シエスタはリフレクソロジー、 フットトリートメント、女性のお客様限定ボディトリートメントで注目の腸セラピー、男性のお客様にも人気のヘッドセラピーなどの施術メニューに加え足がとても快適な手作りインソールも人気です。
メインメニュー
足が大切な理由

冷えの原因は脚のむくみです

寒さが日に日に増してきました
足元の温度は室内でも低くなりがちです
何故なら温かい空気は上昇するので足元の空気は低くなります
知らず知らずに足はとても冷えています
足が冷えると全身が冷えるのは何故でしょうか
人間は二本足で立って生活しています
すると、人間の体の構造上心臓から一番遠いのか足なので
末端の足元から心臓へ血液を戻すのが一番遠くなってしまいます
足が浮腫んでいると全身が冷えるのはそこに答えがあります
足が浮腫む=ふくらはぎの筋肉が硬くなっている
ふくらはぎの筋肉は末端の血液を心臓へ戻すポンプ役をしています
柔らかく温かい筋肉ならば、歩くたびにふくらはぎの筋肉がポンプになり
血液循環の良い環境を作ってくれます
筋肉が硬く冷えていると心臓へ戻すポンプ役が充分に果たせず
体は冷えてしまうのです
冷えは脚が太くなる大きな原因です
女性の皆様冷え解消はシエスタにお任せください!
施術後は脚が柔らかくなって全身ぽかぽかになりますよ
おすすめコース
★足ぽかぽかコース
ふくらはぎ~太もも裏、膝周り~スネ、リフレクソロジーで脚全体を解します
お帰りの際、脚が軽くなる実感を味わって頂けます
靴も緩くなるのが実感頂けます
脚の浮腫みが取れて気持ちも軽くなりゆっくりおやすみ頂けます

ご予約はホームページからメールで随時受付中です!

Posted at 2018年12月16日 19時06分20秒

タコ魚の目の改善

足にできるタコ魚の目は本当に憂鬱なものです
リムーバで綺麗にすると気分が良くスッキリしますが
また繰り返し同じところにできるものです
何故?せっかく綺麗にしたのに!
それは靴と歩き方を見直せば改善できます
まずは靴から。
タコ魚の目は外からの衝撃を繰り返し受けて
皮膚が硬くなりできます
地面から受ける衝撃を吸収するためには
靴底が薄い靴はNGです
極力厚みがある靴底を選んでください
足の指の関節、側面などにできるタコ魚の目は
足の形に合っていない靴、サイズの合わない靴が
原因です
靴は足を守る道具です
今あるタコ魚の目の保護にはインソールもオススメです
シエスタでお作りするインソールはとても質の高い材料を使用しています
人口筋肉と言われるソルポは程よい柔らかさが足に馴染み
痛かった靴が楽に履けるようになります
また、タコ魚の目は皮膚が硬くなりできるものなので
インソールのクッションで保護され皮膚の再生で徐々に
柔らかくなっていきます
靴の環境を整えてあげるのがまず第一に必要な事です
そして靴だけでは完全ではありません
繰り返しできるタコ魚の目は歩き方を改善すると
みるみる変わります
次回は歩き方についてお話しします

Posted at 2018年03月16日 10時43分32秒

足裏のタコ・魚の目

スベスベつるつるな素敵な足裏を目指すには?
【何故タコができるのでしょうか】
.汽ぅ困旅腓錣覆しい鰺いている
楽だからと大きめなサイズの靴を履いていると足が靴の中で動いてしまい生じる摩擦を繰り返す
靴底の薄い靴を履いている
地面からの衝撃を吸収する役目を果たせず足裏にダメージを与えてしまう
靴の影響からタコ魚の目は発生してしまいます
足に合わない靴を履いていると足裏ばかりではなく
親指、小指の側面や指の関節まわりにもタコはできます
例えば指が長いタイプなのに先の細い靴を履きつづければ窮屈に押し込められた指にダメージを与えてしまいます
足幅が広いタイプなのに無理して細い靴を履いていても同様です
そもそも足にとって靴とは歩く為の道具なのです
いかに足をダメージから守れるかが重要なので
【痛い】【疲れる】【タコ魚の目ができる】➡足が悲鳴をあげている状態です
そして足のトラブルは足だけに留まらず冷え、肩こり、腰痛などを引き起こしてしまうのです

Posted at 2018年03月15日 20時37分31秒

カロリー消費と歩きか

歩き方ひとつで色々嬉しい変化を感じます!
【歩く事=自然な事】なので意識しないで歩くとすぐに元の癖に戻ってしまいます
意識していかに脳に伝えるかが重要なのですが
こんな簡単な事で体型って変わるの?と思うほど
短期間で変化があらわれました
一番感じるのは腰幅が狭くなった事
細めのジャケットの前を余裕で締められた時は嬉しさに笑ってしまいました
そしてジムに通い続けてもなかなか落ちなかった背中がスッキリしてきました
ヨガをやれば今まで以上の体の可動域に驚くばかりです
歩き方で意識する点はいくつかありますが
最も体に効くのは足をローリングさせる動きです
踵からついてしっかり親指へ抜ける動作です
私が歩き方を意識して自分の癖を見つけました
親指へ抜ける時にしっかり抜けきっていなかったのです

親指周辺の筋肉は弓の弦のような働きをします
その働きを存分に使って歩く事が鍵だったのです

Posted at 2018年03月13日 18時48分08秒

のんびりお散歩と筋トレウォーキング

最近ウォーキングが人気になってきました
特にお年寄りは脚腰の筋肉が衰えない為にも
一生ご自分の足でしっかり歩けるように
ウォーキングは健康にとても良いです
のんびり変わりゆく季節を感じながらお散歩すると
心も軽くなり脳も活性化され心身ともにリフレッシュします
ウォーキングにはお散歩くらいのペースがあれば
筋トレ重視の大幅で早めに歩くダイナミックウォーキングもあります
お散歩ペースも筋トレペースもどちらも大切なのは
しっかり足の指を使って歩く事です
踵から着地して足裏をローリングさせて
親指で踏切り足裏を後ろの人に見せるくらいの気持ちでしっかり足首を動かす
この一連の動きが全身の血流を促しより健康促進に大きく影響します
せっかく歩いていてもトボトボ歩きはあまり効果を得られず逆に疲れてしまいます
力を抜いて少し先前方を見ながら胸を張りしっかり足の動きを意識して歩くと
体はみるみる変わります
【歩く事は自然にできること】
だからこそしっかり意識して歩く脳に伝え続ける事がとても大切です

Posted at 2018年03月11日 11時53分27秒

美脚作りは歩き方で決まります

暖かい季節が来ると脚を出す機会が増えて
女性にとってはお洒落なスカートで軽やかに歩きたいと誰もが願います
脚の形はO脚、X脚、真っ直ぐな脚と様々です
脚の形が悪いからスカートは履きたくない。とお洒落を諦めるのは勿体無い
歩き方次第で脚の形は変わります!
使う筋肉に偏りがあったり、ペタペタとすり足だったり、ふくらはぎの筋肉を使わずに歩くと
足首が太くなったり脚の外側に筋肉がついてしまったり、逆に内側に筋肉がついてしまったり
脚の変形につながります
私も昔はすごくX脚でした
歩き方が変と指摘されても自分では気づかず足首も太くて脚を出すのがコンプレックスでした
足の事を知るうちに歩き方がいかに大切かを知り歩き方をなおしました
そうすると股関節、骨盤矯正が自然とできてX脚が目立たなくなり
綺麗な筋肉がついて脚の形が変わりました
毎日歩くのですから、せっかくのチャンスを逃すのは勿体無い!
歩き方ひとつでボディラインは自分の理想に近づけます

Posted at 2018年03月10日 19時03分10秒

体の可動域が驚くほど。。。

ヨガのクラスに久しぶりに行きました
週一度定期的に参加していましたが
ここのところ機会を逃し1カ月半ぶりくらい空いてしまいました
きっと体が硬くなってるだろうなぁ〜と思いながら
始めてみたところ自分でも驚くほど体の可動域が広くなっていました
毎週ヨガをしていても変わらなかった体の可動域が
歩き方を矯正しただけでこんなに変わるとは嬉しい驚き!
肩周り、腰回りがねじりのポーズなど取るとものすごく動きます
歩き方だけで体が変わる実感が次から次から出てきます

Posted at 2018年03月09日 13時11分03秒

血管年齢と歩き方

歩くのは体に良いとよく言われます
年齢を重ねた方は病院の先生に[歩いてくださいね]と言われるケースが多いようです
もちろん脚腰の筋肉が落ちない為に必要な事です
人間は一生自分の足で歩くのですから年齢を重ねて
筋力が落ちて歩くのがしんどくなってしまわないように[歩行]をしっかり身につける事は
とても大切です
最近よく耳にする血管年齢。血管年齢とは弾力を目安に血管の状態を年齢で表したもので
血管の硬化は加齢に伴って起こりますがこれ以外にも食生活の偏りや運動不足が原因で血管内に
コレステロールが溜まり血流悪くなるケースもあります
食生活はとても大切ですが[運動]という面でみると
まさに歩行が最高の運動になります
日に何千歩と歩くのですから絶好の運動になります
心臓から太い動脈を通り送り出される血液は様々な細胞に栄養と酸素を送り届け
静脈を通り心臓へと戻ります
心臓から勢いよく送り出される[動脈]と違い[静脈]は細く戻り防止の弁までついています
心臓から一番遠い足からの血液を循環よくするには
ふくらはぎ(血液を戻すポンプ役)をフル活用してあげれば
末端の足から血液循環を促し、全身の血流促進につながります

それでもやみくもに歩いてもあまり良い効果はありません
指をしっかり使ってふくらはぎのポンプが役立つ事が大切になります
ペタペタ歩きはふくらはぎの筋肉をほぼ使っていないので
非常にもったいない歩き方てせっかくの運動のチャンスを無駄にしてしまうのです
美脚作りにも健康の為にも歩き方はとても大切です

Posted at 2018年03月07日 18時48分37秒

外反母趾になる原因

外反母趾は体の危険信号です
進まないように改善させなくてはいけません
いったい外反母趾はどうしてなるのでしょうか
ヒールのある靴=外反母趾と思われがちですが実際はヒールを履いていても
外反母趾にならない人もいます
逆にヒールとは無縁の男性や小学生でも外反母趾になるケースもあります
外反母趾になる人の共通点があります
それは足の指をしっかり使って歩いていない事です
人間の体はとても機能的にできています
特に全体重を支える足には多くの骨とそれともない筋肉も多くあります
中でも外反母趾に影響するのが骨間筋です

5本の指の間についている筋肉を骨間筋と呼びます
この筋肉をしっかり使って歩いていないと徐々に筋肉が緩み横アーチがなくなり
足幅が広くなってしまいます

足の筋肉はとても機能的で親指についている筋肉は弓の弦のような役割をしています
歩く時、しっかり親指で振り切って歩ければ弓の弦のしなりを利用して筋肉を充分に
使えるのですが
筋肉を使い切れずに歩いていると骨間筋が緩みそれに伴い
親指の筋肉が引っ張られて親指が変形する外反母趾を引き起こしてしまうのです
日に何千歩と歩くたび
全体重が足にかかるので毎日の繰り返しで足に負担が積み重なり
歩くと疲れる~歩くと痛い~外反母趾と危険な進行をしてしまいます

Posted at 2018年03月04日 18時58分50秒

正しい歩行は最高の骨盤矯正

歩き方で体は驚くほど変わります!
その中で最も感じるのは骨盤矯正ができちゃう嬉しい変化です
私自身の体験をお話しします
歩き方は長い間身についたものなので意識をしないとすぐ元に戻ってしまいます
しっかり意識をきらさないで片道早歩きで約20分を朝と夜の1日2回歩いてみました
足をしっかりガードしてくれるスニーカーを履き大股で早めの歩行です
すると続けていくうちに腰幅が狭くなった事に気付きました
いつものジーパンを履いた時ゆるっと感じたので
今までパンパンだったズボンを履いてみると余裕で履けたのです
X脚の脚も骨盤矯正が効いて踵同士をつけて立ってみると膝同士がぶつかり合うことなく
自然な姿勢が取れています
女性にとってはこんな嬉しい変化はありません
歩くのが楽しくて仕方なくなりました
今までヨガを長年続けていてもこれだけの変化を感じられずにいましたが
歩き方を変えるだけの本当にシンプルなことが効き目抜群だったのです!

Posted at 2018年03月03日 17時56分08秒

 1  2  3  | 次へ