『美と健康 そして 地球環境浄化』をテーマに、地球とみなさんの未来のため、私たちは頑張っています。 〒891−0113 鹿児島県鹿児島市東谷山2−6−3第2山口ビル2F TEL 099−260−3741  フリーダイヤル 0120−603741   FAX 099−267−5575 Email dress765@yahoo.co.jp
メインメニュー

あなたのCO2排出量は?


BSCのメーリングリストの中の記事からです。

スウェーデンで人気のCO2テストが日本語で登場したそうです。

日本が世界に約束した8.1トン/人/年のCO2(京都議定書での目標値)を達成するのに、
あなたはあとどれくらい減らす必要があるか知っていますか?
あなたのCO2排出量をさっそく調べてみましょう。
簡単な質問に答えていけば、自分が排出する
二酸化炭素の量とその内訳が示されますので、
わかりやすいですよ。
ぜひ、やってみてください。
  ↓  ↓  ↓
MYCO2テスト

「REACH」欧州で2007年スタート!

8年をかけ検討されてきた新しい化学物質規制制度(REACH)が
ようやくまとまり、2007年6月よりスタートすることになったそうです。
「REACH」はこれまでの化学物質管理の方法では、人の健康と環境を
十分に守ることができないとの認識から、既存制度の根本的な見直しを
経て策定された、予防原則を基盤とした現在世界で最も先進的といえる制度。
 
化学物質の製造者や輸入者に、現在日用品中で使用されている
約30,000物質の健康と安全に関するデータを提出することを求めるもの。
(コンピューター、携帯電話のプラスチック、繊維製品、塗料、家具、
 おもちゃ、クリーニング用品etc・・)
全てヘルシンキに新たに設立される化学物質庁に登録され、監視される
ことになります。

製品の安全性を立証する責任は製品の製造者に転換され、産業側は今後は
市場に出す前にその化学物質の安全性に関する情報を提供しなくては
ならなくなりました。

☆今後、会社は大量に製造又は輸入する(年間10トン以上)化学物質の
 安全性を証明する責任がある
☆残留性及び生物蓄積性がある化学物質に関し、もしより安全な代替品が
 あれば、代替するメカニズムがある
☆公衆は製品中に含まれる化学物質についての情報を要求することが
 許される

世界的な流れとなってきている化学物質規制の今後に注目です。


ブログランキングに参加しています。
ここはひとつ、ポチっとクリックよろしくお願いいたします。
感謝してます。

         ↓

人気blogランキングへ

Posted at 2006年12月20日 15時23分05秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*