投稿テーマ : 宗教    該当件数 :   
現在のページ : 前へ | 次へ
地域でさらに絞り込む

→ 再地蔵盆   2008年08月24日 23時05分08秒
 
   朝から信楽へ行って、鍋の仕上げをし、午後からは地蔵盆の最終日ということで、あとかたづけと百万遍の準備。夜になって、三田さんのおばあさんが導師で百万遍がはじまりました。ひと周りを一万遍として百回まわします。南無阿弥陀部ナムアミダブと唱えながら大き...   [ kuri blog ]
 
dotline

→ 地蔵盆   2008年08月23日 22時53分32秒
 
  昨日から地蔵盆が始まっています。夭折した子供らが賽の河原で困っているのを、地蔵菩薩が優しく導いてくださる。そんなことからお地蔵さんと子供たちの結びつきができ、京都を中心にここ滋賀県日野町でもあちらこちらでお地蔵さん(実際本当の地蔵菩薩はごく稀でほ...   [ kuri blog ]
 
dotline

→ お盆   2008年08月13日 21時26分08秒
 
  今日はお盆のお話。お盆とかちょっと詳しい人は盂蘭盆とかいいますが、ウラ盆があるならオモテ盆があるんかいなと思っている人もあるかもしれませんね。ウラボンはウランバーナというサンスクリット語からきています。本当の意味は逆さづり状態のようなつらーい状態...   [ kuri blog ]
 
dotline

→ どぜう   2008年08月02日 23時27分41秒
 
  今日は近所の西ノ宮神社の夏祭りでした。氏子の代表の一人として、僕も式典に参加しました。この神社の神様は、天夷鳥命〈アマノヒナドリノミコト)といいまして天照大御神の孫に当たる方だそうです。カシコミカシコミと氏子の繁栄、安全を祈願されたあと、拝殿にて...   [ kuri blog ]
 
dotline

→ 主イエスに心開かれて   2007年05月27日 02時46分58秒
 
  主イエスに心開かれて ルカ24:44-49 「そこでイエスは、聖書を悟らせるために彼らの心を開いて・・・」(ルカ24:45)    この聖書の箇所は、復活された主イエスのことがどうしても信じられない弟子達に主イエスが心を尽くしておられることが記されております。...   [ 日本ホーリネス教団 柴又キリスト教会 ]
 
dotline

→ 主の道に歩む者の幸い   2007年05月27日 02時43分20秒
 
  主の道に歩む者の幸い 詩篇119:1-8 おのが道を全くして、主のおきてに歩む者はさいわいです。 主のもろもろのあかしを守り 心をつくして主を尋ね求め、 また悪を行わず、主の道に歩む者はさいわいです。 あなたはさとしを命じて、ねんごろに守らせられます。...   [ 日本ホーリネス教団 柴又キリスト教会 ]
 
dotline

→ 主イエスの受洗   2007年05月27日 02時40分58秒
 
  主イエスの受洗  マタイ3:15 「しかし、イエスは答えて言われた、『今は受けさせてもらいたい。このように、すべての正しいことを成就するのは、われわれにふさわしいことである』。そこでヨハネはイエスの言われるとおりにした」。(マタイ3:15)    今日...   [ 日本ホーリネス教団 柴又キリスト教会 ]
 
dotline

→ 人生最高の出会い   2007年05月27日 02時39分44秒
 
  人生最高の出会い マルコ5:25-34 イエスはその女に言われた、「娘よ、あなたの信仰があなたを救ったのです。安心して行きなさい。すっかりなおって、達者でいなさい」。(マルコ5:34)    私たちは夫々の人生で色々な方との出会いを経験していると思うのです。...   [ 日本ホーリネス教団 柴又キリスト教会 ]
 
dotline

→ この人もアブラハムの子   2007年05月27日 02時38分49秒
 
  この人もアブラハムの子 ルカ19:1-10 「きょう、救がこの家にきた。この人もアブラハムの子なのだから。人の子がきたのは、失われたものを尋ね出して救うためである」。(ルカ19:9-10)    この年(2006年)もあと1ヶ月ほどで終わりますが、本当に痛ましいことが...   [ 日本ホーリネス教団 柴又キリスト教会 ]
 
dotline

→ 神の偉大な御業   2007年05月27日 02時37分29秒
 
  神の偉大な御業 使徒2:1-13 「五旬節の日がきて、みんなの者が一緒に集まっていると、突然、激しい風が吹いてきたような音が天から起ってきて、一同がすわっていた家いっぱいに響きわたった。また、舌のようなものが、炎のように分れて現れ、ひとりびとりの上に...   [ 日本ホーリネス教団 柴又キリスト教会 ]
 
dotline
現在のページ : 前へ | 次へ