『美と健康 そして 地球環境浄化』をテーマに、地球とみなさんの未来のため、私たちは頑張っています。 〒891−0113 鹿児島県鹿児島市東谷山2−6−3第2山口ビル2F TEL 099−260−3741  フリーダイヤル 0120−603741   FAX 099−267−5575 Email dress765@yahoo.co.jp
メインメニュー
2007-02-27 の記事

最近のニュースから・・・


最近のニュースから・・・

「気腫疽菌、人へ初感染 千葉で58歳男性が死亡」
2007年02月23日00時45分
 千葉県内で昨年2月、男性(58)が「気腫疽(きしゅそ)菌」と呼ばれる破傷風菌の仲間に感染し、死亡していたことが22日、国立感染症研究所(東京都新宿区)などの調べでわかった。
人への感染は世界で例がないという

「狂犬病ワクチン足りない! 予防接種中止の病院続出」
2006年12月31日14時06分

 36年ぶりに、国内で死者が出た狂犬病のワクチンが全国的に不足し、
予防接種を一時的に取りやめる病院が続出している。
フィリピンに滞在した2人が11〜12月、狂犬病にかかって亡くなり、
年末年始の海外旅行シーズンを前に接種する人が増えているためだ。

「WHOが人同士の感染で大規模演習へ 鳥インフルエンザ」
2007年02月04日18時14分
 世界保健機関(WHO)は4月初旬、鳥インフルエンザウイルスが変異し、
人同士で感染する新型インフルエンザが発生したと想定した初の演習を実施する。
世界的な大流行を防ぐためには感染の初期段階での封じ込めが不可欠であることから、
人への感染が集中している東南アジアを舞台に国際機関や関係国の連携を確認するのが狙い。

「毒性強い院内感染菌、国内で初確認 北米では死亡例」
2006年11月21日16時36分

 3年ほど前から北米の病院や高齢者施設で広がり、
重症の大腸炎や下痢などで死者を出している院内感染菌「クロストリジウム・ディフィシル」の変異株が、国内で初確認された。

「転落死の中2、タミフル服用か インフルエンザで 愛知」
2007年02月17日11時16分

 愛知県蒲郡市のマンションから転落死したとみられる中学2年生の女子生徒(14)が、
死亡した16日に市内の病院でインフルエンザと診断され、治療薬タミフルを服用したとみられることが、蒲郡署の調べで分かった。

そして、今日
「タミフル服用の中2男子、マンションから転落死 仙台」
2007年2月27日(火)12:00
 27日午前1時20分ごろ、仙台市宮城野区福田町1丁目のマンションに住む女性(41)から「息子が転落した」と110番通報があった。仙台東署員が駆けつけたところ、11階に住む中学2年(14)の男子生徒が地上の駐車場に倒れており、全身打撲で収容先の病院で死亡が確認された。男子生徒はインフルエンザ治療薬「タミフル」を服用していた。


化学薬品依存型の社会がもはや崩壊しようとしています。  

菌は、薬品の影響で、どんどん強力に変化しています。

 それに対して、人間の体は、薬品の蓄積により、どんどん免疫力が落ちています。

人類は、菌によって滅ぼされてしまうのでしょうか? 

環境汚染は、いろんな形で、私たちに返ってきています。

これ以上、汚さないようにするのはもちろんですが、

とにかく、私たちが、地球に流した化学物質を浄化することが急務です。

「ビーワン」「トリニティ」「カルシストX]は、そのために与えられた

高次元のエネルギーです。

地球の自然の浄化スピードがかたつむりぐらいだとしたら、

新幹線ぐらいのスピードで浄化していくといわれています。

ぜひ、たくさんの人に伝えて、広めていきたいと思います。


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックよろしくお願いいたします。
感謝してます。

         ↓

人気blogランキングへ



Posted at 2007年02月27日 12時35分46秒  /  コメント( 0 )