった…

 足が腫れ上がった…

 他の子を殺すことを手伝わされた…

だけど、忘れてはいけないのは、
その「同じような出来事」は、
すべて、1人ひとり、
別々な子どもの人生で起きたことなんだ。

今ここで、この文章を読むのを
ちょっとだけやめて、

1人ひとりの子どもの顔を、
一つ一つ思い浮かべて、
その子の経験した出来事と
その子の悲しみを想像して欲しい。

10人、100人、1000人…
ここウガンダでは、1−3万人。

そして、今、世界には、
10−30万人もの子どもたちが、
大人ための戦争の道具として利用されている。

「神の抵抗軍」に連れ去られ、
「大人ための戦争の道具」とされた、
ウガンダの15歳の少女は、
国際人権保護団体アムネスティ・インターナショナルに
次のように語った。

「わたしは、みなさんに
 1つのメッセージを託したいのです。

 わたしたち、ここの子どもたちの身に、
 いったい何が起きているのかを、
 どうか、全力で、世界の人々に伝えてください。

 このような暴力を、
 他の子どもたちが
 避けることができるように。」


アムネスティ・インターナショナル・ジャパン
子どもキャンペーン
http://secure.amnesty.or.jp/campaign/child2000_01.html

ブログランキングに参加しています。
ここはひとつ、ポチっとクリックよろしくお願いいたします。
感謝してます。

         ↓

人気blogランキングへ



Posted at 2007年02月14日 11時57分33秒  /  コメント( 0 )

 1  2  3  4  5  6  7  8  | 次へ