『美と健康 そして 地球環境浄化』をテーマに、地球とみなさんの未来のため、私たちは頑張っています。 〒891−0113 鹿児島県鹿児島市東谷山2−6−3第2山口ビル2F TEL 099−260−3741  フリーダイヤル 0120−603741   FAX 099−267−5575 Email dress765@yahoo.co.jp
メインメニュー

世界を見る目が変わる50の事実



おすすめ本です。
明るい話題から深刻な問題まで、50の切り口で今の世界とこれからの世界をわかりやすく
解説してあります。読み終える頃には、きっと、遠い国だと思っていた世界が、私たちとつながっているのがわかるかもしれません。

「みんなで考えよう世界を見る目が変わる50の事実」



ジェシカ・ウイリアムズ著 酒井泰介訳 朝倉めぐみ絵  草思社

目次
1 日本女性の平均寿命は85歳。ボツワナ人の平均寿命は34歳
2 肥満の人の3人に1人は発展途上国に住んでいる
3 先進国で最も妊娠率が高いのは、アメリカとイギリスの十代
4 中国では4400万人の女の子が生まれてこなかった
5 ブラジルには軍人よりも化粧品の訪問販売員のほうがたくさんいる
6 世界の死刑執行の81%はわずか3カ国に集中している。中国、イラン、アメリカである
7 イギリスのスーパーマーケットは政府よりもたくさんの個人情報をもっている
8 EUの牛は1日2.5ドルの助成金を受け取る。1年貯めると世界旅行ができる
9 同性愛は70カ国以上で違法、9カ国で死刑になる
10 世界の5人に1人は1日1ドル未満でくらしている
11 ロシアで夫や恋人に殺される女性は、毎年1万2000人以上
12 2006年、なんらかの形成外科手術を受けたアメリカ人は1620万人
13 地雷によって、毎時間1人は死傷している
14 インドでは4400万人の子どもが働かされている
15 先進国の国民は、1年間に7キロの食品添加物を食べている
16 タイガー・ウッズが帽子をかぶって得るスポンサー料は、1日あたり5万5000ドル。その帽子を作る工場労働者の年収38年分
17 アメリカで摂食障害を患っている女性は700万人、男性は100万人
18 イギリスの15歳の約半数はドラッグ体験がある
19 ワシントンDCで働くロビイストは6万7000人。連邦議員1人に対し125人
20 自動車は毎分、2人を殺している
21 1977年以降、北米の中絶病院では8万件近い暴力事件や騒乱がおきている
22 マクドナルドの黄色いMのマークがわかる人は88%、キリスト教の十字架はたった54%
23 ケニアでは家計の3分の1がわいろに使われる
24 世界の違法ドラッグの市場規模は4000億ドル。製薬市場とほぼ同じ
25 アメリカ人の3人に1人は、エイリアンがすでに地球に来ていると信じている
26 拷問は150カ国以上でおこなわれている
27 世界では7人に1人が日々飢えている
28 アメリカで生まれる黒人の男の子の3人に1人は刑務所に送られる
29 世界で3人に1人は戦時下にくらしている
30 2040年原油は枯れてしまうかもしれない
31 世界の喫煙者の82%は発展途上国の国民
32 世界の人口の70%以上は電話を使ったことがない
33 近年の武装紛争の4分の1は天然資源がらみ
34 アフリカのHIV陽性患者は約2500万人
35 毎年、10の言語が消滅している
36 武装紛争による死者よりも自殺者のほうが多い
37 アメリカで、銃をもって登校し退学になる生徒の数は、平均して週に88人
38 世界には「良心の囚人」が少なくとも30万人いる
39 毎年、200万人の女性が性器切除される
40 世界中の紛争地帯で戦う子ども兵は30万人
41 イギリスでは総選挙の投票者数よりも、テレビ番組でアイドル選びに投票した人のほうが多い
42 アメリカのポルノ産業の規模は年間100億ドル。海外援助額と同じである
43 2005年、アメリカの防衛費は約5181億ドル。「ならず者国家」7カ国の防衛費総計の36倍
44 世界にはいまも2700万人の奴隷がいる
45 アメリカ人が捨てるプラスチック・ボトルは1時間に250万本。並べると、3週間で月に達する
46 ロンドンの住民は、監視カメラで1日300回撮影される
47 毎年、西欧向けに人身売買される女性は12万人
48 イギリスで売られるニュージーランド産キウイは、その重量の5倍の温室効果ガスを排出している
49 アメリカは国連に10億ドル以上の未払い金がある
50 貧困家庭の子どもは、豊かな家庭の子どもにくらべて、3倍も精神病にかかりやすい


「50の事実には、衝撃的なもの、読みながら怒りがこみ上げるものもあるでしょう。
でどれかひとつでも、あなたが世界のことを考えるきっかけに、ささやかな行動に踏み出すきっかけになってくれたら、こんなにうれしいことはありません。たとえ小さな一歩でも、みんな力を合わせれば、大きな変化が起こせる。わたしは心からそう信じています。」
(著者より 日本語版へのメッセージ)


ブログランキングに参加しています。
ポチっとクリックよろしくお願いいたします。
感謝してます。

         ↓

人気blogランキングへ

Posted at 2007年06月14日 14時25分53秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*