『美と健康 そして 地球環境浄化』をテーマに、地球とみなさんの未来のため、私たちは頑張っています。 〒891−0113 鹿児島県鹿児島市東谷山2−6−3第2山口ビル2F TEL 099−260−3741  フリーダイヤル 0120−603741   FAX 099−267−5575 Email dress765@yahoo.co.jp
メインメニュー

クローン牛


こんな記事目にしました。

クローン牛の肉や牛乳 米政府、商品化容認へ

 【ワシントン=渡辺浩生】米政府が年内にも、
クローン技術で生まれた牛など家畜の肉やミルクを食用として
商品化することを承認する見通しとなった。
米食品医薬品局(FDA)が安全性に問題がないと判断したためだ。
しかし、消費者グループや乳製品業界からの反発は強く、
市場に流通するまでには曲折も予想される。

中略

 消費者団体などは、商品化する場合には
クローン家畜の肉やミルクであることをラベルなどで
表示すべきだとも主張。
その是非は今後の論議の的になるとみられるが、
通常のものと見分けがつかず、
「区別は事実上不可能」との指摘もある。

 一方、米紙ワシントン・ポストは専門家の証言として、
すでにクローン技術で生まれた家畜の精液が酪農家の間で売買され
飼育された家畜の食肉が売られていると報じている。

参照
http://www.sankei.co.jp/news/061019/kei000.htm

こ〜れは、私はいやですね。

ただでさえ、アメリカ牛不安なのに、クローン牛って。

どうですか?

安全性を、どうのこうのいう問題以前に、気持ち悪くありませんか?

知らない内に、いろんな形で日本にも流れてくるのでしょうか。・・・


気がつくと、かなり下がっちゃてました。
ここは、ひとつポチっと押しちゃってくださいな。
感謝してます。
   ↓
人気blogランキングへ

Posted at 2006年10月19日 13時23分04秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*